スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田岬砲台

2010年03月05日
神戸港の入り口・和田岬に軍艦奉行並勝海舟の調査、設計で和田岬砲台(兵庫県神戸市兵庫区和田崎町1-1-1 現:三菱重工業株式会社 神戸造船所内)が築かれました。

1年半、25,000両で、元治元年12月に完成しました。
工事を請け負ったのは、御影村(神戸市東灘区)の嘉納治郎作でした。

和田岬砲台は形が臼に似ているので「臼砲(きゅうほう)」、石がつんであったので「石堡塔(せきほうとう)」とも呼ばれました。
外郭部は石造、内部は木造2階建。
神戸の布引山や鉄拐山のケヤキと、塩飽諸島の御影石とで造られています。
当時は砲台の周囲には、東西約60m、南北約70mの星型土塁がありました。

中央には砲身を冷却するための深さ5mの井戸が掘られています。
2階には、11門、屋上階には16門の大砲が備えられる予定でしたが、実現しなかったようです。
周りには11門の砲窓がありますが、1度も使われなかったようです。

阪神淡路大震災では、造船所内のコンテナが倒れたりしましたが、砲台は一部漆喰壁が傷んだ程度で、幕末の技術の高さが窺えます。
幕末歴史散歩 京阪神篇



和田岬砲台改修に伴う見学中止のお知らせ
 この度、和田岬砲台は、文化庁、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、三菱重工業(株)神戸造船所により重要文化財保存のため国庫補助金事業として、改修が行われることとなりました。
 つきましては、改修期間中の見学は出来ませんので、御了承願います。
 貴重な文化財を次世代に遺し、伝えていくため、皆様の御理解、御協力をお願いします。
 なお、改修工事完了には、見学を再開いたしますので、別途御案内いたします。

改修期間 (この期間は見学中止となります)
平成21年12月1日(火)から平成25年3月31日(日)

三菱重工業さんの敷地内にあるので、簡単に見に行くことができませんでした。
予約すれば見学できたようです。
今は、改修中で見学自体が中止されています。
西宮砲台は浜にあるので、見学自由なので行きました。
ここは改修を待つしかないですね。
まだまだ砲台に関係する場所があるようなので、調べて行きたいと思います。



【送料無料】明石焼き1皿・九条ネギ1皿・こだわり卵1皿・ふんわりと心も温まる明石焼セット





神戸カレー&三田屋カレー! 産地別牛肉食べ比べカレー 3箱セッ ト
あの三田屋総本家の絶品カレーと神戸カレーのセット!! カレー三田屋 黒毛和牛のビーフカレー但馬牛【神戸牛・松阪牛の素牛】がたっぷり入った 神戸カレーきのこと近江牛のカレーの3種類がセットになった!ホテルで食べているような高級な味!レトルトカレーとは思えないカレーをぜひご自宅でお召し上がりください!!
1,812円
関連記事
Comment
No title
はじめましてv-290Googleアラートの新選組で設定してから
こちらのフィードが届くようになり
こっそり拝見させて頂いておりました。この砲台の近くに住んでいた事がありましたが、三菱重工さんの敷地内で見学不可能と勝手に思っていましたv-406
今は九州の方の帰って来て気軽に見に行く事も難しいのですが、また神戸に行く機会があれば見学に行ってみたいと思います。情報に感謝しておりますv-421
Re: No title
私も見学できるのか出来ないのか、長い間判らずじまいでした。
最初は、三菱重工さんの塀沿いにでも、細い道があって見に行けるのかな?とか、受付でいえば、通らせて下さるのかな?なんて色々勝手に思っていました。
予約をすればOKだったのです。
改修工事後も、まったく見学×にはならないようなので、いつかは見てみたいと思っています。
このブログ、見て頂けるだけでとても嬉しいので、よろしければまた時々でも覗いてやってください。宜しくお願い致します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。