スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽水族館

2013年11月17日
鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽三丁目3番6号)に行ってきました。

世界屈指の規模を誇る水族館です。
水族館自体も飼育種類数日本一をキャッチコピーとしています。
自然の環境を再現したゾーンが12あり、それらには約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されています。
通路は観覧順序を無くした自由通路となっており、通路全長は約1.5km。

絶滅の危機にある希少海洋生物の保護・育成にも力を入れており、スナメリの赤ちゃん誕生、日本初のラッコ2世の誕生、ジュゴン飼育の世界記録11,475日(31年5か月)も保持しています。
世界記録を更新していたオスのジュゴン・じゅんいちは2011年(平成23年)2月10日に推定33歳で亡くなった。

・パフォーマンススタジアム - 人気のアシカ達のショーを見せてくれる。

・海獣の王国 - 12m×13.5m×4.3m(水量約650t)のプールを本物そっくりの岩で覆い、鰭脚類が多く生息する、チリの海岸を再現している。トド、ゴマフアザラシ、ハイイロアザラシを展示。

・古代の海 - カブトガニやオウムガイ、オーストラリアハイギョやチョウザメ、アリゲーターガーといった古代魚、さらにシロワニなどのサメやエイなどいわゆる「生きている化石」を展示。シーラカンスの映像展示もある。

・コーラルリーフ・ダイビング - サンゴ礁を再現し、ナポレオンフィッシュなどの熱帯魚や、ウミガメ、サンゴを展示。

・伊勢志摩の海・日本の海 - スナメリやカニ・ウツボなど、日本近海や伊勢湾に生息する生き物を公開。

マナティ
・ジャングルワールド - アフリカマナティやピラルクー、デンキウナギ、ピラニア、カピバラ[など、アマゾン川流域などの熱帯雨林に住む生き物を展示している。


・森の水辺 - 熱帯雨林の湿地帯や池のほとり、川の岸辺に生息するワニガメやミズヘビなどの爬虫類、ベルツノガエルやヤドクガエルなどの両生類、カブトムシやクワガタムシなどの昆虫類を展示している。

ジュゴン
・人魚の海 - 日本で唯一ジュゴンを展示。アオウミガメも展示している。

パンダイルカ
・極地の海 - 厳しい極寒の世界に生きるラッコ、イロワケイルカ、バイカルアザラシ、クリオネを展示。

・日本の川 - 大きな滝を再現し、ヤマメなど日本の河川に生息する魚を展示。また、マングローブ帯の水槽など亜熱帯の水辺コーナーもありミシシッピワニやヤシガニなどを展示している。

セイウチ
・水の回廊 - モモイロペリカン、フンボルトペンギン、コツメカワウソ、セイウチ、アメリカビーバーを展示。

・特別展示室 - ミズクラゲ、アカクラゲなどのクラゲ類やウィーディーシードラゴン、チンアナゴなど珍しい生物を展示している。

・ザリガニコーナー - アメリカザリガニ、ヤビー、マロンロブスター、ニホンザリガニなど常時、数種類のザリガニを展示。

ダイオウグソクムシ1  ダイオウグソクムシ2
・へんな生きもの研究所 - 2013年7月13日オープン。ダイオウグソクムシ、カエルアンコウ、ウミサボテンなど、変わった生態や形態の生き物を展示。

羽水族館で2007年9月から飼育されているダイオウグソクムシの1個体 (No.1、愛称「1号たん」) は、2009年1月2日に餌を食べて以来、月1度の餌やりにも反応せず、2013年1月に絶食から5年目に達し話題となっている。
もともと飢餓に強いダイオウグソクムシであるが、ここまで長い期間絶食した例はない。
ニコニコ生放送では絶食状態のダイオウグソクムシの様子を長時間配信する企画を行い、思わぬ人気を博す。
それとは別個体であるNo.9、愛称「9号たん」が2013年6月に死亡した際は追悼放送が告知された。
Wikipediaより


30数年ぶりに鳥羽水族館に行きました。
小学校の修学旅行で鳥羽水族館に来て、ジュゴンはずっと記憶に残っていました。
あと2年早く来ていたら、30年ぶりにご対面ってなたのかもしれませんね。
でも、ジュゴンを人魚と間違える…って、あり得なさそうな気がするのですが、でもネッシーや雪男も正体をしるとあり得ない、よく知っている動物かもしれないですよね。
ネッシーは偽物と確定したのかな?
でも池田湖のイッシーがいますね。

鳥羽水族館のどこからでも自由に見られるのも良かったです。
海遊館は構造的に絶対的に順路が決まってますからね。
海遊館は海遊館であの大水槽は魅力的です。
小さな子を連れてだと、空いている所から見られて自由には楽でした。

今回の目的の一つは、ダイオウグソクムシでした。
テレビで何度か見ていたのですが、「うっわぁ~大きい!」という皆のコメントを聞いていて、自分の中である程度の想像をしていまいた。
さあ、ダイオウグソクムシだ!
「え~、小さいやん!?」
これが私の心の叫びでした。
ダンゴムシと比べると、巨大ですが、皆のコメントからもっと巨大な物を想像していました。
絶食中の個体をさがしても、重なり合っているのでよくわからずで、ちょっと拍子抜けでした。

セイウチのショーはベンチに座っていたのですが、前にドンドン人が立って、何も見えず終わってしまいました。
あ~あ。
でも最後は触らせ貰えるんですよ。
私は触れませんでしたが…。
閑散期(があるのか?)に行って、セイウチショーを見てみたいですね。
凄く賢いです。

最初の予習ではそれほど時間が持たないのでは?と思っていたのですが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
1日、十分楽しめます。

お土産はもちろん、ダイオウグソクムシグッズです。








マナティー S サイズ:L20cm(メール便NGです)

マナティー S サイズ:L20cm(メール便NGです)
価格:1,050円(税込、送料別)

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。