新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

アーカイブモード [2016年06月 ] 記事一覧

近藤勇 池田屋での第一声は…

先週か先々週の日本経済新聞に新選組の記事がありました。あの池田屋事件における近藤勇の第一声が分かったというものです。幕末の「池田屋事件」の際、2階に踏み込んだ新選組局長近藤勇が発した第一声は、「御上意」だった可能性があることがわかりました。ドラマなどでは「手向かいすれば容赦なく斬る」と警告すような場面が多いですが、今回の資料ではこの言葉はありませんでした。資料は「維新階梯」で、会津藩主松平容保が京...

伊佐具神社

伊佐具神社(兵庫県尼崎市上坂部3丁目25-18)に、有名な武将のものといわれるお墓があるなんて知りませんでした。      伝赤松円心墓       船形の大石『摂津名所図会』には「上坂部村にあり。『延喜式』に出づ。今、稲荷明神と称す。森村とともに産土神とす」とあります。川辺郡式内社7社の中で唯一、皇室から鍬や靫が奉献されていた由緒ある神社。 さらに「延喜式玄蕃寮 巻21」に新羅かの客に賜う神酒を造るため...

七松八幡神社 - 荒木一族処刑の地

有岡城から始まった、荒木村重関係の史跡の一つ、七松八幡神社(兵庫県尼崎市七松町3丁目10-7)です。    【荒木村重】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。利休十哲の1人である。幼名を十二郎、後に弥介(または弥助)。天文4年、摂津池田城主である摂津池田家の家臣・荒木信濃守義村(よしむら)の嫡男として池田(現:大阪府池田市)に生まれました。最初は池田勝正の家臣として仕え、池田長正の娘を娶り一...

有馬道道標

常願寺跡の横の道に有馬道道標(兵庫県尼崎市下坂部2丁目)があります。  有馬道は2013年5月25日と9月16日にも書いています。大阪方面から有馬温泉へ行く道筋を「有馬街道」と呼び親しんできました。神崎から北上し、藻川沿いに猪名寺・伊丹に至る本道と、次屋・下坂部・久々知・上坂部・塚口を通って昆陽(伊丹市)に至り宝塚市内で本道と合流する間道の2コースあったことが知られています。尼崎市HPより今回は間道のコース...

常願寺跡・厳島神社跡

常願寺跡(兵庫県尼崎市下坂部2丁目)を覗いてきました。  真雅僧正が諸国行脚の途中で下坂部に立ち寄り、一夜林間の石上に眠った時、夢に吉祥天女が現れて告げるとともに村民も霊夢によって帰依するもの多く、また百済伝来の吉祥天女の木像を贈るものもあった。そこで僧正は下坂部の地に安生山常願寺を建立したといいます。真雅僧正が大伽藍を建立し、後に西明寺時頼(北条時頼)がこの寺に一泊した時に大修理を加えたとも伝わ...

天満宮跡

天満宮跡(兵庫県尼崎市食満7丁目6)まで足を延ばしました。  『尼崎市史』に、中食満の南に、稲荷神社のお旅所にもなっている石で囲まれ、石塔のある場所があったとあります。  むかしは一畝(約100㎡)あまりが小高い丘のようになって、ひとかかえほどの梅の木がり、天神さんの屋敷があっとところといわれてきた。梅の木が目印となる場所を「天神さんの屋敷」と呼んでいる。そして「此の梅の木は天まで届いているから、悪...

天狗塚古墳 - 大塚山古墳・中ノ田遺跡

天狗塚(兵庫県尼崎市南清水8丁目)があります。大塚山古墳・中ノ田遺跡もあります。                    天狗塚    天狗塚には、この塚の土が持ち帰られる決まって大粒の雨あ降るといいます。そのため、大粒の雨が降ると、「土を持っていかれて、天狗さんが泣いてはる」と、祟りをおそれて家に急いで帰ったそうです。近隣住民が持ち帰った時は、その家の築いたばかりの塀が倒れる、家主が病気になる等、...

船詰神社

武田勝親墓のほぼ隣に船詰神社(兵庫県尼崎市東園田町1丁目359)があります。  船詰神社は、富田の氏神です旧社地は小字神上にあったといいます。現在、東園田町2丁目に船詰公園にある礎石がその旧跡です。周壕があり、土器が出土したこともあったといい、前方後円墳であったといわれています。昭和50年に土地区画整理事業により、現在地に移っています。祭神は鳥之磐楠船命です。伊邪那岐、伊邪那美の生んだ15番目の神で、...

司馬遼太郎 「国盗り物語」

司馬遼太郎著「国盗り物語」をようやく読み終わりました。長かったぁ~。1巻500ページ前後×4巻です。でも、途中でやめたくなることもなく、淡々と読み終えた感じです。1・2巻は斉藤道三編3・4巻は織田信長編 ということでした。まあ、読み始めたのは例のドラマの影響なんです(笑)私としては斉藤道三編の方が面白かったです。織田信長編は明智光秀が主人公といってもいいと思います。明智光秀からみた織田信長ですね。...

武田勝親墓

武田勝親墓(兵庫県尼崎市東園田町1丁目105-2)が善念寺にあるそうです。    武田 勝親(かつちか)天正8年 - 天和2年6月19日は戦国時代の武将・僧。甲斐武田氏の家臣。武田氏当主・武田勝頼の三男。『甲斐国志』では勝頼の三男であったことから初名が「勝三」であったとし、幼名であるとも考えられています。勝千代。実名は「勝近」とする説もあります。『系図纂要』によれば、通称は左衛門。 号は「善悦」。天正10年3...

馬橋

馬橋(兵庫県尼崎市次屋2丁目13)という場所があります。  昔此ノ邊ニ合戦アリ。一駒ノ遁レ来ルヲ三騎追躡スルコト急ニシテ、終ニ及ビテ鎬ヲ削ル。一騎ノ将ラシキヒト、遥ニ之ヲ望ミスル百姓ニ救ヲ請ヒシガ、何思ヒケン、三騎ノ方ニ加勢シテ、ソノ大将を討取レリ。サレバ下坂部ノ者、他ニ行キテ帰リ来ルニ、忽チ此所ニテ行ク手暗クナリ、歩ム能ハズ、村民許多ク出テ、名ヲ呼ブヲ知ル邊ニ、辛クモ帰ルヲ得シト言フ川は埋め立てら...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2016/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム