二十一人討死之碑

2016年05月29日
二十一人討死之碑(大阪府大阪市福島区玉川4丁目5-17)です。

大坂野田

天文2年、福島・野田を訪れた本願寺第十世証如上人は、近江の佐々木六角定頼の手勢に不意をつかれました。
野田・福島の門徒の百姓衆が鋤・鍬・鎌を持って敵兵に立ち向かい、証如上人を護るために命をかけて戦い紀州に逃しました。
しかし信徒21人が犠牲になりました。
後に、このことを知った証如上人は、お礼を御書にしたため、犠牲者の菩提を弔ったそうです。

証如上人
戦国時代の浄土真宗の僧。
諱は光教。院号は信受院。
本願寺第10世。本願寺第8世宗主・蓮如の曾孫。

永正13年11月20日、誕生。父は遍増院円如。母は慶寿院鎮永尼。

大永5年、父方の祖父である本願寺第9世宗主・実如の死去により、10歳で継承し、本願寺第10世宗主となりました。
実如の弟で証如の母方の祖父である蓮淳の後見を受ける。
大永7年、当時の本願寺教団と中央権力との親睦を深め安泰を図るため、摂家に接近して関白・九条尚経の猶子となっています。

享禄4年、本願寺教団内部で対立(後の山科本願寺の戦いまで含めて享禄・天文の乱と呼ぶ)が起こるが、証如はこれを抑えて法主の指導力強化に努めました。

天文元年には、管領・細川晴元の要請を受けて門徒を動員し、三好元長を敗死に追いやったが、晴元はこれによってかえって本願寺の実力を恐れ、京都の日蓮宗教団や六角定頼と手を結んで、当時の本願寺の本拠地であった山科本願寺を攻撃し、これを焼き討ちにしました(天文法華の乱)。
山科本願寺を追われた証如は、居所を大坂の石山御坊に移し、石山本願寺を新たな教団の本拠地としました。
その後は晴元の養女(左大臣三条公頼の三女・如春尼。長姉は晴元に、次姉は武田信玄に嫁ぐ)を長男・顕如と婚約させて晴元と和睦し、室町幕府とも親密な関係を築いて中央との関係修復に努め、本願寺の体制強化を進めました。

天文15年には金沢に尾山御坊を築いて同地方における門徒の統制を強化したが、これは朝倉氏との対立もあって、証如の時代には必ずしも十分に達成されなかった。
また、加賀一向一揆の調停という形で北陸地方の門徒集団への介入を深めました。

天文23年8月13日、39歳にて示寂。
本願寺は12歳の顕如が継承する。
Wikipediaより


駅に向かって歩いている時に偶然見つけました。
何だろう?と見ても、柵の中にあって、碑に刻まれた文字も読めなくその場所ではわかりませんでした。
ただ、案内看板に二十一人討死之碑 ○○mというのがあったので、おそらく二十一人討死之碑だろうとは思っていました。
じゃあ二十一人討死之碑とはどういう出来事なんだ?という事に…。
帰宅後調べてみると、戦国時代の出来事の碑でした。

私の印象では、戦国時代の寺院には僧兵がいて、戦うお坊さんというのが浮かびます。
根来寺や延暦寺とか。
石山本願寺もよく聞きますよね。

証如上人の少し後の石山本願寺と織田信長はずっと戦っていたんですよね?
戦国時代はあまりよくわかっていませんが。

柵に囲まれ、木が生い茂っているので、あまり目立たないのですが、柵に囲まれているという事は大事にされているという事ともいえるのかな?










関連記事
Comment

管理者のみに表示