スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍たま乱太郎と尼崎展

2013年07月26日
兵庫県尼崎市で“忍たま乱太郎”展が行われています。

尼崎市総合文化センター
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
TEL 06 (6487) 0800 [総合受付]

2013年7月20日(土)~8月25日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
※火曜日休館(7/23・30、8/6・13・20)

尼崎市総合文化センター 美術ホール(5・4階)

一般 800円
大高生 600円
中学生以下無料。
団体・シニア・身体障害者割引あり。
ホームページ限定割引券もあるようです。


作者の尼子騒兵衛氏は尼崎市出身であることから、作品に登場するキャラクターにも尼崎の地名がたくさん用いられています。
本展では、原画を通して作品と尼崎との深い関わりを紐解くとともに、尼子氏秘蔵の忍者道具コレクションなどを特別に公開します。
また、併設展「尼崎 城と藩と城下町」では、江戸時代の尼崎の姿をさまざまな歴史資料によって振り返ります。廃城となって今年で140年となる尼崎城の秘密にも迫ります。
尼崎市総合文化センターHPより

ちょうど夏休みですので、関西に来られた折りに、ちょっと尼崎市にも立ち寄ってみてはいかがでしょう。
名前となった地名巡りをする人も多いそうです。
尼崎市バスなら、1日乗車券(500円)を車中販売しているので購入されて、1日巡ってみてもいいかもしれませんよ。

尼崎市といえば、ひと昔は公害の町のイメージだったと思います。
まだ国道沿線では裁判が続いていたりするのも現実ですが、随分と綺麗な町に変身しました。
緑も多いです。
主人公 乱太郎の名字“猪名寺”は左璞丘〔さぼくがおか〕の森が広がっていたりします。

是非、関西地方へ来られる方は一度立ち寄ってみて下さい。






【送料無料】尼崎Walker

【送料無料】尼崎Walker
価格:880円(税込、送料込)



【送料無料】LIFE IN DOWNTOWN [ 槇原敬之 ]

【送料無料】LIFE IN DOWNTOWN [ 槇原敬之 ]
価格:2,752円(税込、送料込)


↑尼崎の歌が入ってます。
関連記事
Comment

管理者のみに表示
Trackback
尼崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。