スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大運寺-中島信行墓所

2011年02月28日
大運寺(神奈川県中郡大磯町大磯1004)には中島信行の墓があります。

大運寺1540  大運寺2541

JR東海道本線大磯駅から3分の所にあります。

中島信行
土佐藩士。
海援隊士。
通称は作太郎。
土佐国高岡郡新居村で藩士中島猪之助を父として生まれ、元治元年11月、中島与一郎、細木核太郎と脱藩をはかり、与一郎は国境で自害、信行と細木は周防三田尻へ亡命し、諸藩の尊攘派浪士たちに加わりました。
その後長崎へ至り、坂本龍馬の率いる海援隊に入って活動しました。

慶応3年瀬戸内海の備後鞆沖で、海援隊の伊呂波丸と紀州藩の明光丸が衝突する事件が起き、信行は長崎で紀州藩重役岩橋轍輔との交渉にあたり、償金七万両をとり決めました。

明治元年、新政府の徴士となり、外国官権判事・兵庫県判事・神奈川県令・元老院議官などを歴任、明治14年、自由党の設立にさいして副総裁となり、のちさらに衆議院議員・衆議院議員・貴族院議員、またイタリア駐在の特命全権公使などをつとめました。
幕末維新人名維新より

私が行った場所ではなく、新選組&幕末仲間が行っておしえてくれた場所です。
今後機会があれば行こうと思っています。

海援隊士で伊呂波丸事件の功労者となれば興味が出てきます。







関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。