制札場跡

2013年09月08日
制札場跡(鳥取県岩美郡岩美町岩井)がありました。

御制札場跡 

高札とは、古代から明治時代初期にかけて行われた法令(一般法、基本法)を板面に記して往来などに掲示して民衆に周知させる方法です。
なお、特定の相手や事柄を対象として制定された法令(特別法)を記した同様の掲示を制札(せいさつ)と呼ぶが、その実際の運用上は厳密に区別されていたとは言い難かったようである。
Wikipediaより


明石屋さんの前、ゆかむり温泉の横にありました。
御湯神社の祠の前に、制札場跡の碑がありました。が、御湯神社は少し離れた場所にあるようなので、分祀されているのかもしれないですね。

宿泊後、鳥取砂丘に行く為のバスを待っている時に気付きました。
みなが集まるゆかむり温泉の所にあれば、多くの人が目を留めますものね。









関連記事
Comment

管理者のみに表示