宮本武蔵駅

2013年08月23日
史跡巡りではなく、夏休みの旅行で鳥取県に行ってきました。
大阪駅から智頭急行の“特急スーパーはくと”に乗って、鳥取へ。
その途中、智頭急行線内に、“宮本武蔵”という駅がありました。

大原駅
    大原駅の看板

ただし、特急は停まらない駅で、隣の大原駅で“みやもとむさし”の文字を写真に撮れただけですが…。

智頭急行
   特急スーパーはくと


宮本武蔵駅
岡山県美作市今岡にある、智頭急行智頭線の駅。
駅名は、付近に宮本武蔵の生誕地伝承があることから命名されました。

1994年12月3日、智頭線開業と同時に設置。
日本国有鉄道(国鉄)智頭線として計画された当初は駅設置の予定はありませんでした、
1987年の工事再開後に地元の強い要望により設置が決まりました。


智頭急行株式会社
兵庫県・岡山県・鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社です。
鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つです。
数多くの第三セクター鉄道が赤字である中、北越急行に次ぐ収益性があり、「第三セクター鉄道の二大優等生」と並び称されることもあります。
これは智頭線を経由して京阪神と鳥取県を結ぶ特急列車「スーパーはくと」の収益が非常に大きい。
岡山と鳥取県を結ぶ特急「スーパーいなば」も走っています。

智頭急行智頭線
智頭線の元となる上郡から鳥取に至る鉄道計画に大鳥圭介が関与。

大鳥圭介は、播磨国赤穂郡赤松村(現在の兵庫県赤穂郡上郡町岩木丙石戸)の医師・小林直輔の子として生まれる。
Wikipediaより


箱館戦争で土方歳三と関わった、大鳥圭介が関わっているってことは廻りまわって、爪の先ほどの幕末との関連性があると言ってもいいのかな?
なんて、強引に幕末と結びつけようとしています(笑)

何日かかるかわかりませんが、鳥取で(偶然)行けた史跡も乗せていきます。


智頭急行智頭線
<平福駅周辺>兵庫県佐用町平福宿
平福陣屋門
武蔵初決闘の場
平福本陣跡

<宮本武蔵駅周辺>岡山県美作市
宮本武蔵生家跡
讃甘(さのも)神社 宮本武蔵ゆかりの神社
武蔵神社
武蔵資料館
青年期宮本武蔵像
宮本武蔵の墓








【送料無料】五輪書 [ 宮本武蔵 ]

【送料無料】五輪書 [ 宮本武蔵 ]
価格:580円(税込、送料込)



関連記事
Comment

管理者のみに表示
Trackback
美作市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
赤穂郡上郡町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。