スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大運寺-中島信行墓所

2011年02月28日
大運寺(神奈川県中郡大磯町大磯1004)には中島信行の墓があります。

大運寺1540  大運寺2541

JR東海道本線大磯駅から3分の所にあります。

中島信行
土佐藩士。
海援隊士。
通称は作太郎。
土佐国高岡郡新居村で藩士中島猪之助を父として生まれ、元治元年11月、中島与一郎、細木核太郎と脱藩をはかり、与一郎は国境で自害、信行と細木は周防三田尻へ亡命し、諸藩の尊攘派浪士たちに加わりました。
その後長崎へ至り、坂本龍馬の率いる海援隊に入って活動しました。

慶応3年瀬戸内海の備後鞆沖で、海援隊の伊呂波丸と紀州藩の明光丸が衝突する事件が起き、信行は長崎で紀州藩重役岩橋轍輔との交渉にあたり、償金七万両をとり決めました。

明治元年、新政府の徴士となり、外国官権判事・兵庫県判事・神奈川県令・元老院議官などを歴任、明治14年、自由党の設立にさいして副総裁となり、のちさらに衆議院議員・衆議院議員・貴族院議員、またイタリア駐在の特命全権公使などをつとめました。
幕末維新人名維新より

私が行った場所ではなく、新選組&幕末仲間が行っておしえてくれた場所です。
今後機会があれば行こうと思っています。

海援隊士で伊呂波丸事件の功労者となれば興味が出てきます。







スポンサーサイト

藤森神社火災

2011年02月16日
近藤勇が腰痛を治したという塚がある、 藤森神社(京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609)で火災がありました。

藤森神社2  藤森神社1

16日午前11時15分頃、神社境内、本殿の約20m西にある臨時受付所から出火しましをた。

本殿は焼失しなかったようですが、一人の方が亡くなったそうです。
藤森神社といえば、近藤勇が腰痛が治るという御利益を求めて来ていたそうです。
その頃には、今回火災のあった臨時受付所は無かったですが、通っていた場所が火災というのは気になります。

形あるものはいつかは無くなる…。
人的な火災であったり、天災であったりと原因は様々でしょうが、いつまでもあると思っていてはいけませんね。
新選組や幕末の史跡も然り。

それでも、ピラミッドや法隆寺など紀元前や1000年以上前の物が残っているので、つい最近ともいえる幕末のものが無くなるという気がしないのも事実です。
いつまでもそこにあって欲しいです。







会津・庄内藩とプロイセン(ドイツ)

2011年02月09日
幻の戊辰国際戦争”という新聞記事が2011年2月6日の朝日新聞にありました。

戊辰国際戦争
2011年2月6日 朝日新聞
※ またまたスキャナーが不調(涙)
  カメラで撮ったものですがアップします。スキャナーが好調になったらまた交換します。

戊辰戦争での薩摩・長州を中心とした新政府軍との対決を目前に、会津・庄内両藩がプロイセン(ドイツ)との提携を模索していたそうです。
両藩が北海道などの領地の譲渡を提案しましたが、宰相ビスマルクは戦争への中立などを理由に断ったそうです。


会津藩に外国というイメージはないですね。
でも実際は、いろいろな手段を考え、行動していたという事ですね。
もしこの提携が結ばれていたら、戊辰戦争の結果もかわっていて、さらには北海道が日本でなかったかもしれないということですよね。
今となっては、ドイツよ断ってくれてありがとうです。

でも、でも、戊辰戦争は会津藩や新選組にとっては屈辱の戦いで悲劇の舞台です。
戦争自体があってはならないものですが、この戊辰戦争があって結果がそうであったから現在があると思うと、どう考えるのが正しいのか判らなくなります。









大磯-海水浴発祥の地

2011年02月04日
松本順が海水浴場を開いた大磯(神奈川県中郡大磯町大磯)です。

海水浴発祥1543
     海水浴発祥碑

海水浴発祥2544

松本順謝恩碑1542
  松本順謝恩碑

 当時の海水浴は、潮流で身体に刺激を与え海辺の清涼な空気を吸うことでした。
泳ぐというのではなく、岩の所々に差してある鉄棒につかまり、海水につかっているだけで、いわば塩湯治のようでした。
isotabi.comより


明治時代の新聞「公文通誌」に明治7年に緒方惟準が鎌倉・七里ガ浜で海水浴をしたとの記事があるそうです。


大磯といえば、私の年代では“スター大運動会”ですね。
古い!(笑)
スター大運動会がわかる年代の男性は、騎馬戦での水着がハラリに目が釘付けだったのではないですか?

大磯が海水浴場発祥の地かは、鎌倉の七里ガ浜での記録が出てきたのであやしいのかもしれませんが、松本順が開いた場所には違いがないので幕末関係者の史跡ではありますね。





NHK-新撰組血風録- 新聞記事

2011年02月02日
2011年2月1日の朝日新聞の記事です。
NHKBSで司馬遼太郎氏の“新選組血風録”が放送されるようです。

NHK.jpg
2011年2月1日 朝日新聞

土方歳三 永井大
近藤勇  宅間孝行
沖田総司 辻本祐樹
山崎烝  加藤虎之介
桂小五郎 野村宏伸
松平容保 林泰文
芹沢鴨  豊原功補
鴻池善右衛門 近藤正臣

4月3日(日)~毎週日曜 BSブレミアム 後・6:45~7:30〈連続12回〉  
                  ※初回のみ73分版 後・6:45~7:58

だそうです。

すみません、最近テレビを見る時間がなくて、宅間孝行氏、辻本祐樹氏など数名の方は存じ上げません。
なので近藤勇や沖田総司がどんな感じなのかの想像すらつかないです。

BSで4月からなので忘れてしまいそう。
録画してでもチェックしないと。
久々の新選組ものですが、司馬遼太郎氏の新選組血風録は何度も映像化されているので、なにかインパクトの強い物がなければ残らなそうです。

やっぱりモノクロでも、栗塚旭氏、島田順司氏のものが印象に残っています。




新選組血風録新装版

新選組血風録新装版
価格:860円(税込、送料別)



新選組血風録 VOL.1(DVD) ◆20%OFF!

新選組血風録 VOL.1(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,192円(税込、送料別)





 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。