江川家住宅(江川太郎左衛門)

2011年04月28日
重要文化財江川家住宅(静岡県田方郡韮山町韮山韮山1番地)です。


江川家2514  江川家1513
        表門

江川家3515
        西蔵
幕末頃の建築だそうです。
正面から見ると将棋の駒のような形をしていることから駒蔵とも呼ばれます。
“四方ころび”といわれる、四方の壁が内側に向かってわずかに傾いた技法で建てられています。

江川家4516
   パン祖の碑
江川英龍は天保13年頃、乾パンのような保存性の高いものを兵糧として焼かせました。
全国パン協会は英龍を“パン祖”として碑を建てました。


NHK大河ドラマ“篤姫”の生家である今和泉島津家屋敷の設定で、表門と主屋で撮影が行われたそうです。

江川太郎左衛門とは伊豆国田方郡韮山(静岡県伊豆の国市韮山町)を本拠とした江戸幕府の世襲代官です。
太郎左衛門とは江川家の代々の当主の通称です。

一般には江川太郎左衛門といえば【江川英龍】を指すことが多いです。
36代当主。
号は坦庵。英毅の子。
洋学の導入に貢献し、民政・海防の整備に実績を挙げました。

天正18年豊臣秀吉による小田原攻めの際には、江川家28代英長は寝返って徳川家康に従い、代官に任ぜられました。
以降江川家は、享保8年から宝暦8年の間を除き、明治維新まで相模・伊豆・駿河・甲斐・武蔵の天領5万4千石分(後26万石に膨れ上がる)の代官として、民政に当たりました。
Wikipediaなどより


江川太郎左衛門(英龍)は安政2年に亡くなっているので、ん~微妙に幕末とずれている?と思っていたら、

英龍は水野忠邦より正式な幕命として高島秋帆への弟子入りを認められる。以後は高島流砲術をさらに改良した西洋砲術の普及に努め、全国の藩士にこれを教育した。佐久間象山・大鳥圭介・橋本左内・桂小五郎(後の木戸孝允)などが彼の門下で学んでいる。

水野忠邦、鳥居耀蔵が失脚した後に老中となった阿部正弘にも評価され、正弘の命で台場を作成した。同様に反射炉も作り、銃砲製作も行った。現在も韮山に反射炉跡が残っている。また、造船技術の向上にも力を注いだ。さらに近代的装備による農兵軍の組織を企図したが、その途上の安政2年(1855年)1月16日に病死。享年55(満53歳没)。跡を継いだ長男英敏が文久3年(1863年)に農兵軍の編成に成功した。また、英敏の跡を継いだ英武(英龍の5男)は韮山県県令となった。

と、Wikipediaにありました。
佐久間象山、大鳥圭介、橋本左内、桂小五郎といえば、幕末の大物ではないですか!
大鳥圭介は新選組と係わりも深い!

歴史は繋がっているなと久しぶりに実感しました。

萩で反射炉をみましたが、韮山の反射炉の方が名前は知られているような感じでした。
全国にそう残っていない反射炉ですから、こちらも是非見たみたいです。

そんな江川家が篤姫のロケ地になっているのは、なにか感慨深いというか、俳優さんたちが羨ましいというのが正直な感想です。









関連記事
Comment

管理者のみに表示