大久保利通墓-青山霊園Ⅲ

2008年05月22日
aoyamaboti3549.jpg
大久保利通の墓 (1イ-2-15~19)

大久保利通は薩摩藩士大久保次右衛門長男として生まれました。通称一蔵。
西郷隆盛とおなじ鹿児島城下の下加治屋町に生まれました。
文久2年、島津久光に随行して上京しました。
勅使大原重徳の江戸下向に久光と共に従い文久の幕政改革を進めました。
禁門の変では、西郷隆盛の上洛を斡旋し、会津と協力して長州軍を敗走させましたが、第一次征長軍解兵のあとは、西郷隆盛、小松帯刀と図って薩摩藩を討幕割拠の方向へ誘導しました。
慶応2年の薩長連合にも推進役を果たし盟約の席に臨みました。
その後薩長土の武力討幕提携を進める一方で、坂本龍馬、後藤象二郎の大政奉還にも協力する姿勢をみせました。

王政復古後、新政府の参与にあげられ、明治2年、参議、大蔵卿時代に版籍奉還、明治4年に廃藩置県を行いました。
明治6年西郷隆盛、板垣退助らの征韓論をおさえ、明治7年佐賀の乱を鎮定しました。
明治10年、西南の役で盟友西郷隆盛を討ちました。
明治11年、紀尾井坂で石川県士族島田一郎らに暗殺されました。
坂本龍馬大事典より

大久保利通については、私はよく知らないのです。
今の大河ドラマ「篤姫」に出ています。
それはもちろん知っています。
薩摩藩(鹿児島)の話ですから、西郷隆盛や大久保利通などは重要人物でしょう。

新選組ファンの私からみると、坂本龍馬ほど親近感を持てないのです。
どうも“薩摩藩”が苦手です。
政治や思想とかでいえば新選組と敵対した藩や人は多くありますが、嫌いな人はあまりいないのですが…。
凄く私的な好みだと思われます。
薩摩藩の歴史を知った時に、“薩摩人=西郷隆盛=濃い顔をしている”だったので、そのイメージが沁み込んでしまったのが原因だと思います。

大久保利通といえば、髭をはやしたあの顔をまず思い出しますね。
そして若い頃の方膝を立てた写真も、見たら「あ~、あった、あった。」という感じです。


大久保利通 (講談社学術文庫)大久保利通 (講談社学術文庫)
(2004/11)
佐々木 克

商品詳細を見る
関連記事
Comment

管理者のみに表示