容保桜 京都府庁-新聞記事

2010年03月12日
京都府庁旧本館の中庭にある珍しいヤマザクラが、京都守護職だった幕末の会津藩主、松平容保にちなんで“容保桜”と命名されたそうです。

中庭にある桜のうちの1本が、ヤマザクラの亜種でオオシマザクラの特徴も併せ持つ珍しい品種でした。
通常のヤマザクラと比べて花びらが大きい特徴があります。

府庁旧本館は1904年に完成したレンガ造りの本格西洋建築で、国の重要文化財。
4月に見ごろを迎える予定。
2010年3月12日 日本経済新聞より


京都守護職屋敷跡3  京都守護職屋敷跡4
京都守護職屋敷跡(京都府京都市上京区新町通下立売西入ル、藪之内町一)

守護職屋敷門2
京都守護職屋敷門(京都府京都府左京区岡崎西天王町)
平安神宮西側バス駐車場に面して建っています。

新聞記事はシュキャナーが使えるようになりしだいアップしたいと思います。

京都府庁には行きましたが、いつも日曜日で閉まっていて中に入った事がありません。
旧本館中庭に桜があるのも知りませんでした。
ソメイヨシノではなく、ヤマザクラというのが昔からその木があるような気にさせます。

容保桜と名付けられたのは現在ですから、松平容保が活躍した時代とは関係がないといえばないのですが、それでもゆかりの地でその名前をつけられると、その桜がある限り“会津藩主 京都守護職 松平容保”が思い出される事になるのです。
4月に桜が咲いたら見に行ってみたいのですが、桜が咲いている期間は本の少しです。
うまく行くことができるでしょうか?



ビジュアル幕末1000人





松平容保の生涯 写真集
悲劇の会津藩主・松平容保の激動の生涯。
2,940円

関連記事
Comment

管理者のみに表示