スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お出かけの季節に向けて-完全復刻 沖田総司・土方歳三・坂本龍馬の手紙

2010年02月15日
お久しぶりになってしまいました。

完全復刻 沖田総司・土方歳三・坂本龍馬の手紙”を買った時は、もうどれぐらい眺めていたでしょう。

完全復刻 沖田総司・土方歳三・坂本龍馬の手紙完全復刻 沖田総司・土方歳三・坂本龍馬の手紙
(1988/05/11)
新人物往来社

商品詳細を見る


手紙を和紙で完全複製しています。
もちろん実物大!

印刷には違いがないのですが、それでも和紙で実物大のものを手にとってみれば、本物を一生手に取れない私としては満足です。
というか、満足しないとキリがないです。

もし本物が手に入るとしたら、いったい値段的にはいくら位するのでしょう?
国宝ではないですし、重要文化財というわけでもないでしょうから、数百万円? 数十万円で手に入りますか?
数十万円でも買えないですが…(笑)

なのでこれで満足しておかないといけません。
是非、夜中にひとりで眺めて、ニヤニヤしてください。
ただし、家の人に見られると変な人として、心配されるかもしれません。




【5%OFF!】日本の夜明けぜよ!幕末 坂本龍馬トランプ 12465





復刻 坂本龍馬鍛錬長尺木刀
坂本龍馬が北辰一刀流・千葉定吉道場に剣を学び、その鍛錬に使ったと伝わる一本の木刀。長さ4.3尺(約132cm)にもなる当時でも珍しい大振りの一刀で、実戦の場を念頭に置いた龍馬が、重い真剣をより円滑に使いこなすために用いたと云われています。無数の傷を残し現代にまで伝わるこの木刀を、このたび伝統工芸士の名工・新留義昭氏が特別に再現。その長さはもちろん、素材の樫から無骨ながらも美しい刀姿まで、一本一本丹念に削り出した渾身の傑作です。時代を切り拓いたその重みを、ぜひ手にとってご体感ください。
21,000円

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。