スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後楽園 弐-茶畑

2014年12月30日
後楽園の中にある茶畑です。

1後楽園茶畑
茶葉はやや苦みの強い古種だそうです。
後楽園パンフレットより

築庭当時からこの位置にありました。
江戸時代には、ここで作った葉茶は、藩主がふだんに飲むお茶として使われました。
毎年五月の第三日曜日には、茶つみ祭を行っています。
後楽園HPより

目にした時は、何だろう?
と思いました。
山茶花とか花の木かと思っていましたが、お茶の木だったのです。
築庭当時からあるとは…。
もちろんお茶の木は当時のものではないでしょうが、茶畑のあるお庭というのは初めてでした。

苦い古種ということですが、いったいどんな味がするのか飲んでみたいです。
今の人には馴染みの薄い味なのかな?

売店に売っていたのかな?
あとから気付いたので売っていたとしても、買いそびれてしまいました。
残念。






関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。