新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

アーカイブモード [2010年03月 ] 記事一覧

ちょっと一息 - 県鳥 こうのとり

城崎から久美浜や舞鶴方向に走っていると、兵庫県と京都府の境付近で鳥をみかけました。 こうのとり? 鷺に似ていたのですが、羽の先が黒かったのです。 こうのとり? テレビでしか見たことがないので、それがこうのとりなのか判らないのです(涙) 本物のこうのとりってどれぐらいの大きさなのでしょう。 すぐ近くに“こうのとりの郷公園”があるので、飛んで来る可能性はあるのです。 日本海側の“こうのとりの郷...

城崎温泉 桂小五郎ゆかりの宿

城崎温泉に桂小五郎ゆかりの宿 つたや(兵庫県豊岡市城崎町湯島485)があるそうです。 桂小五郎は京都蛤御門の変で長州は敗走。 桂は、但馬国出石出身の広戸甚助という人をしっており、彼の生国但馬へ遁れ、時の到るのを待つことを告げました。 甚助は快く受け、その夜直ちに変装して、船頭姿となり甚助と共にひそかに京の都を出て出石に着きました。 甚助の旦那寺、唱念寺に潜みましたが、会津藩士が出石に着き桂の行方を探索す...

土佐料理 流行中-新聞記事

何でもかんでも“坂本龍馬”になっていますね。 土佐料理が人気だそうです。 2010年3月26日 日本経済新聞 坂本龍馬=土佐藩=土佐料理、では土佐料理と聞いて思い浮かべるのは何でしょう? 鰹料理。 大皿料理。 柚子などの柑橘類。 鯨。 関西では、ピーマンやニラ、生姜が高知産としてスーパーでよく見かけます。 高知に行って食べた“魚介類”は美味しかったです。 やはり高知市なら太平洋に面しています...

中山道 (ほんの少し)

先日、中山道を数百mだけ通りました。それも車で…なので写真がありません。 通ったのは、滋賀県蒲生郡安土町武生付近です。 赤い部分が今回通った“中山道”です。 国道8号が中山道ですが、この付近は一本住宅街に入った狭い道が本来の中山道だそうです。 中山道と記された道標もありました。 (この道標は新品でした) 本当に狭い道で、車が一台通るのがやっとという感じでした。 そういえば、昆陽宿を巡った...

河田小龍画集-新聞記事

龍馬と親交があった河田小龍の画集が発見されました。 2010年3月21日 日本経済新聞 新聞記事には、「小竜の作品であることに疑いの余地はない」とあります。 “確定”ではないようですね。 ほぼ確定? 香川県琴平町の金刀比羅宮には行ったのですが、大絵馬「捕鯨図」は見た記憶がないのです。 なので小龍の画風がどのようなものなのか、残念ながらわかりません。 何かの本でチラッとは見ているような気がしますが&hel...

ひとりごと

明後日の水曜日まで更新できないと思います…...

兵庫津

西国街道(山陽道)の本宿、兵庫津(神戸市兵庫区)は宿本陣や脇本陣に9軒の浜本陣がありました。 <浜本陣> 大名と直接契約していた問屋業者。 藩の物産を一手に扱う特権が与えられていました。 大名も参勤交代の時など、宿本陣ではなく自分の藩の浜本陣に宿泊しました。 その為、立派な屋敷が建てられていました。 兵庫津の浜本陣は、現在の中央卸売市場南側、出在家町の一角です。 小豆屋(畠山助右衛門方)が薩摩藩の定宿で...

天保山台場の大砲

2008年9月23~24日のブログに書いた天保山にあった大砲が今も残っているそうです。 その場所は大坂城(大阪府大阪市中央区大坂城1-1)天守閣の大門脇です。 幕府の命を受けた美作津山藩が、文久3年に鋳造した大砲です。 明治のはじめに大坂城内に移され、明治3年からは1日3回、7年からは正午に時刻を知らせる空砲が打たれていたそうです。 大正の終わり頃に廃止されました。 幕末歴史散歩 京阪神篇 大坂城に幕末の天保...

龍馬銀貨-新聞記事

地方自治法施行60周年記念・高知県の“龍馬銀貨”の申し込みが始まりました。 2010年3月17日 朝日新聞 地方自治法施行60周年記念・47都道府県銀貨があることご存じでした? 私だけが知らなかったのでしょうか? 高知はやはり龍馬できましたか。 人物は初だとか…? ん? 違いますか? ちょうど今、龍馬ブームですしね。 1,000円の銀貨が箱に入ったら6,000円になるのですか? 高い! でも売れるのでしょうね。...

坂本龍馬と親戚?

平成の坂本龍馬になりたいそうですね。 子ども手当を貰っていた方の弟さん。 “いとこのいとこの 曾祖母の弟が坂本龍馬”だとか…。 “いとこのいとこ”でどれだけ横に広い(直系から遠いか)か断念。 さらにその上にトン、トン、トンと登らないければなりません。 “友達の友達が ○ルカイ○” といっていた事とあまり変わらない気もします。 坂本龍馬と親戚だから、自分も平成の坂本龍馬の...

薬仙寺&海蔵寺

薬仙寺(兵庫県神戸市兵庫区今出在家町4-1-14)や海蔵寺(兵庫県神戸市灘区国玉通3-6-3)は長州藩が陣をおいたり駐屯したりしました。 嘉永6年6月、アメリカのペリー艦隊が来た時、長州藩は兵庫県西宮市武庫川から神戸市須磨までの約36㎞の海岸線の警備を命じられました。 3,000人の兵力が配置されました。 長州藩は本気で攘夷を考え、地元住民から縦隊を組織して、村ごとに1,2小隊を編成させようとしましたが、幕府...

容保桜 京都府庁-新聞記事

京都府庁旧本館の中庭にある珍しいヤマザクラが、京都守護職だった幕末の会津藩主、松平容保にちなんで“容保桜”と命名されたそうです。 中庭にある桜のうちの1本が、ヤマザクラの亜種でオオシマザクラの特徴も併せ持つ珍しい品種でした。 通常のヤマザクラと比べて花びらが大きい特徴があります。 府庁旧本館は1904年に完成したレンガ造りの本格西洋建築で、国の重要文化財。 4月に見ごろを迎える予定。 2010年3月1...

高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴-YOMIURI ONLINE ネット記事

高杉晋作ゆかりの品を展示する東行記念館(山口県下関市休館中)を運営する宗教法人東行庵が9日、同県萩市と晋作のひ孫の男性(77 東京都三鷹市)を相手取り、萩市が保管している遺品69点の返還などを求める訴訟を起こしました。 訴状などによると、東行庵は晋作の墓を管理し、産着や木刀、書簡などの遺品を記念館で保管。 だが、高杉家側が2003年2月、「管理が不十分」として遺品の大半にあたる227点を引き揚げ、04年11月から...

伊藤博文銅像

伊藤博文の銅像(兵庫県神戸市中央区楠町7)にあったそうです。 伊藤博文は維新後、初代兵庫県知事になりました。 明治37年には存命中に、伊藤博文銅像が湊川神社(兵庫県神戸市兵庫区多聞通3-1-3)に建てられました。 この銅像は、翌年9月7日、日露戦争ポーツマス条約締結に反対する人々に倒されました。 伊藤博文が明治42年10月26日にハルビン駅で暗殺され、神戸新聞社や地元の実業家が再び神戸に銅像をたてようとしまし...

舞子砲台

舞子砲台跡(兵庫県神戸市垂水区東舞子町4)の石垣が残っているそうです。 明石藩が領内沿岸の松江から垂水まで、9ヶ所に砲台を築きました。 管理したのは、明石藩砲術師範の荻野家でした。 その一つが舞子の浜の舞子砲台です。 舞子砲台だけは、稲妻形(六角屏風形)の稜堡式という西洋要塞を参考にしていました。 勝海舟の指導をうけ、文久2年着工、慶応2年完成(異説あり) JR山陽本線舞子駅の海側、国道沿いのマンション...

和田岬砲台

神戸港の入り口・和田岬に軍艦奉行並勝海舟の調査、設計で和田岬砲台(兵庫県神戸市兵庫区和田崎町1-1-1 現:三菱重工業株式会社 神戸造船所内)が築かれました。 1年半、25,000両で、元治元年12月に完成しました。 工事を請け負ったのは、御影村(神戸市東灘区)の嘉納治郎作でした。 和田岬砲台は形が臼に似ているので「臼砲(きゅうほう)」、石がつんであったので「石堡塔(せきほうとう)」とも呼ばれました。 外郭部...

生島四郎太夫別邸

勝海舟が一時宿とした生島四郎太夫別邸(兵庫県神戸市兵庫区五宮町26)が残っているそうです。 神戸海軍操練所の建設に、大坂船手組(幕府の海軍)の所管で勧められましたが、神戸村の大庄屋生島四郎太夫らが協力しました。 生島と海舟は路上で偶然出会い、意気投合したそうです。 小さな田舎町の神戸の地を高く評価していた海舟は、世話になっている生島四郎太夫に「土地を買っておけ」とアドバイスしたそうです。 維新後は地価が...

幕末風遊紀行・土方歳三-綾鷹 広告

ペットボトルのお茶、綾鷹の広告に司馬遼太郎の“新選組血風録”の土方歳三が取り上げられていました。    2010年3月3日 日本経済新聞 (記事が大きいので、2分割しています) 幕末シリーズでトップは土方さんです! 龍馬ではなく土方歳三! 珍しい!そして嬉しい! “新選組血風録”は確かに読みました。 そうそうこんな場面、確かにありました。 テレビドラマでは見たことないのですが、栗塚旭氏の土...

岩崎弥太郎の母の壺-新聞記事

NHK大河ドラマ「龍馬伝」にも登場した、岩崎弥太郎の母美和が床下から出してきた壺が発見されたそうです。 2010年3月2日 朝日新聞 あのドラマのあのシーンは実話だったのですね。 中に寛永通宝が177枚も入っていた話を知ると、何か判らないですが、感動してしまいました。 美和は弥太郎が三菱財閥を創設し成功。 お金に困らなくなった時、やはり嬉しかったのでしょうね。 だからと言って、贅沢をしたのかは調べきれていない...

善照寺は専称寺?

これから行きたい史跡です。 神戸海軍操練所の建設が決まり、勝海舟が神戸海軍所造艦所取建掛けとなった前後、海舟のもとに多くの若者たちが集まりました。 海舟は門下生たちを大坂の宿舎に住まわせました。 坂本龍馬も塾頭になっています。 その場所がお龍の回顧によると、“大阪市淡路町の“善照寺”なのですが、現在そのような名前のお寺はありません。 神戸に移転した“専称寺”(兵庫県神戸市中央区...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<02 | 2010/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム