鷺森神社

2017年08月10日
久々の京都では、鷺森神社(京都府京都市左京区修学院宮ノ脇町16)を通りました。

鷺森神社1  鷺森神社2

鷺森神社6

御神号は鬚咫天王
貞観年間(859年 - 877年)の間に創建されたとされます。
最初は比叡山麓、赤山明神の付近に祀られていたが応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山林中に移されましたが、離宮造営の為、霊元天皇の思召しにより現在の鷺の社に社地を賜り、元禄2年6月御遷座になり修学院、山端の氏神社として今日に至っています。
Wikipediaより


鷺森神社5
離宮御幸震記の御歌日記にある霊元天皇が詠まれた和歌『 をりゐるを 見し鷺の森 すきかてに わけきて今日は むかふ神垣 』の記念碑があります。
この記念碑は文学博士吉沢義則が執筆揮毫したものです。



本当に、何年ぶり?という京都でした。
今回の目的は次のブログに書く予定の植物でした。
目的が植物…もちろん私が言い出したのではありません。
その途中に、この鷺森神社を通りました。

京都といえば、夏休み中ですし、観光客でいっぱいかと思っていましたが、この鷺森神社付近はほとんど観光客はいませんでした。
鷺森神社では地元の方が2人ほど歩いていらしただけで、静かで蝉の声しか聞こえませんでした。
(この後、目的を達成したあと貴船に足を伸ばしたのですが、そこではヒグラシが鳴いていました。
ヒグラシの印象は晩夏の夕暮れなんですが、まだまだこれから暑くなる季節なのですが、貴船はそれだけ涼しいのでしょうね。)

私の知る限り鷺森神社で新選組が何かをしたというのはないのですが、京都市中ですからね。
巡回とかどこかに行く途中に通ったとかはあるのかもしれないですね。
この神社を通り抜けたら、曼殊院があります。幽霊画で有名ですよね。
詩仙堂(久坂玄瑞位牌が安置)も近いですね。
井伊直弼の密偵村山たかの墓のある圓光寺も近いですので、長州関係などで探りにきている可能性はゼロではないかも…。




最近は新選組をみると、やはりあのグループと重ねてしまうのです。

まずは全く歴史から離れます。
この前、DVDを見ていたらリーダーが一人ずつ曲の歌詞に合わせて指をさすという振りの曲がありました。
その時に指されたメンバー全員が、“照れくさいけれどすごくうれしい”という表情をしているのです。
それも振付の中身といわれればそうですが、それを越えたような表情に思えたのです。

また、リーダーが他の人に評価されると、これまた全員が「すごいでしょ」って感じで、リーダーを自慢しているような表情をしているのも感じます。

この夏にあった10時間の音楽番組
での私の感想です。
先輩が体調不良で二人が助っ人で出ていました。
先輩を挟んで3人で歌って踊っていましたが、3人ピッタリとあっていましたよね。
でも、助っ人2人のシンクロ率が半端なかったと思いませんか?
3人でもピッタリなんですが、2人はそれ以上にあっているのですよ。
何が?
何かが一緒なのです。

その後、大トリで5人で歌った2曲目のイントロの踊りには言葉が出ませんでした。
何から何までピッタリ!
あのそろい方は何?!
凄い!! 凄すぎて言葉にできないです。


というのを考えながら、じゃあ新選組だったらどうだってことです。
新選組の局長近藤勇がリーダーと同じように、隊士からの自慢の対象になりうるか?
いやぁ~無理やね。
一般的なイメージでいえば、そうなりうるのは沖田総司ですよね。

ではリーダーを新選組に当てはめると沖田総司かな?
確かに才能と慕われ方からすると沖田総司に合いますね。
そうすると近藤勇は次の年長者さんで、土方歳三は末っ子かな…。
総武線トリオは藤堂平助と原田左之助という感じではないでしょうか。

今のところはこの感じですが、また変わるのでしょうね。
その時はまた書かせてもらいます。












 | HOME |