武信稲荷神社

2010年02月24日
武信稲荷神社(京都府京都市中京区今新在家西町38)は、龍馬とお龍が待ち合わせをした場所だそうです。

龍馬とお龍が待ち合わせをしましたが、会えませんでした。
そこでお龍は境内にある榎の大木に、“龍”(ひらがなで“りゅう” それとも“龍の絵”?)と彫り、無事を知らせ、会う事ができたそうです。
木の成長と共に彫った字は消えてしまったそうです。


その為、今縁結びの神社として人気があるそうです。
と、今、テレビで紹介していました。

JR山陰本線二条駅から二条通の二条駅東口交差点を南へ曲がります。
千本三条交差点から三条通(東方向・商店街)に入ります。
この千本三条交差点は五差路になっているので、気をつけて下さい。
4つ目の角(呉服屋さんの角)を南に曲がると、70~80mで武信稲荷神社に着きます。

私は知らなかったので、京都なのに行ってません(涙)
すぐそこ、目の前は六角獄舎跡なのに…。
何度も前を通っているはずです。
残念。

調べるとまだまだ京都にも取り残した史跡がありそうです。
遠出が出来ない間は、取り残しを調べて廻ってみます!



保温・保冷効果抜群のタンブラーに龍馬とお龍さんのイラストをいれました。龍馬とお龍さんタン...





龍さんとおりょうのはじめての新婚の旅 芋焼酎
1866年坂本龍馬がお龍を伴い訪れたのが、霧島の塩浸温泉といわれています。88日間にわたる二人だけの幸せな旅は、後に日本おける最初の新婚旅行といわれています。
2,500円
関連記事
Comment

管理者のみに表示