スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬とお龍 出会いの地 東山・住居跡に石碑建立

2010年05月27日
-ここが坂本龍馬と妻のお龍の出会いの地-

龍馬ら土佐出身の志士らが暮らし、お龍の母と妹が賄いをしていた住居跡を紹介する石碑が、京都市東山区の三十三間堂南大門近くに建立されました。

建てたのはNPO法人京都歴史地理同考会。
石碑を建立することで京都の旧跡を知ってもらおうと、2008年から活動しており今回で5基目。

石碑の横には、歴史地理研究者の中村武生さん監修の解説板もあり、元治元年の池田屋事件の際、京都守護職などの役人がこの住居に踏み込んだエピソードも紹介しています。
京都新聞ニュースより


三十三間堂南大門近くというだけで、まだどこに建てられたのかは見ていないのです。
もう少し早く建てられていたら…。
建っていたのかもしれませんが、建っていたのなら知ることができていれば、GWに京都国立博物館に行った時に探しに行けたのに。
博物館の目の前が三十三間堂ですからね、ちょっと寄り道でいけたのにね。

また次の機会に探してみたいと思います。



『日経お取り寄せ寿司ランキング2位! はも箱ずしも選べる!』京都かぐら寿し・”選べる”夏の...


旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。