スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高杉晋作生家騒動

2015年06月01日
2008年12月2日の私のブログにも、“高杉晋作生家跡”として書いています。

今日、週刊ポストの記事を見ました。

NHKも騙されていた。
視聴率もいまいちの花燃ゆに嘘までもがある。
高杉晋作の生家ではない。

というような見出しでした。

週刊ポストといえば、男性誌でいわゆるHな写真もあったりで、女性としては買い辛いのですが、そこはもうおばちゃんパワーで買いました(笑)

内容は、生家が建っていた場所には間違いはないけれど、建物は後に建てられたものである。
古材として生家の物は一部使われているようだが、高杉晋作が育った家そのものではない。
なので「生家跡」としての紹介は嘘になる。
(生まれ育った家として紹介している。)
「生誕の地」として紹介しているものもあるが、勘違いしている人が殆どである。

といったような内容でした。
確かに生まれ育った家そのものではないので、「生誕の地」とすれば間違いではないですね。
場所そのものが間違っているわけではないのですから。
日本語って難しいですね。

まあ、ショックはショックですが、場所が間違っていたわけでもないので、ショックは半減かな?
建物は後世の物ですと、ひと言書いておけばなんて事のない問題だとは思うのですが…。

まだじっくりと記事を読み込んでいないので、もしかしたらもっと大問題があるのかもしれませんが、そいういう記事が出ていたという事で記しておきます。








関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。