スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田以蔵の墓

2016年03月15日
発売から1年半が過ぎていますが、“正伝岡田以蔵”松岡司著を読みました。

岡田以蔵の弟は、以蔵の弟と噂されひっそりと生活…ということも無く、所謂、立派な仕事をされていたようで安心(?)しました。

私がこの本で一番考えたのは、以蔵のお墓についてでした。
以蔵のお墓というとすこし違うのかもしれませんが、岡田家累代の墓がある高知県高知市薊野駅近郊の真宗寺山の墓地です。
最近、整備されたようなのです。
私が訪れた時はもちろん整備されていませんでした。
何で調べても真宗寺山がどこかさえもわからず、冬の大雨の中を唯一の手掛かりの写真と同じ風景を探して歩き回りました。
薊野駅の半径何百mを歩き回った事か…。
鞄の中は水浸し、下着も絞れるくらいになりました。

真宗寺山が見つかっても、お墓を探すのにまた竹藪の中を歩いて…。
でも、それが歴史の中の岡田以蔵のイメージと合っていて、すごく感動したのです。
ちょっと日陰の身で、最期は同志に疎まれるというイメージなので、お墓も簡単に見つからないというのがイメージでした。
坂本龍馬の墓のように、絶えず人が来て、前の人について行ったらお墓に着けるみたいな簡単なものではない。

何が言いたいのか、わからなくなっていますね。
岡田家の方からしたら、墓地には先祖代々の方が眠っておられるのだから、整備して楽にお参りされるのはもっともな事なのです。
歴史好きでお参りさせてもらう物からしたら、当時の様子のまま(それに近い)の状態のお墓にお参りさせていただけるのが一番嬉しい事だなと思ったのです。

再びお墓参りに行けないですが、もし機会があれば整備されたお墓にもお参りしたいです。

岡田以蔵墓3

岡田以蔵墓2  岡田以蔵墓1
        以前の岡田以蔵墓






正伝岡田以蔵 [ 松岡司 ]

正伝岡田以蔵 [ 松岡司 ]
価格:1,620円(税込、送料込)


スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。