江戸から東京へ-WEB ニュース

2010年05月18日
明治政府の草創期、江戸を東京として都と定めた「東京奠都の詔」の草案が見つかりました。

廿日市市の“海の見える杜美術館”が所蔵する岩倉具視関係の文書類に含まれていました。
藩士出身の参与達に意見を求めた文書もあり、位階を超えた衆議による作成と判明。
調査を進める佐々木克奈良大教授は「前近代とは異なる詔書の作成過程が分かる第一級資料」と話しています。

詔の草案は、岩倉の修正提案と、公家や藩主から選ばれた議定や木戸孝允ら参与に意見を求めて回覧した文書とともに軸装されています。

奠都の詔は1868年7月17日に宣布。
明治天皇が政務にかかわった初めての詔。
江戸の重要性を述べ「東京」として新しく都と定めること、親臨して統治することを述べています。

“親臨”は、草案では「躬臨」となっていますが、岩倉は7月15日に回覧文書で“親臨”と改めるよう提案。
議定の山内容堂らが賛同しています。

後藤象二郎や木戸ら参与も意見を求められています。
「関白ら公家のみで作った江戸期の詔と大きく異なり、無位無官の者も加わっている。公議公論を重視する新政府の基本方針が検証できる」と評価されています。

東京奠都は、新政府樹立にあたって旧弊を打破し、東国を押さえるほか、大都市江戸がさびれることへの懸念などから、当初大久保利通が建言した大坂遷都案を押しのけ、議論が傾いたとみられます。
中国新聞WEBより


正直なところ、新選組マニアとしては、明治となった世の中には興味が半減…。
土方歳三の戦った箱館戦争は興味津津です。
明治の東京であった事などは…です。

この頃は、岩倉具視や木戸孝允、後藤象二郎に山内容堂など幕末の中心人物が大活躍の時です。
新しい世の中、という事で、そうそうたるメンバーが中心になって明治を造っているのですが、一気に興味が無くなってしまいます。
何故でしょう?
ただ単に新選組ファンだからではないような気がします。

幕末全体が好きなのですから、長州藩や土佐藩、薩摩藩などまだまだ幕末時代に(新選組の次に)興味のあったモノが残っているのに。
男たちが命をかけていた時代が終わったからでしょうか?
明治も命をかけていたでしょうが、幕末ほどの熱さを感じないからでしょうかね。

明治になると机上の闘争ってイメージです。

それにしても、一気に政治の在り方がかわったのですね。
無位無官の人も参加なんて、1年前には考えられない事です。
この考え方が山内容堂に少しでもあれば、土佐勤王党弾圧は無かったかもしれません。
歴史に“if”は無意味ですが。

もしこの時、東京ではなく大坂に遷都されていたらどうなっていたでしょう。
考え付かないほど今の日本からかけ離れているかもしれませんよ。



海苔 【 まとめ買い送料無料 】江戸前寿司屋の焼き海苔 !1枚25円、オマケ付き最安値★150枚食...





遠忠食品 江戸前でぃ!地あさり 60g
798円
関連記事
Comment

管理者のみに表示