龍馬脱藩マラソン大会

2011年08月23日
坂本龍馬が土佐藩を脱藩する際に通ったとされるルートを走る「第1回龍馬脱藩マラソン大会」が10月9日、高知県檮原町で開かれそうです。

峠道を含む高低差約550mの難コース。

大会は、住民や町などでつくる実行委が企画。
フルマラソンのほかハーフ、10㎞部門があり、いずれも同町役場前をスタート、ゴールだそうです。

コースは、脱藩の道を中心に、四万十川支流沿いを通る道路や山道などを設定。
フルマラソンでは、沢にかかる丸太橋を渡ったり、愛媛県境の韮ヶ峠(標高約960m)を折り返す際には1歩だけ同県側に越えて“脱藩”してもらったりする趣向で、土佐の国を後にする龍馬の気分も体感できる。


脱藩の道のマラソン-いいなぁ~。
でも、私にはぜ~~~っ対、無理!
持久力がないです。

小中学校のマラソン大会、いつもビリでした。

走るのは無理でも、歩いてはみたいのです。
なかなかそれも難しいですが、老後にでもチョビチョビと歩いてみたい。

折り返しで一歩だけ“脱藩”するなんて、ちょっと粋な計らいですよね。

参加された方、また乾燥・情報など教えて下さい。

新選組だと、江戸に敗走後の箱館までの道をマラソンかな?
歩くのももっと難しそうです。








関連記事
Comment

管理者のみに表示