スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波篠山城 参

2015年04月27日
丹波篠山城からみた、篠山小学校方面です。

7丹波篠山城

大きな小学校です。
都会の小学校にはない、映画の舞台になりそうな趣のある小学校ですね。

お城の中にある感じで、勉強もはかどりそうだわ。








スポンサーサイト

丹波篠山城 弐 青山忠誠公追慕碑

2015年04月26日
丹波篠山城内に建っている、青山忠誠公追慕碑です。

丹波篠山城7  丹波篠山城6

青山 忠誠】(あおやま ただしげ)
安政6年2月19日- 明治20年7月23日
篠山藩第5代藩主青山忠良の十男で、明治時代の華族(子爵)。
陸軍軍人で数少ない華族出身の将校の1人。

幼名鋪之丞、環峰と号しました。
室は土屋寅直の娘。
養子に青山忠充(ただこと、弟青山忠惇の子)。

江戸で生まれ、明治6年に兄の青山忠敏が没し嗣子がないため家督を継ぎました。
陸軍幼年学校、明治13年に陸軍士官学校(旧3期)を卒業。
明治17年、子爵となり、明治18年陸軍歩兵中尉となります。
明治20年、29歳という若さで没す。
明治25年11月7日、正四位を追贈されました。

明治9年12月忠誠は、旧藩士の子弟教育の為に旧臣安藤直紀らに命じて私立篠山中学年舎をつくりました。
この際、福沢諭吉に相談をし紹介により講師も招いています。
明治10年1月これを篠山城内堀内令順宅を5000円の私財を投じて購入して拡張し「私立篠山中年学舎」と改称しました。
明治11年に公立篠山中学校となり、明治16年に校舎が全焼する事態に見舞われましたが、旧篠山城内堀内令順第2家宅を購入し再建しました。
明治17年、中学校設備規則発布により廃校の方針となった為に、忠誠ほか基金も募り、明治18年8月に許可を得て私立鳳鳴義塾とし存続をさせました。
また、東京にも進学の為の寄宿舎尚学館をつくり優秀な者は遊学させました。
忠誠の死後、志は養子の青山忠充が継ぐこととなります。
Wikipediaより


お殿様ではあるけれど、私が思うお殿様ではないのですね。
お城に住むお殿様って事ですけれど…。
家督を継いだのが、明治になってからなので、幕末のお殿様ではなく、新しい時代に変わってからの家長なんですね。

でも安政生まれなので、幕末に生きた人ではあります。
教育に熱心な人だったんですね。

青山忠誠とう名前は初めて聞いたので、写真をパチリ。
私の興味のストライクゾーンからは少し外れていたので、ご紹介で終わります。







丹波篠山城 壱 そしてデカンショ節の丹波篠山「日本遺産」おめでとう!

2015年04月25日
丹波篠山城(兵庫県篠山市北新町2-1)に再び行きました。

丹波篠山城大書院1  丹波篠山城3
                 大書院

丹波篠山城8  丹波篠山城2
                 二の丸

丹波篠山城5  丹波篠山城4
                 本丸跡

2009年4月16、17、18、19日のブログに丹波篠山城について書いたので、そちらを参考にしてください。

この日は、丹波篠山に黒枝豆を買いに行きました。
丹波篠山といえば、黒豆(枝豆)、猪鍋(ぼたん鍋)、栗などなど食べ物ばかり思いつく私。
そうそう、“丹波竜”という恐竜の化石も見つかっています。

そして、デカンショ節でうたわれる丹波篠山が「日本遺産」に認定されたそうです。
おめでとうございます。









大坂城

2015年04月25日
2014年の大坂城(大阪市中央区大阪城)です。

大阪城2

徳川慶喜、会津藩主松平容保、桑名藩主松平定敬は京橋口より、城を脱出しました。

新選組がはじめて登城したのは、慶応4年1月7日でした。
第一の目的は、鳥羽・伏見の戦いでの負傷者の治療でした。
6日の夜、旧幕軍の総大将 徳川慶喜は松平容保らとともに城を出て、天保山沖の船にいました。
新選組も旧幕軍として、負傷者以外は深夜、隊士たちは城から退去しました。
2010年4月5日 ブログより

慶応3年12月9日に発せられた王政復古の大号令の後、二条城から追われた前将軍徳川慶喜が大坂城に移り、居城していたが、慶応4年1月3日、旧幕府軍の鳥羽・伏見の戦いでの敗北によって慶喜は船で江戸へ退却し、大坂城は新政府軍に開け渡されました。
この前後の混乱のうちに出火し、御殿や外堀四、五、七番櫓など城内の建造物のほとんどが焼失しました。
Wikipediaより









大坂城 豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地碑

2015年04月24日
大坂城にある、“豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地”碑です。

大阪城4  大阪城3

慶長20年の大坂夏の陣では、旧暦5月8日、徳川軍に追い詰められた豊臣秀頼とその母淀殿が、山里丸にあった櫓にひそみ、自害したと多くの記録が伝えています。
それにちなんで平成9年、現在の山里丸の一面に大阪市の手によりこの記念碑が建てられた。
現地説明板より

墓所は京都市東山区の養源院、大阪市北区の太融寺。
戒名は大虞院英厳大禅定尼、大虞院花顔妙香、大広院殿英嵓と伝わります。

しかし淀殿の最期を目撃した者の証言や記録などは存在せず、また遺体も確認されなかったため、秀頼と同様に彼女にも逃亡・生存説などの伝説が生まれるようになりました。
落ち延びた先としては薩摩や上野に伝承が残っています。
Wikipediaより


天守閣前の広場から、大阪城ホール方面に降りていきます。
天守閣の裏側方向です。
市内から出土したさまざまな刻印石が集められた刻印広場を通りすぎた奥に、ひっそりと建っていました。
たまたま、その周辺が工事中でひっそりに見えただけなのかな。

茶々が淀というのは、実は大人になってから知りました。
茶々という響きは可愛いと思うのですが、淀殿というと厳めしい感じがするのは私だけ。

しかし戦国時代の、しかも歴史の中心で生きる女性だと、それぐらいキツイ性格でないと生きて行けなかったのでしょう。
性格がひねくれても仕方がないでしょうね。
ただし、今の世の中でこの性格だと、クレイマーとかモンスターペアレンツとかになっていそう。
あっ、意外と政治家(ただし、善政に限る)には向いているかもしれないですね。

そして淀殿といえば、
「天正17年、捨(鶴松)を生む。この懐妊を喜んだ秀吉から山城国淀城を賜り、以後「淀の方」と呼ばれるようになった。」(Wikipediaより)
の淀城に関連する、京都市伏見区の妙教寺がありますが、この妙教寺は幕末に大いに関係するお寺なのです。
2008年10月22日のブログ参照してください。









大坂城 巨石 蛸石

2015年04月21日
大坂城を訪れたら是非とも蛸石を見て下さい。

大阪城1

桜門の正面にあるのが城内一の巨石として知られる蛸石(36畳敷)です。
厚さ平均0.9m、重さは約130トンと推定されます。
蛸石という名前は、 石の表面左端に茶色い蛸の頭形のシミがあることから名付けられたものといわれています。

大阪城1 - コピー

ドーンと行く手を阻む感じです。
大きいです。
私はサイコロ状の形だと勝手に思っていたので、厚さが1m無いと聞いた時は、「何だ薄い板状か。」と思ってしまいました。
でも、90cmって分厚いですよね。
縦と横の大きさがあまりに大きすぎて、90cmが小さく感じてしまうのですね。

豊臣・徳川幕府のあの時代にこの巨石を斬りだして運ぶ…、想像できないです。
いったいどうやったのでしょう。

もしかしたら、昔の人は今の人間よりずっと知能や知恵が優れていて、頭が良かったのではないですか。
あ~、尊敬です。






大坂城 - 大坂の陣400年天下一祭

2015年04月18日
2014年 2015年と大坂の陣400年天下一祭が行われています。

大阪城

黄色いオブジェは、このイベントのロゴマークです。

武将隊「大坂RONIN 5」という人がいます。
豊臣家の呼びかけに応じて大坂城に入城した5人 真田幸村・後藤又兵衛・長宗我部盛親・毛利勝永・明石掃部に扮した人たちです。
確かにいました。
一緒に写真も撮ってくれるようです。

一般的なイメージとして、やはり大坂城といえば「豊臣秀吉」ですよね。
そして戦国時代。
でもでも、幕末にも大坂城は歴史の舞台になったのですよ。
あまりいいイメージでの登場ではないですが…。

2008年10月2日
2010年4月5日

上記のブログに幕末関係の大坂城を載せていますので、参照してください。







怪物 スイトン

2015年04月13日
蒜山にはあちこちに、トーテムポールの“スイトン”がありました。

神様
道の駅『醍醐の里』のスイトン

蒜山には古くから『粋呑(スイトン)』という怪物がすんでいた。
「スイトン」は人間が考えたり思ったりしていることがみんな分かるのである。
だから、もし悪いことをたくらんだり、他人に迷惑をかけたりした者がいれば、どこからともなくスイーと現れ、トンと一本足で立った「スイトン」にたちまち引き裂かれ、食われてしまったという。
だから蒜山には悪人はいない。
昭和37年12月15日 串田孫一


初めて聞きました、スイトン。
怪物とは妖怪とは違うのかな?
すぐお隣の鳥取といえば“ゲゲゲの鬼太郎”の故郷ですから、この辺りも妖怪の宝庫なイメージです。
でもゲゲゲの鬼太郎にスイトンが出てきた記憶はないので、妖怪と怪物は別物なのかもしれませんね。

妖怪といばえ、今大人気の“妖怪ウォッチ”
もし、この妖怪ウォッチにスイトンをモデルにした妖怪でも出てきたら、スイトンもいきなり全国区かもしれません。
スイトンも忙しくなりますよ。
でも、スイトンは遥か昔から蒜山を護っているのだから、全国区の必要はないか。









ブルーベリー狩り

2015年04月12日
鬼女台を出発して、目的地の奥大山ブルーベリーファーム(鳥取県日野郡江府町御机字笠良原739-43)に向かいました。
途中に“サントリー天然水”の工場の横を通りました。
あの“奥大山”バージョンの工場なんですね。
500mlの天然水、近畿では奥大山なんですよ。
でも、なんとなくサントリーの天然水というと、「南アルプス」のイメージです。
ちなみにハウスといえば「六甲」
近すぎて、六甲の水がおいしいなんて思いもしませんが、西宮や神戸灘は日本酒が有名なくらい水がおいしいんですよね。

サントリー天然水工場を通りすぎるとすぐに、ブルーベリーファームがありました。

ブルーベリー狩り

前日はずっと雨、当日も雨の止み間に運よく到着出来た感じで、お客さんがほとんどいません。
もちろん下は土ですから、グジュグジュです。
カートでブルベリー狩りの区域に連れて行ってもらいました。

当日は2種類のブルーベリーがありました。
一列ずつ交互に違う種類が植えてありました。
1パック600円で詰め放題、その合間に食べ放題。

ブルーベリーの木は初めてみました。
たくさん身がなっていますが、お腹一杯食べられるって感じでもなく、でも普段食べないくらいはたべました。
もう少し天気がよければな~。
今回の旅行は、これに尽きます。

1時間ぐらいブルーベリー畑にいたでしょうか。
ブルーベリーを堪能しました。









鬼女台

2015年04月11日
蒜山高原から大山方面へ向かう途中に、鬼女台休憩所(岡山県真庭市蒜山下徳山1109)で休憩しました。

鬼女台1  鬼女台2

鬼女台3  鬼女台4

鳥取県と岡山県の県境に立つ絶景スポット。
北を見れば鳥取県の名峰・大山を軸にした烏ヶ山、象山、擬宝珠山などの山並みが広がり、振り向けば緑の高原地帯に描き出される蒜山の町並みを一望。
寒暖の差が増す秋の夜明けには、三座より立ち上る朝日と市街地を包む雲海とのコントラストも楽しめます。
岡山・蒜山観光協会HPより


観光協会のHPを見ると、あ~なんて綺麗な風景。
現実は…あ~、雨で雲が…。
何にも見えない(涙)

こういう絶景を見るべき場所が雨というのは、もう全然ダメダメですね。
雨でも風情のあるところはありますが、ここはやはり晴れていて雄大な風景を見ないと満足できません。
その分(?)、人はいなくて独り占めなんですけど。

鬼女台と書いて、“きめんだい”と読むそうです。
西側下の二つの丘が女性の胸部に見えたからとか。
何故“鬼”なんて付けたのでしょう?
女性は怖いというイメージを持つ人が付けたのでしょうか?
凄く面白いエピソードでもあるのかと思いました。





高原の葡萄液 5...

高原の葡萄液 5...
価格:840円(税込、送料別)



蒜山高原

2015年04月10日
蒜山高原(岡山県真庭市)に到着!

蒜山高原3  蒜山高原1
             蒜山ジャージランド

蒜山高原2

標高500mから600m程度の高原地帯であり、西日本を代表するリゾート地の一つです。
日本最大のジャージー牛の牧場なども存在する。
一帯は1936年2月1日に大山国立公園(現在の大山隠岐国立公園)に指定されている。

蒜山高原は約60万年前に火山活動を停止した蒜山三座(上蒜山、中蒜山、下蒜山)の中腹に位置します。
この地を流れている一級河川の旭川は、現在は岡山市を経て瀬戸内海に注いでいますが、大山噴火以前は日本海に向けて流れていて、現在の蒜山高原の南側が湖でした。
大変風光明媚な場所だが、かつては軍用地(昭和初期の陸軍の射爆演習場)でした。

天候がよければ、北北西の方角に中国地方一の標高を持つ名峰、大山を見ることが出来る。
Wikipediaより

蒜山高原に到着も、相変わらず雨です。
滝流しそうめんから止むことなく雨が降り続いています。

蒜山ジャージーランドでも、雨なので外を歩き回る事が出来なくて、休憩所から外を見て「広いな~」。
ここに“ラブリーちゃん”という、額にハートマークが入ったジャージー牛がいます。
見つけられると恋愛運がUP↑するとか…。
探してみたかったのですが、雨で無理でした。
ラブリーちゃん
↑これがラブリーちゃん

翌日、帰路に着く前にもう一度寄ってみたのですが、車を降りたら雷雨になってしまいました(涙)
そう、私は年季の入った雨女
こんな時に、力を発揮したくはなかったです。

今度は、晴れた時に来て、ラブリーちゃんを捜して、思いっきり高原を満喫したいです。











長州顔

2015年04月06日
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹が主人公ですが、幕末ファンとしては、やはり妹より吉田松陰やその塾生たちがきになります。
しかし、時間帯的にゆっくりとテレビの前に座っている事はなかなかできません。

チラ見しながら思う事は、「吉田松陰にしては男前すぎる」(笑)
肖像画からは男前に見えないのですが…。
イメージとしてはもっと、性格破綻者とういうか、訳のわからないような性格な人と思っていました。
あくまでもイメージです。

で、ふと思ったのが、「伊勢谷友介さんって、龍馬伝で高杉晋作だったのね。」って事です。
龍馬伝の高杉晋作もすごく良くて、高杉晋作なら伊勢谷さん!って思っていたくらいです。
でも、今回も男前過ぎるのを除けば、違和感なく吉田松陰なんです。

薩摩藩士役はどうも合わなさそう。
西郷隆盛のドッシリとして感じでもなさそう、かといって大久保利通って感じでもないですよね。
土佐藩士役は武市半平太とかはイメージに近いかもしれないけれど、ちょっと違うかな。

そう、伊勢谷友介さんは「長州顔だ!」と、勝手に思ってしまいました。
吉田松陰、高杉晋作は実証済みだし、桂小五郎とかもイメージに近いではないですか。
長州顔なんですよ。
スッキリとした感じというのかな。

ちなみに私は新選組が一番なのですが、禁門の変や池田屋事変が出てくるとしたら、新選組もチラッと登場するかなと期待しています。
そしてその俳優さんは誰?
って、松陰の妹が主人公なら出てこない?
いや、久坂玄瑞が夫ならその関係で出てくる可能性が大ですよね。







吉田松陰書簡集 岩波文庫 / 吉...

吉田松陰書簡集 岩波文庫 / 吉...
価格:778円(税込、送料別)



新年度!!!

2015年04月01日
4月になってしまいました。
どうしよう…(涙)
ちっとも書けてないよ~。

でも、頑張ろう!!







 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。