スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の血判発見!!

2013年07月25日
2013年7月25日の朝日新聞 朝刊に“25歳の坂本龍馬 熱き「血判」発見”“脱藩前 砲術家入門時の誓約書”という記事が出ていました。

坂本龍馬が25歳で土佐藩の西洋流砲術家・徳弘孝蔵に入門した際に血判を押した起請文と呼ばれる誓約書が見つかった。
高知県立坂本龍馬記念館(高知市)が24日、発表した。
龍馬の血判はほかに見つかっておらず、貴重な資料だという。

徳弘家は土佐藩の「御持筒役」を務めた家系。孝蔵は藩主の命令で、高島秋帆の流れをくむ西洋流砲術を学んだ。
誓約書の存在は知られていたが、長く所在不明になっていた。
記念館は25日から8月末まで誓約書を展示する。
誓約書には1842~63年に216人が署名したとみられ、龍馬のほか、後に土佐勤王党を率いる武市半平太や、半平太に師事した岡田以蔵、龍馬の兄の権平も名を連ねる。
箱入りの巻物で、幅約19cm、長さ約13.4m。
入門者が「学んだことを一切口外しない」などと誓っていた。
龍馬の署名は、安政6年9月20日の日付。
「坂本龍馬」と諱(実名)の「直陰」の署名があり、諱とその下にある書き判の間に血判が押されている。
江戸での剣術修行を終え土佐に帰国し、脱藩する前だった。
記念館によると、資料を破損するおそれがあり、血判の科学的な鑑定は難しいという。
だが、筆跡には同じころのほかの龍馬の署名と通じる特徴がみられ、京都国立博物館の専門家も「直筆にほぼ間違いない」と判断したという。
今月、所有者から記念館に連絡があった。
所有者との約束で、所有者の情報や再発見の経緯は明かせないという。
森健志郎館長は「龍馬を感じることができ、ファンにはたまらない資料だ」と話す。


龍馬の血判が発見されたそうです。
龍馬ってまだまだ新発見がありますね。

私は武市半平太や岡田以蔵の名前が出ている方に興味がそそられました。
また血判の血を鑑定できれば、龍馬が暗殺された時、そばにあった屏風や掛け軸に飛び散った血と同じかも鑑定できるのに…。

下種の勘ぐりでいえば、万が一直筆でなければ「あ゛~」って事になるから、理由をつけて鑑定しないのでは?なんて失礼な事を考えたり…。
所有者の事も、発見された経緯も明かせないなんて、どういうこと?!って思ってみたりします。
せめてどこの県の人とか、幕末の歴史に深い関係があるかないかとか、発見の経緯の大まかな事とかだけでも教えて欲しいです。

展示は来月末までなんですね。
どう考えても無理だぁ~。
どこかで龍馬展があればまたいつか展示されるかな?










関連記事
Comment

管理者のみに表示
Trackback
高知市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。