新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

Entries

後楽園 六 御舟入跡

後楽園でみた御舟入跡です。

後楽園御舟入2  後楽園御舟入1

藩主が城から舟で渡ってきた時の舟着場の跡で、舟溜まりと園内側の土手に御成御門まで続く雁木(階段)がありました。
ここから出入りできたのは、藩主と藩主の特別な許しを得た者だけでした。
平成23年、24年の発掘調査で、江戸時代に描かれた絵図と同じ場所から雁木が見つかり、現在はその遺構を展示しています。
後楽園HPより

御舟入跡といわれても、今は水路とは繋がっていなくて今一つピンっと来ませんでした。
階段があってその前が池になっている、だから?な感じで見てしまいました。

お殿様がお城からここに来るのには、船のほうが便利だったのでしょうか?
徒歩ってお殿様は歩かないでしょうが、駕籠に乗ったり、馬に乗ったりだと警備も大変だったのでしょうか?
船の方が警備も楽な感じはしますね。

藩主の特別な許しを得た者というのは、どんな人だったのか気になります。
家族とか、お客様でも他藩の藩主クラスの人とか?
将軍は来ないでしょうし、まさか帝もきませんよね。
でも、偉い人だという事は想像できます。

発掘調査が平成23、24年という事は、これからまだまだ新発見があるかも知れないと思うと、歴史ってやっぱりワクワクします。







関連記事
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://miburou.blog103.fc2.com/tb.php/1292-620abd3d

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<03 | 2018/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム