新選組の行進-ニュース記事

2010年07月16日
2010年7月16日の京都新聞WEBニュースに載っていました。

新選組、宵山に行進 京の同好会

池田屋事件を記念した新選組パレードが16日、四条通で行われた。京都新選組同好会の「隊士」39人が「誠」の旗を先頭に練り歩いた。

京都放火計画を練っていた倒幕派を新選組が襲撃、鎮圧した池田屋事件は1864年、祇園祭宵山の日に起きた。同好会は新選組の再評価を求めて宵山に合わせパレードを行っている。35回目。

壬生寺(中京区)に集まった会員たちは、供養祭や居合奉納に続き、山鉾の立ち並ぶ四条通を八坂神社(東山区)目指し行進。水色の羽織を雨で重くぬらしながらも堂々と歩く姿が、沿道の観光客の注目を集めていた。

毎年行っているようです。
写真は掲載されていなかったのですが、“誠”の旗は書かれていますが、あの羽織はやはり着ているのでしょうね。
そうでないと、パレードにならない?

もしかして、近藤勇や土方歳三、沖田総司など役割があるのでしょうか?

こうしていると色々と気になる事が出てきます。
これはいつか偶然にもパレードに遭遇しないといけませんね。







新選組証言録 『史談会速記録』が語る真実 (PHP新書 308)
PHP研究所[山村竜也(著)/新書判/296頁]
819円

関連記事
Comment

管理者のみに表示