スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦肉の策 忍たま乱太郎-塚口

2011年09月28日
塚口水堂塚口に行きましょう。
塚口を象徴するような場所……、ん~、何処かな……。
塚口町、塚口本町、南塚口町に東塚口町と塚口は広い!
塚口神社とか?

いっそのこと、駅にしよう!!
という事で、阪急電鉄の塚口駅JR西日本福知山線の塚口駅とにしました。

JR塚口  JR塚口2
    JR塚口駅と北側の踏切から駅をみる

阪急塚口2  阪急塚口1
     阪急塚口駅とその前のロータリー


立花地区の大字。
市域中央北部、尼崎から伊丹へと通ずる街道沿いに位置します。
付近には池田山古墳をはじめ塚口古墳群に属する古墳が点在しており、塚口という地名も池田山古墳もしくはこれら複数の古墳を背後にひかえていることに由来すると考えられます。
史料上の初見は「広島別院旧蔵蓮如上人遺文」(宝塚『尼崎市史』第4巻)で、文明15年の内容を記す個所に「つか口」とあります。
中世には応永16年、建立と伝えられる浄土真宗興正寺別院・塚口御坊を中心に、土居(土塁)と堀をめぐらせた寺内町を形成し、一向一揆の拠点の一つでした。

近世初期には幕府領、元和3年、尼崎藩領となりました。
富松井組と三平井組に属しました。
氏神は須佐男神社(近世には牛頭天王社)、寺院は浄土宗願生寺・浄土真宗興正寺派正玄寺。


【塚口城】
戦国時代の史料にみえる城。
塚口は、伊丹から神崎に至る伊丹街道(有馬道)の重要な通過地で中世では在郷町。
塚口御坊と称された浄土真宗興正寺別院の寺内町として栄えました。
天正6年、荒木村重と織田信長との合戦のとき、「塚口は伊丹より尼ヶ崎までの道筋ゆえ、荒木村重塚口を出城に構えられ候…」(興正寺塚口別院由緒/立花志稿)と、この寺内町に前線基地を築いた。
寺内町の周囲には土塁が巡り濠がありました。
土塁は高さ2間半、延長531間、堀幅は2~3間。
同年12月11日の荒木攻めでは信長の軍勢の一部は塚口郷に進駐し、伊丹城の出城をU字形に囲む戦法をとったことで知られます。
Web版尼崎地域史事典『apedia』より


塚口駅といっても、JRと阪急の駅は繋がっているわけでもなく、約1㎞も離れています。
ビックリでないですか?

阪急塚口駅前には、大きなスーパーにショッピングセンターがあり、バスのロータリーもあるのですが、JR塚口駅前には最近ようやくコンビニが1軒できました。
森永製菓や三菱の工場がド~ンと建っています。

JR塚口駅と言えば、福知山線の脱線事故現場直前の通過駅で当時はテレビに多く取り上げられていました。

塚口を堪能しようと思えばやはり阪急塚口の方が便利でしょうね。
そこから北に行けば塚口神社があります。
南に行けば、テニスが強い女子大学(クルム伊達公子選手はそこの高校出身)があります。
JR塚口周辺は工場が多いですが、阪急周辺は住宅街で、大きなお宅も多いです。







【送料無料】阪急電車

【送料無料】阪急電車
価格:560円(税込、送料別)

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。