谷昌武(近藤周平)終焉の地

2010年04月09日
元町商店街(兵庫県神戸市中央区元町通3丁目 旧:神戸市中央区元町通3丁目83番地)が、谷昌武(近藤周平)の終焉の地です。

谷昌武といえば、新選組局長近藤勇の養子になり近藤周平と名乗っていた人物です。

谷三兄弟の長兄、三十郎が傍若無人の振る舞いから恨む人が多かったといいます。
死因は謎ですが…。

三十郎の死により、弟2人の隊内での立場は急転、いたたまれなくなった次兄万太郎は隊を離れ、昌武も近藤勇との養子縁組を解消、戊辰戦争前に脱走したようです。

その後、昌武は神戸市の北長狭通4丁目にあった山陽鉄道神戸事務所に10年ほど勤めていたようです。
(JR山陽本線の前身)
明治34年12月2日午前10時、神戸の3丁目元町通83番地で病のため53歳で亡くなりました。
11歳年上の妻ツルは明治20年10月に離婚していたので、寂しい晩年だったようです。
ひょうご幕末維新列伝


JR神戸線(東海道本線)、阪神電鉄三宮駅から海側へ2筋。
神戸市営地下鉄海岸線みなと元町駅から山側へ1筋。阪急電鉄花隈駅から海側へ2筋が近いです。

さすがに神戸の繁華街ですので、昼日中に写真を撮る勇気が私でもありませんでした。
これから早朝など、人がいないときに訪れるチャンスがあれば、その時に写真を撮りたいと思います。

新選組ファンでも、近藤周平ファンは少ないのでは?
近藤周平ファンの方、ごめんなさい。
私の勝手な推測です。

近藤勇の養子になって、すべてを継ごう、継げると思っていたのではないでしょうか。
それに見合う、実力、品格、人望などがあれば、もちろんいいのですが…。

維新後は、どういう人物になっていたのでしょうか?
人間、成長しているはずなので、新選組時代のような嫌な人間では無くなっていたかもしれないですね。
近藤勇の養子になっていなければ、新選組隊士という波乱の人生であっても、全く違う人生を送っていたかもしれないです。



土方歳三の名セリフ、シールだから簡単に貼れる!幕末無双蒔絵シール言霊シリーズ土方言霊 ゴ...




関連記事
Comment

管理者のみに表示