長州顔

2015年04月06日
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹が主人公ですが、幕末ファンとしては、やはり妹より吉田松陰やその塾生たちがきになります。
しかし、時間帯的にゆっくりとテレビの前に座っている事はなかなかできません。

チラ見しながら思う事は、「吉田松陰にしては男前すぎる」(笑)
肖像画からは男前に見えないのですが…。
イメージとしてはもっと、性格破綻者とういうか、訳のわからないような性格な人と思っていました。
あくまでもイメージです。

で、ふと思ったのが、「伊勢谷友介さんって、龍馬伝で高杉晋作だったのね。」って事です。
龍馬伝の高杉晋作もすごく良くて、高杉晋作なら伊勢谷さん!って思っていたくらいです。
でも、今回も男前過ぎるのを除けば、違和感なく吉田松陰なんです。

薩摩藩士役はどうも合わなさそう。
西郷隆盛のドッシリとして感じでもなさそう、かといって大久保利通って感じでもないですよね。
土佐藩士役は武市半平太とかはイメージに近いかもしれないけれど、ちょっと違うかな。

そう、伊勢谷友介さんは「長州顔だ!」と、勝手に思ってしまいました。
吉田松陰、高杉晋作は実証済みだし、桂小五郎とかもイメージに近いではないですか。
長州顔なんですよ。
スッキリとした感じというのかな。

ちなみに私は新選組が一番なのですが、禁門の変や池田屋事変が出てくるとしたら、新選組もチラッと登場するかなと期待しています。
そしてその俳優さんは誰?
って、松陰の妹が主人公なら出てこない?
いや、久坂玄瑞が夫ならその関係で出てくる可能性が大ですよね。







吉田松陰書簡集 岩波文庫 / 吉...

吉田松陰書簡集 岩波文庫 / 吉...
価格:778円(税込、送料別)



関連記事
Comment

管理者のみに表示