スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止

2016年05月30日
有岡城を中心に戦国を少し回って、今日は少し小休止です。
私の勝手なひとりごとを書こうと思います。

ダメだ~、戦国時代そのものにははまらなかったけれど(興味は沸きましたよ!)、ドラマにハマってしまいました。
たぶん戦国時代ファンからしたらありえないドラマになるのかもしれませんが、入り口としては最高です。
新選組(幕末)ファンに、“竜馬におまかせ”が人気がなかったように、戦国ファンには不評だったのかな?
でも、私は新選組オタクですが、“竜馬におまかせ”は好きなドラマです。
特に、西村雅彦氏の清河八郎と北原雅樹氏の饅頭屋・近藤長次郎は最高でした。

今回の“信長協奏曲”もそれに似た感覚かな?と考えてみましたが、ちょっとちがうかな…。
話は歴史に忠実ではないかもしれませんが、ストーリーも楽しいし、俳優さんがみんな男前。
男前前提で、和服に弱いんです。
小栗旬さんの恰好良さにやられました。
小栗信長のような息子がいたら…、毎日眺めてるわ(笑)

かといって、お正月にアイドルとかが着物を着ていてもときめかないんです。
いかに、さりげなく、かっこよく着物をきているか。
着物に着られているのではなく、着物を着ているか…これが大事ですね。
後、殺陣とか乗馬とか、もちろんこれも必須です。

大河ドラマの真田丸は面白いとは思いますが、はまるってこともなく、淡々とみてしまいましす。
同じ戦国時代なのに…。
ちなみに私の印象に残っている大河ドラマは、“峠の群像”“毛利元就”“龍馬伝”です。

思いつくままに、私感を書きました。
さあ、また史跡めぐりに行こう!




《送料無料》信長協奏曲 DVD-BOX(DVD)
価格:19872円(税込、送料無料)














関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。