スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショクダイオオコンニャク 開花

2017年08月11日
鷺森神社を通り、坂道を登っていくと武田薬品株式会社 京都薬用植物圓(京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町11番地)があります。
ここでショクダイオオコンニャクの花が咲き、8月1日から4日までの間特別公開されました。

ショクダイオオコンニャク

サトイモ科・コンニャク属の植物。
別名スマトラオオコンニャク。
インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林に自生する。
7年に一度2日間しか咲かない、世界最大の花として有名になりました。
Wikipediaより



テレビで見た家族がどうしても見に行きたいというので、行ってきました。
鷺森神社を通り坂道を通りエッチラオッチラと登っていると、上から降りてきた年配の女性3人。
一人は杖をついています。
「今から、コンニャク見に行くの?」と声を掛けられ「はい」というと、「もうちょっとやで」といわれました。
しかしなかなかつかない、でも杖をついたおばあちゃんも行ってきた道、小学生やおばあちゃんより若い私たちがねをあげるわけにはいきません!
頑張ったぁ~。

さて、コンニャクの花は玄関前に鎮座しておりました。
見に来ている人は5人ほど。

大きいです。
背が高い。
残念ながら花弁は縮んできていて小さくなっているとのことでした。
話題の悪臭ももうありませんでした。

この花は普段は茎が伸びて葉が茂っているそうです。
それが枯れて根本からポキッと折れて、新しい物が出てくるのですが、その時に茎が出てくるか今回のように花が出てくるかわからないそうです。
花は7年に1度なので、この花の後は茎が出てくるのでしょうね。

武田薬品の方がおられて、いろいろと話をしてくださっていました。
わかる範囲では質問にも答えてくださっていました。
入れ替わりでだいたい5人前後が見に来ている感じでした。
植物園の見学はできないので、この花のみの鑑賞でした。
それがちょっと残念ですね。
往復3時間半ほど、交通費も2500円ほどかかってこれだけですからね。

コンニャク属の花ですから、これからコンニャクを作れるのでしょうか?
おいしくないのかな?
管理している人も枯らしてしまったら大変でしょうね。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土方歳三うどん〔90g×3束×15袋〕
価格:4935円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)





スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。