6月も終わります

2013年06月28日
6月ももうすぐ終わります。

NHK大河ドラマ「八重の桜」も半分終わりますが、幕末期がこんなに長くていいのだろうか…。
この前は“十六橋”とか“母成峠”とか、私が史跡巡り出来た場所が多く出てきて、私としては嬉しかったのですが、八重の一生を描くとなるとまだこんなに若くていいのでしょうかね。

新選組もチョロチョロと出てきますが、重要なのは新選組より“斎藤一”なんですよね。
これから斎藤一の出番はもっと増えるのでしょうか?
近藤さんは斬首された後だし、箱館に向かう土方さんは八重と縁が無くなるだろうし、残るは斎藤一!

といっても、我が家は午後6時からのBSで見るので、この時間は夕飯時で子供の食事でてんやわんや。
8時から見たとしても、その頃はお風呂に入れる時間で、どっちみち見られないのですけどね(涙)
凄く楽しみにしていた、“龍馬伝”は切迫早産で入院中で見られなかったし…。
当分、大河ドラマをゆっくり見られそうにはないですが、やはり“新選組”だとか“幕末維新”の言葉が聞こえてくると振り向いてしまいます。








関連記事
Comment

管理者のみに表示