スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍たま乱太郎と尼崎展

2013年07月26日
兵庫県尼崎市で“忍たま乱太郎”展が行われています。

尼崎市総合文化センター
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
TEL 06 (6487) 0800 [総合受付]

2013年7月20日(土)~8月25日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
※火曜日休館(7/23・30、8/6・13・20)

尼崎市総合文化センター 美術ホール(5・4階)

一般 800円
大高生 600円
中学生以下無料。
団体・シニア・身体障害者割引あり。
ホームページ限定割引券もあるようです。


作者の尼子騒兵衛氏は尼崎市出身であることから、作品に登場するキャラクターにも尼崎の地名がたくさん用いられています。
本展では、原画を通して作品と尼崎との深い関わりを紐解くとともに、尼子氏秘蔵の忍者道具コレクションなどを特別に公開します。
また、併設展「尼崎 城と藩と城下町」では、江戸時代の尼崎の姿をさまざまな歴史資料によって振り返ります。廃城となって今年で140年となる尼崎城の秘密にも迫ります。
尼崎市総合文化センターHPより

ちょうど夏休みですので、関西に来られた折りに、ちょっと尼崎市にも立ち寄ってみてはいかがでしょう。
名前となった地名巡りをする人も多いそうです。
尼崎市バスなら、1日乗車券(500円)を車中販売しているので購入されて、1日巡ってみてもいいかもしれませんよ。

尼崎市といえば、ひと昔は公害の町のイメージだったと思います。
まだ国道沿線では裁判が続いていたりするのも現実ですが、随分と綺麗な町に変身しました。
緑も多いです。
主人公 乱太郎の名字“猪名寺”は左璞丘〔さぼくがおか〕の森が広がっていたりします。

是非、関西地方へ来られる方は一度立ち寄ってみて下さい。






【送料無料】尼崎Walker

【送料無料】尼崎Walker
価格:880円(税込、送料込)



【送料無料】LIFE IN DOWNTOWN [ 槇原敬之 ]

【送料無料】LIFE IN DOWNTOWN [ 槇原敬之 ]
価格:2,752円(税込、送料込)


↑尼崎の歌が入ってます。
スポンサーサイト

龍馬の血判発見!!

2013年07月25日
2013年7月25日の朝日新聞 朝刊に“25歳の坂本龍馬 熱き「血判」発見”“脱藩前 砲術家入門時の誓約書”という記事が出ていました。

坂本龍馬が25歳で土佐藩の西洋流砲術家・徳弘孝蔵に入門した際に血判を押した起請文と呼ばれる誓約書が見つかった。
高知県立坂本龍馬記念館(高知市)が24日、発表した。
龍馬の血判はほかに見つかっておらず、貴重な資料だという。

徳弘家は土佐藩の「御持筒役」を務めた家系。孝蔵は藩主の命令で、高島秋帆の流れをくむ西洋流砲術を学んだ。
誓約書の存在は知られていたが、長く所在不明になっていた。
記念館は25日から8月末まで誓約書を展示する。
誓約書には1842~63年に216人が署名したとみられ、龍馬のほか、後に土佐勤王党を率いる武市半平太や、半平太に師事した岡田以蔵、龍馬の兄の権平も名を連ねる。
箱入りの巻物で、幅約19cm、長さ約13.4m。
入門者が「学んだことを一切口外しない」などと誓っていた。
龍馬の署名は、安政6年9月20日の日付。
「坂本龍馬」と諱(実名)の「直陰」の署名があり、諱とその下にある書き判の間に血判が押されている。
江戸での剣術修行を終え土佐に帰国し、脱藩する前だった。
記念館によると、資料を破損するおそれがあり、血判の科学的な鑑定は難しいという。
だが、筆跡には同じころのほかの龍馬の署名と通じる特徴がみられ、京都国立博物館の専門家も「直筆にほぼ間違いない」と判断したという。
今月、所有者から記念館に連絡があった。
所有者との約束で、所有者の情報や再発見の経緯は明かせないという。
森健志郎館長は「龍馬を感じることができ、ファンにはたまらない資料だ」と話す。


龍馬の血判が発見されたそうです。
龍馬ってまだまだ新発見がありますね。

私は武市半平太や岡田以蔵の名前が出ている方に興味がそそられました。
また血判の血を鑑定できれば、龍馬が暗殺された時、そばにあった屏風や掛け軸に飛び散った血と同じかも鑑定できるのに…。

下種の勘ぐりでいえば、万が一直筆でなければ「あ゛~」って事になるから、理由をつけて鑑定しないのでは?なんて失礼な事を考えたり…。
所有者の事も、発見された経緯も明かせないなんて、どういうこと?!って思ってみたりします。
せめてどこの県の人とか、幕末の歴史に深い関係があるかないかとか、発見の経緯の大まかな事とかだけでも教えて欲しいです。

展示は来月末までなんですね。
どう考えても無理だぁ~。
どこかで龍馬展があればまたいつか展示されるかな?










祇園祭といえば…

2013年07月19日
先日、祇園祭の山鉾巡行がありました。
祇園祭といえば、“池田屋事件”ですよね。
新選組隊士が祇園祭を楽しんだかはわかりませんが、祇園祭は一度生で見てみたいです。

♪コンコンチキチン コンチキチン を生で聴いてみたいです。
が、この時期の京都は暑い!
35度を超えることも普通で、しかも蒸し暑い!
そして祇園祭中は人、人、人。
人に酔うぐらいの人。
なかなか足が向かないのも事実。

でも、一度は行ってみるゾ!とは思っています。


生で見てみたいといえば、会津の彼岸獅子も見てみたいかも…。

今、大河ドラマを見ながらやっぱり昔、日本テレビで見た「白虎隊」が思い出されます。
彼岸獅子の行進も、「白虎隊」のあぜ道を進む映像がよみがえってきました。
伊藤つかささんが演じていた、西郷細布子が死に切れずに、介錯を頼むのもすごく印象に残っています。
これだけ印象に残っているってことは、私にとっては凄くいいドラマだったのでしょうね。

NHKの大河ドラマもなかなか、山本八重が主人公と思えない展開が続いていて、これから山本八重といえば“八重の桜”を思い出すようなドラマになって行くのでしょうか?






★サマーセール[DVD] 時代劇スペシャル 五稜郭

★サマーセール[DVD] 時代劇スペシャル 五稜郭
価格:4,662円(税込、送料別)




 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。