お出かけの季節に向けて-幕末歴史散歩 東京篇

2010年02月08日
昨日、京阪神篇を紹介したので今回は、“幕末歴史散歩 東京篇”一坂太郎 著です。


幕末歴史散歩(東京篇)

NHK大河ドラマ“龍馬伝”の舞台がまだ、土佐と江戸、なので龍馬ファンの方は、この東京篇の方がドラマに出てきている場所が多く載っていて、楽しいかもしれないですね。
千葉道場(周作の玄武館)、ペリーの像、吉田松陰が投獄されていた牢跡や墓、これから重要人物になるであろう勝海舟関係などなど、さらに新選組のふるさとでもある多摩地区や試衛館周辺など数多く載っています。

あ~、こうして書いていると、東京に行きたくなってきました。
まだまだ行っていない所が、あちらこちらにあります。
行きたい! 行きたい!! 行きた~い!!!

暫くは本を読んで、行った気になっておくしかないですね。



上品で優美な京くみひもと、天然木に龍馬の家紋を焼印。新撰組羽織カラーの紺。海援隊旗カラー...




関連記事
Comment
No title
こんばんは。京阪神篇を買おうかと思っていましたが、6月の沖田総司法要に参加予定なので、まず東京編を購入致しました。
本を読んでいった気になるのもよし、行くのはなおさら良しですね。
スポッツ
Re: No title
6月の沖田総司法要に参加予定なのですか! いいですね。
たぶん諸事情で今年も参加できそうにありません(涙)
“総司忌”懐かしいな~。私もまた行きたいです。いつかきっと行きます。
それまでは本を読んで行った気になって、行きたい場所のリストアップの時間とします。
まだ先ですが、行かれた折にはぜひどんな様子だったか教えて下さい。

管理者のみに表示