スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹なつみ 「一の食卓」

2015年10月03日
富樫倫太郎氏の「土方歳三」の最後を読んでいる時に、本屋で偶然遇ったのが“一の食卓2”とうコミックでした。

最初に目にした時は「いちのしょくたく」と読んでしまいました。
一番美味しい、究極の食卓を探す漫画かと思いました。
でも表紙が剣士?(2巻だったので)
雰囲気からして幕末? 新選組?
あっ!「いち」ではなく「はじめ」と読んで、「はじめのしょくたく」?!
斎藤一や!
少し迷いましたが、1巻も2巻も手に入れました。

そうこれは漫画です。
明治時代です。
ありえない設定です。
でも漫画なので、「なんやそれ!」とうのはありません。
妄想女子には設定等には違和感なく読めるのではないでしょうか。

明治なので、新選組関係で出てくるといば、斎藤一や永倉新八、島田魁あたりです。
この漫画は上野戦争で死んだといわれる原田左之助が出てきます。
そして主人公はもちろん斎藤一です。

でも斎藤一って、どうして明るいキャラクターではないのでしょうね。
“るろうに剣心”の斎藤一なんて、ニコリともしないカミソリのようなキャラクターでしたが、今回も今のところは、何を考えているのかわからない、笑わない孤高の男ですし…。

近藤勇や土方歳三、沖田総司に至っては天真爛漫から冷たい心の持ち主まで色々なキャラクターの小説や漫画などがあるのに、斎藤一だけはいつも同じような気がします。
でも嫌いではないんですけれどね。
沖田総司と同じように謎めいているところがそそるのでしょうね。

まだまだ2巻で、西郷隆盛や岩倉具視、人斬り半次郎(桐野利秋)、黒幕であろう大久保利通などが出てきました。
これから斎藤一のキャラクターもどう変わるかわかりませんが、ちょっと期待しています。
直前に読んだ「土方歳三」より楽しめています。









関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。