岡山城 剣豪奥村寅吉之碑

2015年01月28日
そういえば岡山城内を歩いていた時、剣豪奥村寅吉之碑なるものを見ました。

岡山城ー剣豪の碑

お手洗いの横に建っていて、お手洗いに行った人を待っていた時に見たのですが、正直にいうと何が書いてあるのかよめませんでした。
唯一読めて、意味がわかったのが“剣豪”とう言葉だけでした。
一緒にいた、甥・姪に聞いても「読めない」と言っていました。

でも“剣豪”ですよ、“剣豪”
沖田総司や斎藤一とか、あの人やあっちの人や、色々と思い出しました。
でも岡山で剣豪ってだれかな?
でも“剣豪”
写真を撮っておかないと後悔することになるかもしれません。

帰宅後さあ、調べようとしましたが、なかなか奥村寅吉に辿りつきませんでした。
そして奥村寅吉に辿りついたものの、奥村寅吉って誰?
幕末以前の人ではありませんでした。
私としては残念でした。


奥村寅吉
明治11年2月10日 - 昭和46年6月1日
日本の剣道家。
流派は直心影流剣術、奥村二刀流剣術。
称号は剣道範士。

奥村二刀流開祖奥村左近太の長男として生まれました。
父の幼名であった寅吉と名付けられます。
4歳から父より直心影流と奥村二刀流を学ぶ。
2年間は面打ちの稽古ばかりさせられたそうです。

明治33年、京都皇宮警察の警手に奉職。
京都皇宮警察の撃剣師範三橋鑑一郎(武蔵流)に師事し、後に武蔵流の免許皆伝を授かる。

明治36年、父より直心影流と奥村二刀流の免許皆伝を授けられ、皇宮警察の剣道師範と大日本武徳会本部の剣道教授を務めました。
大正6年5月27日、皇居吹上御苑での天覧武術大会に出場。
昭和3年2月、皇宮警察を退職し、岡山に帰郷。
大日本武徳会岡山支部並びに関西中学校の剣道教師を務めました。
昭和46年6月1日、死去。享年93。
Wikipediaより







関連記事
Comment

管理者のみに表示