スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京阪電鉄 マナー広告

2010年05月11日
大阪と京都(滋賀方面含む)を結ぶ京阪電鉄のマナー広告が、龍馬関係になっています。

マナー広告049
龍馬が武市半平太に手紙を書いたという設定です。

次は誰宛てでしょうか。
この手紙はもちろん架空のものですが、武市半平太が亡くなった後はこんな気持ちになったかもしれませんよね。
今はあちらの世界で、思う存分語り合っているかもしれません。
勤王、攘夷、討幕、佐幕、開国と色々な思いが複雑に絡みあった幕末を生きた二人からみれば、今の世の中なんて“ヘッ”かもしれないです。
きっと、今の政治をみて、笑っているのでしょう。

そして、皆が“○○の坂本龍馬”を名乗るので、苦笑いしているかもしれません。



フレーク状のチョコでビターチョコを包みました武家チョコ(チョコトリュフ) 武市半平太





幕末の志士を支えた「五人」の女 坂本竜馬の「おりょう」から近藤勇の「おつね」まで
幕末日本のキーパーソン、坂本龍馬、武市半平太、桂小五郎、高杉晋作、近藤勇の妻らの生きざまを描いた半生記!江戸末期のキーワードとして知られる薩長連合、尊王攘夷、新撰組など、一時代を築いた、そして、国を動かした志士たちの偽らざる私生活の実態が見える!彼らを愛し、愛された五人の女性にスポットライトをあてた、教科書やドラマでは決して知り得ない、激動の時代を彩った女たちの心根、そして愛を綴った感動秘話。
680円

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。