スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各地の龍馬像

2010年12月21日
2010年12月20日に見つけた記事です。
龍馬像が各地に出現!

NHKの大河ドラマで「龍馬伝」が放送され、坂本竜馬ブームとなった今年、各地で竜馬像が建立された。
出身地の高知県には縁側に座る等身大の像。
足を踏み入れたことがない北海道にも高さ6mの銅像。
1928年にできた高知・桂浜の銅像が最も有名。
長崎県の離島、新上五島町では今年5月、青銅の像がお披露目された。
はかまを着て胸の前で両手を合わせ、祈りをささげる姿。目は沖合の海を見詰める。
坂本竜馬像、各地に次々 ドラマ放映でブーム (共同通信)より


本当に龍馬ブームは凄かったようですね。
福山雅治氏が龍馬役だったのが、拍車をかけたのでしょう。
福山氏ではなければまた違ったかもしれません。

福山龍馬が良かったのか悪かったのかは、福山ファン、龍馬ファンそれぞれの立場からすると色々とあるでしょうね。
でも、もともと人気の高かった龍馬人気をさらに高めたのは違いありません。
元々の龍馬ファンは悲喜こもごものことだとお察しします。

新選組ファンの私も、“新選組!”の時に両手をあげて万歳をする気分ではありませんでした。
関連史跡に観光客が溢れ、それに伴いいらない整備がされて、当時の雰囲気が消えてしまったり…。
龍馬の関連史跡もそんな事になっているのでしょう。
新選組ファンであり、幕末ファンの私としては、龍馬史跡のいらない変化が数少ない事を願います。








関連記事
Comment
No title
坂本龍馬の銅像、桂浜と長崎の物は見たことがありますが、今年、新たに作られたんですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。