新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

アーカイブモード [2009年10月 ] 記事一覧

笹の滝

笹の滝(奈良県吉野郡十津川村大字内原)だと思います。 ではこの滝はどこなのでしょう? フラッと立ち寄る事も多いので、その時に何かに記しておかないと、いつもこんな事になってしまっています。   最初の写真は“笹の滝”にほぼ間違いないはずです。 大峰山系から流れる滝川の上流にある滝で、落差約32mです。 国道168号から山の中に入るようです。 風屋貯水池の風屋ダムの風屋大橋近くから分岐するのだと思い...

鷲羽山より小豆島方面

鷲羽山(岡山県倉敷市下津井田ノ浦)から小豆島方面を眺めました。    【小豆島】 瀬戸内海・播磨灘にある島で香川県に属します。 人口は約32,000人。 古くは「あづきしま」と読みました。 そうめん、醤油、佃煮、ごま油、オリーブなどの生産が盛んです 壺井栄の小説“二十四の瞳”の舞台です。 高松市の沖合いに浮かび全国で19番目、瀬戸内海で2番目の大きさを誇ります。 本州、四国側から橋梁、トンネルなどでつな...

祝!! 40,000

ありがとうございます。 カウンターの数字が、40,000を超えました。 最近は私事で、更新もままならず。 さらに、そんなこんなで更新しても新選組や幕末に関係のない場所ばかりだったりです。 それなのに、皆様のおかげで40,000という、当初想像もできなかった数字に辿りつきました。 まだまだ、これからも続けて行きますが、もうしばらくは毎日の更新はできなさそうです。 スキャナーの使い方もまだ判っていないので、写真を読み込...

灘黒岩水仙郷

灘黒岩水仙郷(兵庫県南あわじ市灘黒岩)です。        灘黒岩水仙郷より 諭鶴羽山の南側45度の斜面に面した約7haに、500万本の野生のスイセンが群生してます。 日本三大群生地の一つに数えられるスイセンの名所です。 今から約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが始まりとされています。 花は一重咲きの野生の二ホンスイセンが中心で、わずかに八重咲きの花も混じっています。 南あわじ市HPより 西...

しゃくなげの里

しゃくなげの里(兵庫県佐用郡佐用町延吉1203-5)が兵庫県佐用町にあります。 佐用町の平福は江戸時代には城下町として、また因幡街道の宿場町として栄えていました。 しゃくなげの里は、昭和54年、法師塚にお堂を建てた記念して1本のしゃくなげを植えたことから始まりました。 今は150種、1万本あります。 しゃくなげの里から播磨の山々を望む 智頭急行平福駅から国道373号を北へ歩いていきます。約1.5㎞です。 中国自動車道...

永澤寺

永澤寺(兵庫県三田市永沢寺210)の芝桜です。    通幻禅師が禅道場として開創しました。 約5000㎡の畑に1億輪の芝桜の大群落がみられます。 北海道以外では唯一の芝桜専門園。 地面を全く見せないほど咲き詰めることから「花のじゅうたん」と名付けられています。 【情報】 現在寺の門前に造られている永沢寺花菖蒲園は、正確には境内ではありませんが、花菖蒲園のすぐ向こうには、山門と本堂の屋根が見えます。 品種と株の多...

三段壁

千畳敷と並んで有名な景勝地、三段壁(和歌山県西牟婁郡白浜町三段)です。 千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50m~60mの断崖。 断崖絶壁の名勝として知られます。 断崖の先端には展望台があるので、雄大な海を見ることができます。 その昔、船や魚の群れ(鯨との説もあり)を見つけるための監視場(見壇・みだん)があり、これが転じて三段壁(みだんべき・見壇壁→みだんぺき→さんだんべき・三段壁)と呼ばれる様にな...

千畳敷

千畳敷(和歌山県西牟婁郡白浜町日置)は有名な景勝海岸です。 新第三紀層の砂岩から成る、太平洋に面したスロープ状の岩盤です。 砂岩は非常に柔らかいため、打ち寄せる波の浸食を受け、複雑な地形を形成しています。 その広さはおおよそ4haで、畳を千枚敷けるほどの広さであることが名前の由来になりました。 三段壁・円月島と並んで、白浜町の景勝地として知られています。 普段は岩盤の上を歩くことが出来ますが、天候が悪く...

時代祭

今日は時代祭だったのですよね! すっかり忘れていました。 引っ越しで、まったく余裕がありません。 ずっと前に行った時代祭の写真を、時代祭の時期に合わせてアップしようと考えていたのに…。 私が見た時は、先頭を歩く(演奏しながら歩いています)山国隊の先頭の男の子が恰好よかったのです(笑) しかし山国隊は、高校生前後が参加するはずなので、今はとっくに卒業しています。 今年の山国隊はどうだったのでしょう?...

長岡天満宮

ツツジで知られた長岡天満宮(京都府長岡京市天神2-15-13) です。 菅原道真が大宰府に左遷となった際、この地に立ち寄った縁故により創立されたといいます。 寛永15年に八条宮智仁親王によって“八条ヶ池”が築造されました。 八条ヶ池のキリシマツツジは有名です。 Wikipediaより 阪急電鉄長岡天神駅を西側に出ます。 駅の南(大阪方面寄り)の道を西にまっすぐ歩きます。約200mで長岡天満宮前の交差点に出ます。...

龍馬への年賀状-新聞記事

来年の大河ドラマが“龍馬伝”だからでしょうか、龍馬の話題が多くみられます。 2009年10月19日の日本経済新聞にも、龍馬への年賀状の記事がありました。 龍馬から手紙が来るのではなく、“龍馬へ”手紙を書くというものです。 年賀状セットなので、普通に使える年賀状込みですね。 ホームページからの販売のみで、2,000セットしかありません。 龍馬から返事(龍馬の書いた手紙からの文の引用など)が来るの...

赤目四十八滝

直木賞を受賞した車谷長吉原作の『赤目四十八瀧心中未遂』の舞台である、赤目四十八滝(三重県名張市赤目町)です。 赤目五瀑 荷担滝 高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが、荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。 滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり、渓谷随一の景観と絶賛されています。 赤目四十八滝渓谷保勝会HPより 48という名がついているものの...

適塾 緒方洪庵夫妻-新聞記事

2009年8月30日の讀賣新聞 日曜版の記事です。 緒方洪庵夫妻について書かれています。 新聞が何故こんなにクシャクシャか? それは100円ショップの、割れ物を包む為に置かれていた新聞だからです(笑) 本当に偶然見つけました。 適塾といえば、福沢諭吉に大鳥圭介が出てきます。 大鳥圭介は箱館戦争で土方歳三と深い関係がありますから、名前を見ると魅かれますね。 適塾という場所で学んでも、その後の人生の方向は対極にあった...

おりょう座像&2009年秋季特別展-霊山歴史館

霊山歴史館(京都府京都市東山区清閑寺霊山町)に、坂本龍馬の妻 おりょうの座像が出来たそうです。 日本経済新聞 2009年10月15日この像は21日から公開されるそうです。 おりょうの像までいりますか? (おりょうさんが嫌いとかいう意味ではありません。) それが率直な感想です。 確かに龍馬の歴史の中では、“寺田屋の裸体階段駆け上がり”や“新婚旅行”などエピソードはたくさんあります。 しかし、歴史...

伝言板3

新しい環境でのお試しです。一応、更新はできそうですが、今度は資料が…。どこかに埋もれています。さらにパソコンに落とした写真は前のパソコンの中のままです(涙)できる範囲で更新はしていきたいと思います。...

伝言板2

引越し中です。なかなかネットが出来る環境を整えられません。今、この記事は、実家に寄って、もとのパソコンで書いてます。パソコンが繋がっても、無事にブログのお引越しが出来るか…それもまだ謎です(笑)頑張って、再開しますので宜しくお願いします。...

伝言板

私事ですが、引越しで数日間ブログの更新はお休み致します。いつも見に来てくださる方、初めて見てくださった方、数日後にはまたお会いしたいと思います。遅くなっても、必ず再開します。無事にブログの引越しが出来るか…不安です。自分の引越しも大変です(笑)...

鷲羽山からの瀬戸大橋

鷲羽山(岡山県倉敷市下津井田ノ浦)からの瀬戸大橋の眺めです。    山名は、北東側から遠望すると、鷲が翼を広げた姿に見えることに由来しているといわれています。 別名・鍾秀峰。 瀬戸内海に面し、瀬戸大橋全景や備讃瀬戸に浮かぶ塩飽諸島の島々を望めます。 山頂展望台から、北側に広がる児島地域の町並みや、遠く玉野市、高松市等も望めます。 また、中腹から山頂にかけて古墳が点在。 Wikipediaより 瀬戸中央自動車道児島...

井伊家の橋本左内墓参り

井伊直弼の子孫の方が、橋本左内の墓参りをされたそうです。 2009年10月8日の朝日新聞の記事です。 橋本左内といえば、“安政の大獄”で処刑された大物の一人です。 井伊直弼の子孫が橋本左内のお墓参りをするというのは、歴史が今も続いているという事ですよね。 少し前に、徳川家が赦すという書状を書いたら、歴史研究家に怒られたという記事がありました。 井伊直弼の子孫が橋本左内のお墓に参るというのは、それに...

与島の夕景

与島PA(香川県坂出市与島町)で夕日を見ました。    坂出北ICから瀬戸大橋を通って8.2㎞の海上に位置します。 「与」は「くみする」の意で、多くの島が組になっているので与島になったという説もあります。 【面積】1.10平方㎞ 【周囲】4.3㎞ 【標高】74m 【世帯数】73世帯(2005.10.1) 【人口】142人(2005.10.1) 与島PAは上下線集約エリアであるため、Uターンが可能である。そのため与島PA利用者は同PA退出時に進行方...

瀬戸大橋

与島から瀬戸大橋(岡山県倉敷市と香川県坂出市)を撮りました。    1978年の着工から9年6ヶ月を経て1988年4月10日供用開始されました。 総事業費はおよそ1兆1338億円である。 橋梁上部構造部分は、上部に4車線の瀬戸中央自動車道が走り、下部にJR本四備讃線が通る2階建ての構造であり、用途が2通りあることから「鉄道道路併用橋」と呼ばれています。 塩飽諸島の5つの島の間に架かる6つの橋梁と、それらを結ぶ高架橋により構...

大鳴門橋

大鳴門橋(兵庫県南あわじ市福良丙 (淡路島門崎)と徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦(大毛島孫崎)間)です。 橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3m。 上下2層式。 上部は片側3車線の道路(現在は計6車線の内、中央4車線を使用)、下部は将来的に鉄道 (四国新幹線)を通すことが出来る構造となっています。 歩行者については、淡路・徳島線・鳴門・淡路エクスプレス号などのバスを使わなければいけま...

飛島-鳴門海峡

鳴門海峡・大鳴門橋の袂にある、飛島(徳島県鳴門市)です。    島にはクロマツをはじめ、塩性の強い暖地の植物が生えています。 また向かって正面の岸壁には、イブキという針葉樹が群生し、大きいものは周りが1mにも及んでいます。 イブキは、本州や四国、九州の表日本に分布するヒノキ科の珍しい植物です。 この島では、分布的にも風致的にも貴重な植物として、天然記念物に指定されています。 現地説明板より 大鳴門橋の徳...

眠れぬ夜に-BLEACH

ここでBLEACH(久保帯人氏)を紹介するのも変かな? と思ったのですが、前にも書いたのですが、私がBLEACHが気になったきっかけが、“白足袋”と“日本刀”、“羽織袴”でした。 これはまさに、幕末スタイル(江戸時代全般という方が正確?)ではないですか! BLEACH(41) 話の内容はもちろん幕末とは関係ありません…(涙) でも、日本刀の命である、あの美しい細身の刀身が...

伊勢志摩

伊勢志摩(三重県 志摩半島の南部地域)と呼ばれる辺りです。    狭義では志摩半島の南部地域。 広義では伊勢市二見町東端の松下池ノ浦海岸から旧伊勢国の熊野灘沿岸部に至る地域。 行政区分ではそれぞれ志摩市のみ及び、志摩市以外に鳥羽市と度会郡南伊勢町を含む地域。 志摩地方は昭和初期まで陸の孤島が数多く、他の地方では見られなくなった民俗伝承・街並みが残る地域です。 沿岸が起伏に富むリアス式海岸になっています。...

真田家と井伊家-新聞記事

2009年10月2日の朝日新聞(関西・夕刊)の記事です。 真田家と井伊家です。 真田家といえば、私には真田幸村です。 といっても詳しくはないのですが、真田十勇士や戦国時代の代表的な人物としての認識です。 井伊家といえば、大老井伊直弼と彦根ですね。 真田家は“幸”、井伊家は“直”の字が代々受け継がれているのは、何となく想像できます。 実際それは凄い重圧なのでしょうね。 でもこの時代ですから、...

大王埼灯台

大王埼灯台(三重県志摩市大王町波切54-1)。    三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ中型灯台 です。 灯台の立っている地は波切と言い、遠州灘と、熊野灘の荒波を切り分けるように突き出していることに由来するという話があります。 付近の海域は、険礁、暗岩が散在しており、江戸時代、関東と関西の間をさかんに往来した千石船の船頭達の間にも、俗に、大王沖で難破しても、船頭の責任は問われない、と言われたほどの航海上の...

徳川御三家-新聞記事

2009年10月1日の朝日新聞(関西・夕刊)は、徳川御三家でした。    徳川御三家といえば、超が付くほどのお殿様です。 しかし意外とごく一般的な (といっても、大手企業に勤められています。それぞれの方の努力の賜物のはずです。) 生活をされているように思います。 ただ、先祖が残したものを守るために、週末に名古屋や水戸に通ったりと大変な生活はされているようです。 でも、“お殿様”という雰囲気を撒き散ら...

室戸岬灯台

室戸岬灯台(高知県室戸市室戸岬町6939)です。        室戸岬灯台の第1等レンズ   室戸岬灯台からの風景 実効光度160万カンデラと光達距離26海里(約48㎞)は、共に日本一。 また、日本に6箇所しかない直径2.6mの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台でもあります。 更には、日本の灯台50選の一つ。 歴史的価値から海上保安庁によってAランクの保存灯台にも指定されています。 明治32年 初点灯。鉄製で白一色に...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<09 | 2009/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム