工藤祐経墓

2009年07月31日
工藤祐経墓(静岡県富士宮市上井出361)があります。
工藤祐経の墓2  工藤祐経の墓1
工藤祐経の陣所が置かれた所だといわれ、祐経の墓があります。

工藤祐経は、父の祐継が死に所領を継ぐと、叔父の伊東祐親が後見人となり、祐経は祐親の娘・万劫御前を妻としました。
祐経は上洛して平重盛に仕えるようになりました。
歌舞音曲に通じており、「工藤一臈」と呼ばれました。
しかし、祐経が在京している間に祐親は祐経の所領を横領してしまい、妻の万劫御前まで奪って土肥遠平に嫁がせてしまいます。

祐親を深く怨んだ祐経は、安元2年10月、郎党に祐親の狩の帰りを狙い打たせました。
刺客の放った矢は祐親の嫡男・河津祐泰に当たり、祐泰は死にました。
祐泰の妻の満江御前とその子、一萬丸(曾我祐成)と箱王(曾我時致)が残されます。

源頼朝が挙兵したのち、元暦元年4月以前より家臣として活動しています。

元暦元年、一ノ谷の戦いで捕虜となり、鎌倉へ護送された平重衡を慰める宴席で鼓を打ち、今様を歌っています。
祐経は平家の家人であった事から、重衡に同情を寄せていたといいます。
同年、源範頼の軍に加わり、山陽道を遠征し豊後国へ渡ります。
文治2年4月、静御前が鶴岡八幡宮社前で白拍子の舞を行ったときに、鼓を打ちました。
文治5年、奥州合戦に従軍。
歌舞音曲に通じ教養のある祐経は、頼朝に重用されました。

建久4年5月、頼朝は、富士の裾野で盛大な巻狩りを開き、祐経も参加。
巻狩りの最後の日の5月28日深夜、曾我祐成と時致の兄弟が祐経の寝所に押し入り、祐経は父の仇として兄弟に討たれたのです。(曾我兄弟の仇討ち)
Wikipediaより


曽我の隠れ岩からさらに、東方へ歩きます。
150mほどです。
赤い祠の中に墓石があります。

祠があったのですが、その中に墓石がありました。
雨が降ったり止んだりの天気で、曇っていたので辺りは薄暗く、少し怖い雰囲気でした。
多分に、工藤祐経や曾我兄弟、それに関する仇討の話を知らないので、もしかして恐ろしい話の舞台で、工藤祐経に“祟り”などの話があったらどうしよう等と色々と想像してしまいました。

今、こうして改めて大まかな話を知ると、工藤祐経は仇討されるような人物か?と疑問に思います。
叔父の伊東祐親が悪巧みを画策していて、工藤祐経は被害者ではないですか。
伊東祐親が狙われるのは当たり前ですよね?
(仇討=人殺しがダメなのは判っていますが、当時、仇討は悪ではなかったという前提です。)
それが息子に当ってしまったのは、不幸でした。

曾我物語の内容をよく知らないのでトンチンカンな事をいっていたらすみませんが、
曾我物語というぐらいですから、曾我兄弟が“善”で工藤祐経が“悪”ですよね?
なんだかそれは違うような…。

でもそれは、幕末の歴史を官軍側からみるか、幕府軍側からみるかで、善と悪が入れ替わるのと同じことなのかもしれませんよね。



ミネラル豊富な富士山溶岩が繊維に!マットとシーツでW効果!富士山溶岩シーツご注文後1週間前...







ミューバナディス2L 6本セット
2,968円

白糸の滝

2009年07月30日
音止の滝の奥に白糸の滝(静岡県富士宮市上井出)です。
白糸の滝3  白糸の滝4

白井ノ滝1  白糸ノ滝2
上流に川は存在せず、富士山の雪解け水が溶岩断層から湧き出し滝を形成しています。
水量は毎秒1.5t。幅200m、高さ20mの崖から絹糸を垂らしたように流れる様子からこの名が付いています。

富士の巻狩りの際に滝に立ち寄った源頼朝は詩を詠んでいます。
「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝」
Wikipediaより


音止の滝を見てさらに進むと、白糸の滝です。
名前の通り、糸のように細い滝がいくつも目に入りました。
さすがに見たことがない風景です。
と、思ったのですが、実は…、
中学生の時、修学旅行でここを訪れて、クラス写真を撮っているのです。
白糸の滝という名前に記憶はあったのですが、この風景の記憶はあまりないのです。

写真を引っ張り出してみて見ました。
同じ風景です!(あたりまえ 笑)
やはり雨あがりのような感じでした。
滝の飛沫の影響だけだったのか、雨も降ったのか…。思い出せません。

音止の滝と比べるとやはり、こちらは糸を垂らしたように静かな感じで流れています。
幻想的なのはこちらですね。
“滝”という迫力を見るのならば、音止の滝です。

富士山の神秘を感じました。



2009年6月累計販売なんと25000食突破!テレビ「ぷっすま」登場!B-1グランプリ 送料無料★元祖...





日本の滝100選

音止の滝

2009年07月29日
音止の滝(静岡県富士宮市上井出新田)です。
音止の滝1  音止の滝2
音止めの滝の名前の由来は、かつて源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際に、曽我兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとし、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れません。
そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説によります。
曽我兄弟は見事に本懐を遂げました。

芝川本流の落差約25mの名瀑です。
豪快で雄々しい滝であり、白糸の滝とは対照的。
付近には曽我兄弟の隠れ岩、工藤祐経の墓、源頼朝が鬢の乱れを直したという泉があります。
Wikipediaより


富士急静岡バスの権現橋バス停からが近いでしょうか。
車で来られる方の方が多いようですね。
白糸の滝に行く途中にあります。
この前を通らなければ白糸の滝にいけないので、見落とすことはありません。

音止の滝という名前から、音が止まっているほど静かな滝かと思っていたら、まったく正反対の滝でした。
音が大きいので密談できなくて、神に念じて“音を止めた”滝だったのです。
滝そのものは、驚くほど大きなものではありませんでした。
しかし水量は多くて、大きな音がしていました。

この滝の音が止まった時、それは水の流れが止まったのか、音だけが消えたのか、どちらだったのでしょうね。
音が止まった瞬間を私も体験してみたいです。

滝つぼに降りられないので、下から見ることが出来ないのが残念でした。
降りられるような地形の場所ではなかったので、仕方が無いですね。
無理に遊歩道などをつけて自然破壊に繋がるより、今のままでいいのかもしれません。



【メール便対応可】 全10柄 うわさの85パーセント おしゃれなレインコート 在庫あり【メール...



家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!

【JTB】ファミリー旅行特集

曾我の隠れ岩

2009年07月28日
曾我の隠れ岩(静岡県富士宮市上井出)というものだそうです。
曽我の隠れ岩2  曽我の隠れ岩1
曾我兄弟が工藤祐経を討つ時に、隠れていたという大岩。

<曾我兄弟の仇討> 赤穂浪士の討ち入りと伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの一つ。

所領争いのことで、工藤祐経は叔父・伊東祐親に恨みを抱いていました。
安元2年10月、祐経は郎党の大見小藤太と八幡三郎に狩に出た祐親を待ち伏せさせていました。
2人の刺客が放った矢は一緒にいた祐親の嫡男・河津祐泰に当たり、祐泰は死んでしまいます。
刺客2人は暗殺実行後すぐに伊東方の追討により殺されています。

祐泰の妻の満江御前とその子・一萬丸と箱王丸(筥王丸)が残され、満江御前は曾我祐信と再婚。一萬丸と箱王丸は曾我の里で成長。
兄弟は雁の群れに亡き父を慕ったと伝えられます。

その後、治承・寿永の乱で平家方についた伊東氏は没落し、祐親は捕らえられ自害。
一方、祐経は早くに源頼朝に従って御家人となり、頼朝の寵臣となっています。

祐親の孫である曾我兄弟は厳しい生活のなかで成長し、兄の一萬丸は、元服して曽我の家督を継ぎ、曾我十郎祐成と名乗りました。
弟の箱王丸は、父の菩提を弔うべく箱根権現に稚児として預けられました。

文治3年、源頼朝が箱根権現に参拝した際、箱王丸は随参した敵の工藤祐経を見つけ、復讐しようと付け狙いましたが、敵を討つどころか逆に祐経に諭されて「赤木柄の短刀」を授けられる(のちに五郎時致は、この「赤木柄の短刀」で工藤祐経に止めをさした)。

箱王丸は出家を嫌い箱根を逃げ出し、縁者にあたる北条時政を頼り(時政の前妻が祐親の娘だった)、烏帽子親となってもらって元服し、曾我五郎時致となりました。
時政は曾我兄弟の最大の後援者となります。
曾我兄弟は父の仇討ちを決して忘れなかった。

建久4年5月、源頼朝は、富士の裾野で盛大な巻狩を開催。
巻狩には工藤祐経も参加しています。
最後の夜の5月28日、曾我兄弟は祐経の寝所に押し入ります。
兄弟は酒に酔って遊女と寝ていた祐経を起こして、討ち果たしました。
騒ぎを聞きつけて集まってきた武士たちが兄弟を取り囲みます。
兄弟はここで10人斬りの働きをするが、ついに兄十郎が仁田忠常に討たれてしまいます。
弟の五郎は、頼朝の館に押し入ったところを、女装した五郎丸によって取り押さえられました。

翌5月29日、五郎は頼朝の面前で仇討ちに至った心底を述べています。
頼朝は助命を考えたが、祐経の遺児に請われて斬首を申し渡し、五郎は従容と斬られた。

なおこの事件の直後、しばらくの間鎌倉では頼朝の消息を確認することができなかった。
頼朝の安否を心配する妻政子に対して巻狩に参加せず鎌倉に残っていた弟源範頼が「範頼が控えておりますので(ご安心ください)。」と見舞いの言葉を送りました。
これが謀反の疑いと取られ範頼は伊豆修善寺に幽閉され、のちに自害したと伝えられています。
Wikipediaより


富士急静岡バスのバス停芝山入口からが近いようです。
バスの本数は少ないようなので気をつけて下さい。

私は、白糸の滝駐車場から歩いて行きました。
市営白糸駐車場からだと歩いて数分でした。

小さな橋を渡り、地図にもなような細い道を歩いていると、説明板らしきものがありました。
“隠れ岩”とあるので、どうやらこの説明板の後ろにある大きな岩がそれのようです。
説明がなければ、ただの大岩(失礼)。
大きな岩があるなぁ~で終わっていたと思います。

裏に回って隠れてみました。
大人の男性2人が隠れるには少し窮屈かも…。
1000年近く前だと、道もないような草が生い茂る場所だったかもしれないですね。
史跡が岩だと1000年ぐらいは容易に残るのですね。
曾我兄弟は本当にこの岩に隠れたのでしょうか?
1000年前の出来事の場所がポイントで判っている…それって凄いことですよね。
新選組の史跡でさえ不明な場所が多いのに。



曾我兄弟







駿河湾産桜えびごはんセット(炊き込みご飯の素) 2合用×6袋
3,799円








最上階展望風呂から富士山を一望。フレンチコースプラン/和洋室
11,700円


富士急静岡バス

勝海舟寓居跡

2009年07月27日
和歌山市にある勝海舟寓居跡(和歌山県和歌山市船大工町28)です。
勝海舟寓居跡347
勝海舟は、文久3年4月、海岸砲台検分のため数日間和歌山に滞在していました。

文久3年4月10日、龍馬は勝海舟を訪ねています。
龍馬は16日には越前福井の松平春嶽のもとへ出立しています。

実際の場所は、ここから少し川の方へ行った所だったそうです。
坂本龍馬日記などより


JR紀勢本線と南海電鉄和歌山市駅から、前の道をまっすぐ約200mの交差点にあるお店の前にあります。
JR阪和線・紀勢本線・和歌山線とわかやま電鉄貴志川線の和歌山駅からだと、西口からけやき大通りを和歌山城に向かって歩きます。
お城を過ぎて西汀丁交差点から中央大通りを北へ、川を渡り船大工町交差点で左の道へ入ります。
次の五差路の交差点のお店の前にあります。
約2.5㎞です。

和歌山駅と和歌山市駅だと全然距離が違います。

和歌山にふらっと遊びに行った時に、偶然見つけたのです。
そのため、私はカメラを持っていませんでした。不覚。
携帯のカメラで撮ってもらったのを、貰ったのがこの写真です。
少し前の携帯カメラのものなので、若干不鮮明です。
(当時としてはいいカメラだったはずですが、携帯の進化は早すぎていまでは…。)
それでも、何も手元に残らないより100%嬉しいです。

見つけたときは、“勝海舟だ!!”と叫んでしまいました。
和歌山に勝海舟が来ていたのです。
ところが、帰宅後確認してみると、坂本龍馬も勝海舟を訪ねて来ているのです。
勝海舟の史跡ですが、坂本龍馬の史跡でもあるのです。

確かに和歌山城にも近く、和歌山港もすぐそこです。
滞在するにはいい場所だったのでしょう。

今はお店になっていますが、実際はもう少し川に近い場所だったともいいますので、この場所!と単純に喜べないかもしれませんが、同じ場所を歩いているはずです。
紀ノ川を見たはずです。
思わぬところで同じ空気を感じることが出来ました。


ポスカ・メモ 「勝海舟」ポスカ・メモ 「勝海舟」
()
不明

商品詳細を見る



【テレビ朝日学べる!ニュースショー!!で紹介】【30%OFF】極上紀州梅干口コミで話題!の送料...




和歌山から採れたての野菜、果物を産地直送します。
4,980円

忍野八海-菖蒲池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草444-2)の菖蒲池です。
菖蒲池2  菖蒲池1

【菖蒲池】
むかしこの池の近くに仲の良い若夫婦が住んでいました。
ところが、不幸にも夫が肺病にかかり、妻はできるだけの力を尽くして食事や医薬の世話をしましたが、夫の病は重くなるばかりでした。
妻はもう神仏に助けを求める以外にないと考え、この池の水を浴びて身を清め、一心不乱に祈願しました。
すると、ちょうど37日目に「池の菖蒲をとって夫の身に巻けば、夫を苦しめている病魔は必ず退散する」という神のお告げがあったのです。
妻はお告げのとおりにしました。
重病だった夫の病も日増しに熱が下がり、食べ物もたべられるようになって、起きて出歩くようになり、一ヶ月たたないうちに全快したといわれています。

毎年旧正月14日には筒粥の神事をこの池で行い、年内五穀の豊凶を占ったともいわれています。
八海めぐり第8番の霊場で、優鉢羅竜王を祀り、
石碑には「あやめ草名におふ池はくもりなき さつきの鏡みるここちなり」との和歌が刻まれています。

現在は沼地と化しています。
その名の通り周囲に菖蒲が生えています。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


行ける池を回った後、駐車場に戻る時に菖蒲池に最後に行きました。
浅間神社の近くにありますが、鏡池、濁池、湧池、銚子池、底抜池の直線上にないので、最後に寄ることにしたのです。

確かに菖蒲がたくさんあって、菖蒲池だとすぐに判りました。
菖蒲がたくさん生えているので、池ではあるのですが、名水の池、湧水の池とは思いにくい池の状況でした。
ただ、この菖蒲が全部咲けば綺麗だと思います。

出口池に行かなければ、他7池(内1つは有料ですが)だけなら、1時間もあれば回れるのではないでしょうか。
そんなにかからないかもしれません。
ゆっくりと、ひとつひとつ池の雰囲気を楽しみながら…というのは、あまり期待できないと思います。
池とバックの富士山を楽しむという感じでしょうか。











忍野八海-お釜池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草111-2)のお釜池です。
御釜池4  御釜池2

御釜池1
【お釜池】
むかし、この池のほとりにあった家に、年老いた父親と2人の美しい娘が住んでいました。
父親は百姓をし、娘たちは裁縫や洗濯をしていました。
ある日、妹娘が洗濯をしていたところへ、突然大蟇が1匹あらわれて、その娘を強引に水中に引き込んでしまいました。
それを知った姉娘は、泣き叫んで近所の人たちの助けを求める一方、畑仕事に出ていた父親を呼んで、妹娘の救出をはかったが、いつまでたっても娘はかえらず、いくら探してもその遺体は浮かんで来ませんでした。
それ以来、父親と姉娘は命ある限り、お釜池のほとりにある家にとどまって、不幸な妹娘のめい福を祈り続けたといいます。

八海めぐり第2番目の霊場として、祓難蛇竜王を祀り、
今はない石碑には「ふじの根のふもとの原にわきいづる 水は此の世のおかまなりけり」との和歌が刻まれていたといわれます

池の中央に直径2m、水深4mの穴があいています。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


6つの池とは若干離れた場所にあります。
出口池ほどは離れていません。
お店(家だったかな?)の横の細い道を入って行った突き当たりにありました。

お店の庭のような場所にあり、一瞬入って行くのを躊躇いましたが、看板があったので少し覗いてみると池がありました。
小さな池ですが、水深があるようです。
ここに引き込まれたら浮き上がってこられないかもしれません。

この池に伝わる話は、なんだかスッキリした話ではないですね。
普通は、引き込まれた後、大蟇と妹がいつしか心を通わせるとか、大蟇が改心(?)して妹を地上に返すとか、なにか先がある方が多いと思います。
引き込まれました。おしまい。では、“えっ?それで終わり?”って聞いてしまいそうです。



甲州の郷土料理「ほうとう」を試しちゃおう!味噌スープ付きでお土産にも最適!!あばれほうとう ...







お茶屋さんが作った想茶石鹸■静岡県茶葉から生まれた石鹸です
1,260円

忍野八海-底抜池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草)には底抜池もあります。

【底抜池】
この池は器物や野菜を洗うとき、あやまって手を離すと、渦に巻き込まれて行方不明となり、いくらさがしても見つからないといわれ、失われた物は池の底の穴をくぐってお釜池に浮かび上がってくるといわれています。
このようなことがたびたびあったため、村の人たちはこの池で物を洗うことを神様が嫌っているのだということが広まり、村人は恐れていると伝えられています。

八海めぐり第3の霊場として、紗迦羅竜王を祀り、
池畔の石碑には「くむからにつみはきへなん御仏の ちかひぞふかしそこぬけの池」との和歌が刻まれています。

“はんのき資料館”の一番奥にある池です。
資料館(有料)に入場しなければ見る事ができません。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


探しましたよ。
貰った地図を見ると、銚子池のすぐ近くにあるはずなのです。
行ったり来たり、すれ違うほかの観光客の方も「ありました?」と聞いたり聞かれたり。
もしかしたらこの(資料館)の中かも。
といっていたら、案の定そうでした。

他の池を見ていたら、お金を払ってまで見るのもな~というので、パスしました。
でも有料施設の中にあるのは優しくないですよね。
他の7つが見られるのに、1つだけ見られないなんて。
もしかして、1抜けるのは気持ちが悪いから、お金を払ってでも見ておこうか?!というのを狙っていますか?

楕円形の浅い池だそうです。
最も深い中央部でも1.5mほどですが、池底には泥が堆積していて正確な深さはわからないそうです。


底抜池からお釜池に抜けられるか、実験してみて欲しいです。



ぷりっとした食感と甘みがある「生桜エビ」【静岡県産】駿河湾 由比 生桜えび


テレビで紹介された青島商店のしらす。【静岡県産】駿河湾 由比 生しらす

セレクトフード

忍野八海-銚子池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草266-3)の銚子池です。
銚子池2  御釜池3

銚子池1
【銚子池】
むかし、ある家の花嫁が厳粛な結婚式の最中おならをしてしまいました。
その音がすごく大きかったので、つつみかくすことができず、年若い初心な花嫁はこれを深く恥じて、結婚式の席にいたたまれず、すきを見て席をぬけ出し、銚子を抱いてこの池に身を投げました。
その後、花嫁の履いていた草履が池の水面に浮かんできました。
そしてときおり美しい女の姿が、生きているように池の底に映って見えることもあったといわれています。
この悲しい伝説がもととなり、今日では縁結びの池として伝えられています。

第4番の霊場として池畔に和脩吉竜王を祀り、
石碑には「くめばこそ銚子の池もさはぐらん もとより水に波のある川」との和歌が刻まれています。

湧水が間欠的。
名前の由来は長柄の銚子に似ていることからです。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


さらに進んでいくと、銚子池があります。
柵に囲まれた池です。
小さな池ですが、間欠的に湧水がブクブクと出て来るのが見られて面白かったです。
間欠泉のように吹き上げてくれると、見ごたえがあったでしょうね。
ブクブクですから、かわいいものです。

この銚子池の伝説ですが、結婚式の最中におならをしてしまっただけで身投げなのですね。
昔は、それでも不思議ではない世界だったのでしょうか。
さすがにおならで身投げは嫌です。
もしこの話が本当なら、縁結びの池としてはどうなのでしょうか。



【72時間限定送料300円均一】ダイエット業界大注目!富士山バナジウム配合ローション&ジェルC ma...







富士山溶岩ミネラルモイストクリーム 30g 【全品全国送料無料】
6,205円

忍野八海-濁池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草269-2)の濁池です。
濁池2  濁池1
【濁池】
もとは澄んだ水をたたえ、飲料水となっていましたが、ある日、乞食のようなみすぼらしい行者がきて、池の地主の軒先に立って一杯の水を求めました。
その家の老婆が無愛想に断ったので、この池は急に濁ってしまったといわれています。
またこの濁り水を器に汲み取れば澄んだ水に変わるといいます。

八海めぐり第6番の霊場として、阿那婆達多竜王を祀り、今は池に埋もれて無いですが、石碑には「ひれならす龍の都のありさまを くみてしれとやにごる池水」との和歌が刻まれていたといわれます。

池本荘にある池から大きな排水溝が空いており、湧水は池底から少しだけ湧き出ています。
川に隣接。
部分的に濁ってはいるが、水は綺麗な方。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


湧池のほぼ向かいにあります。
案内板にある“池としての景観をようやく留める程度”というのは、水が少なく干上がりそう。というのではなさそうです。
川という景観に近いということでしょうね。
鳥も泳いでいて、池らしい池だとおもいましたが…。

イメージとしては、前のお家の庭にある池という感じでした。



武田二十四将 山本勘助オリジナルラベル(※期間限定)マスカットベリーA主原料山梨産 赤ワイ...







<送料無料>溶岩の採取は現在禁止 【富士山の溶岩石】1kg バナジウムパワーをご自宅でも!
6,400円

忍野八海-湧池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草361-2)の湧池です。
湧池2  湧池3

湧池1
【湧池】
むかし、富士山が噴火したとき、人々は焼け付くような熱のため大変苦しみました。
そしてのどの渇きや人家の火事、また野火を消すためにと、人々が水を求めて叫ぶ声が天地の間に広がります。
このとき、天の一方に大変美しい声で、「わたしを信じなさい。そして、永久にわたしをうやまうならば、私がみんなに水をあたえよう」と云われました。
この声の主は「木花開耶姫命」で、その後まもなく溶岩の間から水が湧き出し池となりました。
人々はこの池を“湧池”と呼んで、これを飲料水や水田に用いて今日に至っています。

また毎年木花開耶姫命の祭りを行い、神輿をこの池の水で洗い浄めるのが恒例となっています。
八海めぐり第5番の霊場として八大竜王の一神、徳叉迦竜王を祀り、
石碑には「いまもなほわく池水に守神の すへの世うけてかはれるぞしる」との和歌が刻まれています。

八海中最大の湧水量を誇る。珪藻土層でなる水中洞窟は奥に続きます。
周辺住民の飲み水にも利用されている。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


人工池“中池”の前を通り過ぎると湧池があります。
この池は綺麗でした!!
透明で底まで見えるようでした。
湧池の横だったか、富士山の雪解け水に手を入れることが出来る場所がありました。
とっても冷たくて、10秒も入れていられないほどでした。
これは楽しい体験でした。



41ヘルツウォーター 3本セット







富士山溶岩クッキングプレート(21×31cm)
14,322円

忍野八海-鏡池

2009年07月26日
忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草339-2)の鏡池です。
鏡池2  鏡池1
【鏡池】
水は濁り、湧水の綺麗なイメージとは異なりますが、逆さ富士の姿がはっきり映るのでこの名がつけられました。
また、この池の水はすべての事の善悪を見分けるといわれ、部落内になにかもめ事が起きて、事のおさまりをはかろうとするときは、争っている双方が池の水を浴び、身を清めて祈願しました。

八海めぐり第7番の霊場で、麻那斯竜王を祀り、今は無い石碑には「そこすみてのどけき池はこれぞこの しろたへの雪のしづくなるらん」との和歌が刻まれていたといわれます。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


バス停忍野八海入口、忍草浅間神社のある方から入って行ったので、最初に目にしたのが鏡池でした。
池?
川ではないの?と最初思いましたが、細長い池でした。

舗装された道路の横にあるので、この池は探さなくて目に入ります。

最初に現れたのがこの濁った鏡池だったので、もしかして8つの池は全部こんな感じなの?
こんなのだったらイヤだ!
と思ってしまいました。
逆さ富士でも映っていたらまた違ったのでしょうが、濁った小さな池でした。



送料無料(込価格)!!環境庁名水百選日本一の名水あづみ野湧水 2L×6本入×2ケースセット【関...








最上階展望風呂から富士山を一望。フレンチコースプラン/和室
11,700円

忍野八海-概要&出口池

2009年07月26日
富士山の麓にある忍野八海(山梨県南都留郡忍野村忍草)は、名水100選にも選ばれています。

忍野八海は、富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池(湧池、出口池、御釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池)の事をいいます。
忍野は、その昔、富士五湖と関連のある湖だったといわれ、八海は、忍野が忍野湖(宇津湖ともいわれた)といわれていました。
その後、漸次西方富士裾野と御坂山系との峡間を水蝕し、堀削排水され遂に忍野湖は乾れたが、富士山の伏流水の湧水口としていくつかの池が残ったものです。

現在の八海は、それぞれ湧水量は異なり、ほとんど沼地化したところもあって八つの池が全部昔の面影をとどめていませんが、湧池のように今なお2.2立方メートル/secの湧水量を誇っているところもあります。
また、八海から湧出した水の利用は、村内の水田地帯への供給や水力発電に使用されているほか、桂川の最上流の水源地として遠くは相模湖まで通じ、京浜地方の大切な給水源として大きな役割を果たしています。

忍野八海の湧水は、富士山の高地に降った雪や雨が、古いものは、20年以上の時間をかけ、地下水として濾過されてきたものであり、池の水はいつも澄んでいます。

“中池”は池本荘により人工的に掘削された穴です。
“水車小屋”の水は“湧池”内部より汲み上げられています。
その為、“湧池”の湧水量は激減し、2003年に池の縁が一部崩落してしまいました。
また、水が“濁池”の中より“中池”へ流出したため、“濁池”の状態が著しく変化している。

忍野八海には、その名の通り「8ヶ所」に池がありますが、辺にはそれ以上の数の池が存在します。
ただし“出口池”“御釜池”“底抜池”“銚子池”“湧池”“濁池”“鏡池”“菖蒲池”の8つ以外の池は『忍野八海』とは何ら関係の無い人工池です。
特に池本荘の正面にある“中池”は、比較的規模が大きく目立つ上に忍野八海の中心に位置する事などから、多くの観光客はこれが忍野八海の1つと勘違いしてしまいますが、“中池”は前述の通り人工物であり、忍野八海ではありません。
同様に、“はんのき資料館”内部の大きな池も人工池であり、忍野八海には含まれません。

“八海”の名前は、富士講の人々が富士登山の際に行った八海めぐりからきており、富士講では忍野八海のことを“元(小)八海”と呼んでいます。


【出口池】
この池の湧水は、富士山の雪がとけて地下にしみ通って、ほこりっぽいこの世とはかかわりなく湧き出す水なので「清浄な霊水」と呼ばれ、富士登山をする行者や道者たちはこの水でけがれを祓い、登山しました。
また、この水を携えることにより無事登山することができると昔からの言い伝えがあり、堅く信じられてきました。
このようなことから、この池を別名精進池とも云いました。

「あめつちのひらける時にうこきなき おやまのみつの出口たうとき」
八海めぐり第1の霊場として難蛇竜王がまつられています。

忍野八海中最大の池で、出口池の高台に出口稲荷社が建っています。
忍野村観光協会HP&Wikipediaより


ガイドを見ると、バス停忍野八海入口から徒歩5分となっています。
一番近い駅は、富士急行線富士吉田駅です。
そこから直線距離でも4km近くあるので、やはりここは車が1番なのでしょうか。
国道138号(旧鎌倉往還)の山中湖方面へ行く途中にあります。

私も行く予定ではなかったのです。
富士山メイン(登山ではありません)で、その途中、微妙に時間が出来たので寄ってみることにしたのです。
地図と案内板を頼りに行きました。
個人でされている駐車場に車を止めて歩きました。
500円ぐらいだったかな?

この出口池だけは、一つ離れた場所にあったので行く事が出来ませんでした。
時間が…。
忍野八海の固まっている辺りから、800mほど南東にあります。
時間があれば歩いてみるのも楽しいと思います。

忍野八海全体の印象は、え~っと濁った池?これは池?って感じに思うものが多かったです。
それに観光客が一杯で、忍野という名前のイメージと違っていました。
もっと“お忍び”で訪れるような、静かな場所で、自然が一杯だと思っていました。
観光地化していました。
湧き水なのに汲むのにお金がいるし…。これはちょっとショック。

いける湧水池は回ってきたので、簡単に紹介していきたいと思います。



ポイント10倍中!天然ミネラルたっぷり弱アルカリ性天然水富士山美水 地下深層水ナチュラルミ...


遠赤外線効果でお肉がふっくらジューシー♪油が溶岩に吸収されるのでとってもヘルシー^^家族...

忍野村 忍野八海

日本酒 菊水&龍馬

2009年07月25日
菊水酒造合資会社(高知県安芸市本町4丁目6-25)の日本酒“菊水”と“龍馬”です。
菊水1  龍馬1
このお酒は、高知に史跡巡り旅行に行った時に買いました。

“菊水”の瓶の裏面(どちらが表?)には、紙箱にあるように、龍馬の名前があります。
“龍馬”の方は見たままです。

味は、忘れました…。
この頃もまだまだ、日本酒が苦手な頃でした。
それでも日本酒を買ってしまうのは、地元の蔵元さんが仕込まれているお酒に、その土地の有名人の名前が冠せられていると、ついつい魅かれて持って(買って)帰りたくなるのです。
ついついとはいっても、“喜んで”なのですが…(笑)

これらも今では、宝物です。

今、もう一度飲んでみたいですが、一番飲んでみたいのは日本酒の“新選組”ですね。



菊水酒造 土佐名酒 龍馬(陶器壷詰・化粧箱入り)


芋焼酎25°黒麹仕込み 虎徹(芋) 720ml

国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

日本酒 長州志士

2009年07月24日
中村酒造株式会社(山口県萩市大字椿東3108番地4)の“長州志士”です。

長州志士1-1
     お猪口付きです。

長州志士3-1  長州志士2-1  長州志士4-1
       箱の3面に長州の有名人が描かれています。

原料米: 日本晴
精米歩合: 70%
酵母: 協会9号系
アルコール度数: 19度以上~20度未満
日本酒度: +1.0
酸度: 1.5
やや甘口で、コクのある飲みごたえのあるお酒です。


萩に行ったのは2度、昨年行った時のお土産でないので、20年近く前に買ったものです。
もちろん中身は、飲んだ後です。
味は覚えていません。

当時はアルコールを飲める年齢にはなっていましたが、ほとんど飲めませんでした。
ビール、コップ1杯でもキツイほどでしたので、日本酒なんて全然苦手でした。
なので余計に味は覚えていません。
飲んだのは確かです。

今、もう一度飲んでみたいです。
どんな味だったかな?

こういうパッケージの物に特に弱いです。
そして、中身がなくなっても捨てられないのです。



安心安全の無添加リキュール。山口県萩市の夏みかんを丸ごと搾った蔵元造りのリキュール【酒蔵...


高級ホテルの朝食向きジュースです。甘味は蜂蜜のみ!夏みかんローヤル 1000ml【訳あり】【賞...


萩市観光協会
萩市







チョンマゲビール 6本セット
3,360円

鷲ノ木の砂

2009年07月23日
土方歳三が上陸した、鷲ノ木浜(北海道茅部郡森町鷲ノ木町)の砂です。
鷲ノ木砂3  鷲ノ木砂4

鷲ノ木砂1402  鷲ノ木砂2403
鷲ノ木浜は、明治元年10月12日に折浜を出港した旧幕艦隊は、渡島地方の内浦湾に19日から23日にかけて結集し、鷲ノ木浜より上陸しました。
新選組の乗艦となった大江丸が鷲ノ木沖に到着したのは21日早朝で、上陸は翌日でした。

先着した回天から30名ほどが下船し、村会所で箱館府の荒井信五郎に面会し、宿と湯と500束の薪の用意を依頼しています。
上陸した新選組も、50~60軒ある村の家々に分宿したものと思われます。

21日には遊撃隊隊長の人見勝太郎と本多幸七郎が護衛の遊撃隊30余名とともに、箱館府知事の清水谷公考への嘆願書を携えて、内陸部の本道を出発しました。

新選組隊士65名は翌23日、安富才助を隊長役として、伝習士官隊・伝習歩兵隊・遊撃隊・砲兵隊とともに、総督大鳥圭介のもと、人見たちを追うように鷲ノ木村を出立し、その日は森村に宿泊しています。
安富が隊士達を率いたのは、隊長の土方歳三が新選組の指揮官から旧幕軍の幹部として遇され、別行動をとることになっていたためです。

その土方も22日、総督として額兵隊と陸軍隊を率いて出立し、森村を経て海岸線沿いに亀田半島を進んでいます。
島田魁を隊長とする数名構成の「守衛新選組」も随行、その日は砂原に宿泊しました。

海に面した道だけに強風が吹き、23日には雨まじりの雪も降りだしたといいます。
防寒装備はなく、一重の外套だけをまとっていました。

国道5号線(大沼国道)と函館本線の線路に挟まれた鷲ノ木史跡公園内には、「箱館戦争榎本軍鷲ノ木上陸地跡」の石碑と、「箱館戦争鷲ノ木戦没之碑」と伝習士官隊の山本泰次郎の墓碑があります。
また、海岸の道路沿いには上陸地を記念した木柱も立てられています。
新選組史跡事典より


JR函館本線桂川駅から、海岸に降りたあたりが鷲ノ木浜です。

この砂は、随分前に歳三忌か総司忌に参加した時に、「鷲ノ木の砂です。」と参加者全員が頂いたものです。
本当なら、紙の上にでも広げて写真を撮ればいいのですが、もし万が一こぼしてしまったら大変なので、頂いたまま、蓋だけを取って移しました。

私もまだ行った事がないのです。
函館までは行きましたが、そこから次に移動する日程もなく、森町はまだ未知の世界です。

土方たちが上陸した当時の砂は、波にさらわれ、風に飛ばされ、雪と共に溶け出しもうそこにはないでしょう。
おそらく一粒も残っていないでしょうね。
でも、その場所にある砂ですから、その空気と水を感じていた砂です。
一度は鷲ノ木の地に立ってみたいです。

できれば函館と森町を結ぶ国道5号線より東側、亀田半島あたりもウロウロとしてみたいです。



Japan beer日本 ビール土方歳三 330ml/24


【激安コスプレ衣装】今大変人気な薄桜鬼 *土方歳三新撰組隊服(和装)(6点セット)の衣装!!...

旅に出たくなったら今すぐチェック!今週末の空室情報を簡単検索!!

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

≪国内格安航空券≫ネット予約はこちら!

誉田林古戦場跡

2009年07月22日
誉田林古戦場跡(大阪府羽曳野市誉田3-2-8)が誉田八幡宮境内にあります。
誉田林古戦場1  誉田林古戦場2
道明寺の戦いは、豊臣家の江戸幕府に対する最後の抵抗を鎮圧するために起こった、大坂の役のうち、慶長20年に発生した大坂夏の陣における戦いの一つです。

豊臣方は、大坂城が大坂冬の陣のあと、堀をすべて埋められてしまったため、夏の陣では城を出て戦わざるをえない状況になっていました。
幕府軍は河内方面、大和方面および紀伊方面より大坂城に迫りました。
大和方面軍は水野勝成を先鋒大将とし、総大将松平忠輝、後見役伊達政宗など総勢34,300の兵で構成されていました。

4月30日、大坂城内では、大和口から来る幕府軍に対し、河内平野に侵入してくるところを隘路で待ち受け、先頭部隊を叩くことに決定。
5月1日、豊臣軍では、後藤基次らの前隊6,400人が、その後毛利勝永、真田信繁ら後隊12,000人が大坂城を出発。
5月5日、河内国平野で宿営した後藤、毛利、真田らは、同日夜半に出発し、翌払暁に道明寺村付近に集結、国分村の狭隘な地で幕府軍を迎え撃つことを取り決めました。


【午前】
5月6日午前0時、後藤基次指揮の兵2,800は平野を出発し、藤井寺を経て夜明け前に道明寺に到着しました。
しかし、他に誰もまだ到着しておらず、さらに後藤は幕府軍が既に国分村に展開していることを知りました。

作戦が既に破綻してしまっていること認めた後藤は、石川を渡り小松山に登り陣を構えました。
幕府軍は小松山に敵が布陣していることを知り、それを包囲することに決めました。

午前4時、後藤は松倉重政、奥田忠次勢に対し攻撃を仕掛けます。
奥田は戦死、松倉勢も崩れかかったが、水野勝成、堀直寄が来援し、かろうじて助かりました。

小松山を包囲した幕府軍は、伊達政宗、松平忠明らが激しい銃撃を加え、小松山にとりつこうとしました。
後藤勢は、次々に新手を繰り出す幕府軍を数度にわたり撃退しましたが、それにも限界がありました。
後藤は負傷者らを後方に下げ、小松山を下り、幕府軍に最後の突撃を敢行し、敵数隊を撃退しましたが、丹羽氏信勢に側面を衝かれ立ち往生しました。
伊達勢の銃撃により後藤が被弾した。

正午頃、約8時間の激闘の末、後藤基次は戦死、彼の部隊は壊滅してしまいました。


【午後(誉田の戦い)】
この頃になり前隊の残り、薄田兼相、明石全登、山川賢信らが道明寺に到着し、幕府軍を迎え撃ちました。
薄田は奮戦したが戦死、残余の部隊は誉田村方面に後退しました。

そこへ後隊の毛利勝永が道明寺に到着、真田信繁らは後退してきた兵を収容し誉田村付近に着陣。伊達勢の片倉重長は、真田勢を見るとこれに攻め寄せます。

片倉は部隊を前後2隊に分け、左右に鉄砲隊を展開させて攻撃。
これに対し真田勢も鉄砲で応戦しつつ、兵を伏せ片倉勢の接近を待って迎え撃ちました。
片倉自身が馬上4騎を切り伏せたり、渡辺糺は負傷するなど激戦が展開されましたが、真田勢が伊達勢を道明寺辺りまで押し込んだ後、自身は藤井寺まで後退し、毛利勢と合流します。
幕府軍は道明寺から誉田の辺りで陣を建て直し、豊臣軍は藤井寺から誉田の西にかけて布陣、両軍が対峙し、にらみ合いの状態になりました。

午後2時半頃、大坂城から若江・八尾の敗報と退却の命令が豊臣軍に伝えられます。
豊臣軍は真田を殿軍とし、午後4時過ぎから順次天王寺方面へ撤退を開始。
水野勝成は追撃を主張したが、諸将は兵の疲労を理由に応じませんでした。

道明寺の戦いで、真田幸村がこの付近に陣を構えています。
Wikipediaより


誉田八幡宮の境内に誉田林古戦場址の碑がありました。
戦国時代に疎い私は、誉田林古戦場といわれてもわかりません。
ただ、碑があれば、取り合えず写真に収めておきました。
後で調べたら、幕末と関わりがあったら大変ですからね。
今回は戦国時代と関係がありました。

室町時代からの戦場のようですから、室町、南北朝などのファンの方にも重要な場所ですね。
私は大坂夏の陣という言葉に捕まりました。
大坂夏の陣といえば、歴史で習った戦いですよ。
その舞台の一つがここだったとは…。
大坂と聞けば、秀吉の造った大坂城のある辺りを想像します。
それが大坂城から直線でも16㎞近く離れた場所でも、その戦いがあったのは想像もしていませんでした。
真田幸村もこの付近で戦ったのですねぇ~。
戦国時代は本当に未知な世界です。

戦国時代の武将の本当の姿を知りたい!
戦国時代の一番の興味はそこですね。
今、戦国武将ブームだそうですが、この容姿がわからない所がまたいいのでしょうね。
どれだけ研究しても写真のように、容姿がはっきりとわかる事はないのでしょう。
肖像画も実は違う人でした、など説が出てきたりします。
なのでますます謎めいていて、謎好きの私はワクワクしてしまいます。

どんな人だったのか…、私があの世に行った時にお会いできる事を期待しておきましょう(笑)
新選組隊士や敵方の志士の人にも会えるかも!
楽しみ?!



宮本武蔵3本目「水形の構」 芋焼酎 25度 720ml








家紋ステッカー 上杉謙信
525円

誉田(こんだ)八幡宮

2009年07月21日
誉田八幡宮(大阪府羽曳野市誉田三丁目2-8)です。
誉田八幡宮2  誉田八幡宮1
誉田八幡宮は、応神天皇を主祭神としています。

毎年9月の大祭には神輿が、境内にある太鼓橋を渡って御陵の後円部頂上にあった御堂までお渡りして、盛大な祭礼が続けられてきました。
応神天皇陵と誉田宮のゆかりの深さを物語る神事として知られています。
応神天皇の諱は、誉田別尊(ほんだわけのみこと)と呼ばれ、現在の羽曳野市誉田にゆかりがあるとされています。

応神天皇は、4世紀後半に実在した人であると考えられ、天皇が幼少の頃に居住されていたところで、この地の誉田真若王の娘、仲津姫を皇后にされたと伝えられています。

応神天皇の頃は、大陸、半島からいろいろな文物が導入されて来ました。
応神天皇陵陪塚丸山古墳出土の馬具(金銅製透彫鞍金具)に象徴されるように、当時の金工、木工、革工などの秀れた工芸技術も云わっています。

応神天皇陵と誉田八幡宮のゆかりについては、欽明天皇の勅願によって社殿が建立されたと記されているように、かなり古くからのことであったと考えられます。
とくに、この誉田宮をはじめとして、月の岡、日の岡古墳のある若宮八幡宮(福岡県)、各地の大型前方後円墳と神社の縁起や、その関係はさらに古くからのことのようです。

やがて、源氏の氏神が八幡であるという信仰がひろまると、誉田八幡宮は将軍家をはじめ源氏を名のる武士たちの信仰を受けるようになりました。

源頼朝は建久7年社殿、伽藍を修復し、国宝の神輿や、神馬、重要文化財の鳶松皮菱螺鈿鞍・同鉄蛭巻薙刀などを寄進し、室町幕府六代将軍足利義教は、重要文化財「誉田宗廟縁起」、同「神功皇后縁起」を奉納されました。

南北朝時代から戦国時代にかけては、当宮の別当職、誉田三河入道一族によって守護されていましたが、享徳3年河内守護の畠山一族の内輪争いに端を発した戦乱により、再三再四その激戦場となり、そのために社殿および伽藍が戦災を受けて荒廃してしまいました。

その後、戦国の末期、織田信長が全国統一の途中、三好一族を河内に攻め、河内一円を完全に支配したとき当社寺領を没収してしまったと言われます。

中世が終わって天下統一を果たした豊臣秀吉は、誉田八幡宮に社領二百石を寄進しました。天正14年に社殿、伽藍が焼失したため、文禄3年社領二百石を志紀郡古室村に転換し、ついで、豊臣秀頼も、社殿再建に力をそえ、普請奉行に片桐且元を任命しました。

誉田八幡宮に伝わる秀吉の朱印状、片桐且元の文書などで知ることができます。
さらに17世紀なかば、書家・茶人として有名な大橋竜慶は重要文化財の太刀をはじめ、30数件におよぶ宝物を奉納しています。

今の社殿は江戸時代のはじめに建てられたもので、片桐且元が奉行として尽力したことが棟札などで分かっています。
しかし拝殿の建造がちょうど大阪夏の陣の時に当たったために、建物の内部は未完成に終わっています。

徳川幕府は、誉田八幡宮に引き続き社領二百石を扶持し、また数次にわたって社殿の造営、修復を行っています。
しかし、明治初年の神仏分離、廃仏毀釈により、大半は取りこわされ、当時の遺構として今は南大門を残すのみとなっています。
Wikipediaより


応神天皇陵の南側に隣接しています。
応神天皇陵、大鳥塚古墳を見た後、応神天皇陵に沿って南へ歩いて行きます。
国道170号線まで出て、南へ歩いてもOK。

広い境内の八幡宮でした。
誉田で“こんだ”と読むのですね。
“ほまれだ”かと思っていました。

古い歴史をもつ八幡宮のようです。
境内にある“安産社”の槐の木がすごく気になりました。
前に読んだ本に、えんじゅの木が出てきていたのです。
この木がそのえんじゅの木で、“槐”と書くのかと見つめていました。
他にも色々と、お社がありました。

赤ちゃんを連れたお宮参りの方と、七五三のお参りの方が多くこられていました。
大きな八幡宮なので、遠くからもこられる人が多いのでしょうね。



ふわゎ~とろ~りな美味しさ出来ました!!【送料無料】TV放送後も大人気!北新地名物☆北新地...







家紋ステッカー 豊臣秀吉
525円

大鳥塚古墳

2009年07月20日
応神陵古墳の横に、大鳥塚古墳(大阪府藤井寺市古室2丁目344-1)です。
大鳥塚古墳2  大鳥塚古墳1
大鳥塚古墳は、墳丘の長さが110m、前方部の幅50m・高さ6.1m、後円部の直径72.6m、高さ12.3mの前方後円墳です。
くびれ部の両側に造出しがあり、幅の狭い水のない濠が周囲をめぐっている。
古市古墳群の中では中形で、前方部は南を向いています。
墳丘はほぼ全域がクヌギの林です。

造られた当時、墳丘の斜面には石が葺かれ、平坦面には円筒埴輪が並んでいました。埋葬施設の構造は分かっていません。
しかし、変形獣形鏡と位至三公鏡と呼ばれる二面の鏡や、鉄製の剣・刀・矛・矢じりが掘り出されたと伝えられています。
円筒埴輪のほか、家形・衣蓋形・盾形・靱形・冑形などのさまざまな形象埴輪が出土している

出土した埴輪の特徴から、5世紀前半の築造と考えられています。
藤井寺市HP&Wikipediaより


応神天皇陵の拝所の向かい側にあります。

歩いていて、古墳だとは気付きませんでした。
フッと横をみると、なにやら説明板があるではないですか。
それで近寄ってみると、大鳥塚古墳と書かれていたのです。

パッとみたら、雑木林が残っているのかと思っていました。
これから宅地開発されるのかな?なんて思っていたら、なんと古墳ではないですか。
想像ですが、近くの子供達の遊び場になっているのではないでしょうか?
そんな感じの場所でした。

でも古墳と知って、林の方を見つめていると、もしかしたら何かが動くのでは?なんて、心霊現象を期待してしまったり…。
もし埋葬されていた方がいたら、ごめんなさい。

おそらくこの辺りは古墳群が有名ですから、こういう感じの、行って見たら古墳だったというものも多くあるのでしょうね。
地図を見ながら探して歩く…楽しそう!



草花木果透肌[トウキハダ]ローション
フラットモード

旅館・ホテルの予約なら『まいやど』で


大阪歴史探訪ウォーキング大阪歴史探訪ウォーキング
(2009/02)
ペンハウス

商品詳細を見る

誉田御廟山(応神陵)

2009年07月19日
大仙古墳(仁徳天皇陵)につぐ前方後円墳の誉田御廟山・応神陵古墳(大阪府羽曳野市誉田6丁目)です。
天皇陵
誉田御廟山古墳(応神陵)は墳丘長425mで、堺市の大仙古墳(仁徳天皇陵)に次ぐ全国第2位の墳丘長があります。
また、古墳の表面積や体積では大仙古墳を上回り全国一です。
 
前方部は北北西に向いています。
墳丘は三段築成。
濠と堤を二重にめぐらせています。
墳丘や内・外堤の斜面には葺石が施され、円筒埴輪が確認されています。
 
埴輪はすべて窖窯で焼成された製品です。
形象埴輪には家・蓋・靱・水鳥・馬形等があり、蓋形木製品や各種魚形土製品も出土しています。
 
築造年代は、5世紀前半代に比定。
後円部南側に現存する誉田八幡宮の境内には長持形石棺や石槨の一部と推測される石材が残されており、本墳から出土したものと考えらています。
藤井寺市HPより


葛井寺の南大門から、まっすぐ南へ約500m行き、東へ曲がります。
藤井寺市立藤井寺南小学校の南側の道を東へ約400mで、県道186号に出ます。
道を渡り、斜めに延びる道に入り北東方面へ道なりに行くと、国道170号の西古室交差点へ着きます。ここまで約500m。
信号を渡り、東へ250m行くと、応神天皇陵の拝所に辿り着きます。

応神陵自体が大きいので、遠くからでも山のように見えています。

大きさは日本で2番目。
表面積や体積は日本一の陵ですので、空撮でない限り陵墓全体は写真に撮れません。
前方後円墳といわれても、地上からだと確かめられませんね。

しかしどうやて造ったのでしょう。
前方後円墳を造るといっても、空から確認するすべもないはずです。
図面をひいたとしても、それを正確に造るのは至難の業だと思うのです。
ピラミッドは石の重さと高さ等、目で見てすぐに大変そうだとわかりますが、よく考えると古墳も、綺麗な前方後円墳だったり、円形だったりと、いろいろな形が作られています。
それも並大抵の大きさではありません。
ピラミッドの謎はよく取り上げられますが、古墳も謎が多いのではないでしょうか?

こんなに大きな古墳(お墓ですよね)に、一人で埋葬されて淋しくないのでしょうか?
周りに濠をめぐらせていたら、侵入者もゼロで、本当に一人っきりです。
埴輪を相手に、寂しさを紛らわせるの?
権力の象徴として大きなものを造ったのかもしれませんが、ここに入ってから後悔していたかもしれませんね。
もっとこじんまりとした物で、人が頻繁に訪れてくれたりする方が良かったと…。

宮内庁の管轄だと、調査・研究も出来ないのですよね。
1500年以上前とか、今の天皇家の人がお生まれになる100年以上前とか、何か基準を決めて、大学等研究機関限定でもいいので、調査・研究が出来るようになればいいのに…。
そうすれば歴史の認識がガラッと変わる発見があるかもしれません。
せめて神話の世界や奈良時代の陵墓は調査・研究できるようにして欲しいです。
私はその結果がすごく興味があります。


古代天皇陵をめぐる―古代天皇陵ガイドブック (三一新書)古代天皇陵をめぐる―古代天皇陵ガイドブック (三一新書)
(1997/03)
藤田 友治天皇陵研究会

商品詳細を見る








ナチュラルアクアジェルCure ※
2,394円

葛井寺(ふじいでら)

2009年07月18日
藤井寺市にある、葛井寺(大阪府藤井寺市藤井寺1丁目16番21号)です。
葛井寺
葛井寺は、紫雲山三宝院剛琳寺と号し、剛琳寺ともいいます。
古代氏族葛井氏の氏寺として、7世紀後半の白鳳時代に建立されました。
古絵図などから、東西に塔をもつ薬師寺式の伽藍配置をとっていたことが知られます。

飛鳥時代から奈良時代にかけては、全国各地で有力な氏族が、仏教興隆を奉じて競って氏寺を造りました。葛井寺もその一つです。
葛井氏は、6世紀に活躍した渡来系の王辰爾の甥の胆津を祖とし、『日本書紀』によれば、吉備の白猪屯倉の田部の丁を定めた功績で白猪氏の姓を賜りました。
その後、葛井と改め、一族の葛井連広成が葛井寺を創建したと伝わります。

また、藤井寺という地名は、のちに大和在住の藤井安基という人が葛井寺の荒廃を嘆き、その復興に尽力したことから生まれたといいます。

室町時代は、奈良・興福寺の末寺として栄えましたが、明応2年、畠山家の内紛に端を発した兵火にあって、楼門、中門、三重塔、鎮守、奥院を焼失し、本堂と宝塔を残すのみとなりました。残った建物ものちに地震で倒壊しました。
南北朝時代には楠木正成が陣をしいたことがあるなど、たびたび兵火にさらされています。

近世は豊臣家・徳川家の庇護を受け、とくに豊臣秀頼が寄進した四脚門は、桃山様式をよく伝える建造物として、国指定の重要文化財となっています。
この門はもと南大門として建てられましたが、現在の西門の位置に移建されました。
藤井寺市HP&Wikipediaより


近畿日本鉄道南大阪線藤井寺駅下車。
駅の南側に出ます。
線路沿いに東へ50mほど行き、南へ曲がります。
約80mで葛井寺の山門に到着します。

葛井寺を“ふじいでら”と読むとは、なかなか思いません。
今、地名は“藤井寺”ですから、“ふじいでら”というお寺があっても、“藤井寺”を連想します。
葛井という漫画家さんがおられるので、葛井を“ふじい”と読むという事は知ってはいたのです。
でも、“ふじいでら”の“ふじい”が、“葛井”だというは、知らなかったのです。

なんだか書いていて、ややこしくなってきました。

藤井寺は近鉄バッファローズ時代の、ホームグラウンド藤井寺球場があった場所です。
そしてこの藤井寺市や羽曳野市付近は、地図をみてもあちらこちらに古墳があるのがわかります。
古墳巡りも楽しそうなのですが、それはまだ実現していません。

さて葛井寺ですが、大きなお寺でした。
この日はハイキングイベントがあって、お寺も人が溢れていましたが、普段はどうなのでしょうか。
もう少し、静かなようです。
お寺の創建は古いようですが、戦火にあったり、地震にあったりと、なかなか古いものを見つけるのは大変そうです。
といっても、豊臣時代の物も十分に古くて、歴史を感じることが出来ます。
ただ白鳳時代と比べてしまうと、豊臣時代も新しくなってしまうのですよね。
そうすると、幕末・明治維新の頃は、超が付くほど新しい時代になってしまいますね。

毎月18日には、本尊の国宝・乾漆千手観音坐像が公開されているようですが、残念ながら18日でなかったので、直接お参りする事は出来ませんでした。
もし都合がつくのであれば、18日にお参りされてはいかがでしょう。


藤井寺市
羽曳野市


関西芸能人さんプロ野球選手も常連様実際にお店で売ってるんです白菜キムチ冷蔵配送のみ(ごめ...








可愛いストールでUVカット ■ 洗えるストール リネンレース | ギフト
1,575円


祇園祭-池田屋事件

2009年07月17日
今日は、祇園祭の山鉾巡行です。
祇園祭は7月1日から7月31日まで続く、長いお祭ですが、山鉾巡行が有名ですよね。
辻回しが圧巻です。
といっても、私も現地で見たことはないのですが…。
平日だったりで行く機会がないですね。

池田屋事件と祇園祭はドラマや映画、小説でよく描かれます。
“コンコンチキチン コンチキチン”を聞くと、池田屋事件を思い浮かべます。

祇園祭は1200年近く続くお祭です。
鉾や山は修理などを施しながらも、基本的に現在まで受け継がれているはずです。
ということは、この鉾や山は幕末当時も使われ、近藤勇、土方歳三、沖田総司、斉藤一ら新選組隊士も、長州・土佐、薩摩などの藩士や、坂本龍馬、中岡慎太郎、桂小五郎等々、多くの人が見たのと同じ物を物を、現在の私達も目の前にしているという事です!

やったぁ~。
史跡を巡っても、当時のモノが残っていることは少ないですが、こんなに大きな物が残っていました。
そして、これはもう伝統という鎧を着ているので、簡単に無くなるはずはありません。
来年も再来年も目にする事ができます。

それにしても池田屋事件の頃は暑いですね。
こんな時に、鎖帷子を着込んだりしたら、熱中症で倒れそうです。
当時の人は大丈夫だったのでしょうか?
今よりは温暖かも進んでいないくて、若干は涼しかったのでしょうか?



【全国送料無料】プロご用達【日本一最高級】淡路島産極上天然釣り鱧その稀少さから、市場関係...

料理自慢の宿泊予約~ぐるなびトラベル

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!


祇園祭

近松門左衛門墓

2009年07月16日
広済寺(兵庫県尼崎市久々知1丁目3-27)は、『曽根崎心中』などの著書で有名な、近松門左衛門の墓所です。
近松門左衛門5  近松門左衛門6

近松門左衛門4  近松門左衛門1

近松門左衛門3
近松門左衛門墓(国指定史跡)
表には近松と妻の法名(戒名)が並んで刻まれています。

近松門左衛門は、元禄期に活躍した歌舞伎・浄瑠璃の作者です。
本名は杉森信盛。

松平昌親に仕える越前藩士・杉森信義と医者の家系である岡本為竹法眼の娘・喜里の間に生まれました。
出生地については越前説と長門国萩(もともと杉森氏は毛利氏家臣の系統)が有力な説となっていますが、肥前国唐津、淀藩説など他にも諸説あります。
幼名は次郎吉。諱は信盛。
弟の伊恒は後に医者となり、岡本一抱(為竹)と名乗っています。
摂津国尼崎(現:兵庫県尼崎市)の広済寺に近松の自筆と伝えられる養生訓が伝わっています。

父・信義が浪人し、近松は共に京都へと移り住みました。
ここから先は、しばらく伝記が途絶えます。
延宝、天和頃より浄瑠璃の宇治加賀掾や歌舞伎の坂田藤十郎等のための作品を書きました。
しかしこの当時の、作品に作者の名を出さない慣習から、近松作品は特定されていません。
天和3年、曾我兄弟の仇討ちの後日談を描いた『世継曾我』が宇治座で上演され、翌年竹本義太夫が竹本座を作ってこれを演じると大好評を受け、門左衛門の浄瑠璃作者としての地位が確立されるに至りました。

その後も義太夫と組んで名作を次々に発表し、貞享3年、竹本座上演の『佐々木大鑑』で初めて作者名として近松門左衛門と記載。
元禄16年 、『曽根崎心中』を発表。
宝永2年 に竹本座の座元が竹田出雲に替わっての顔見世興行『用明天王職人鑑』からは座付作者となり、住居も大坂に移って浄瑠璃の新作に専念しました。

正徳4年には尼崎の広済寺再興の折りに、本願人として尽力。
正徳5年の時代物『国性爺合戦』は、10月から竹本座にて17ヶ月の連続公演となる人気を博す。

享保元年に母の喜里が死去。
近松門左衛門の家族は妻と3人の息子がおり、次男と三男は浄瑠璃関係の仕事に就いています。

享保8年に、幕府は心中物の上演の一切を禁止しています。
心中物は大変庶民の共感を呼び、人気を博したが、こうした作品の真似をして心中をする者が続出するようになったためです。
その翌年の享保9年11月、門左衛門は72歳で没。
辞世の歌 「残れとは 思ふも愚か 埋み火の 消ぬ間徒なる 朽木書きして」

主な作品
貞享2年  『出世景清』
元禄16年  『曾根崎心中』
宝永4年 『堀川波鼓』
正徳元年  『冥途の飛脚』
正徳5年 『国性爺合戦』
享保4年  『平家女護島』
享保5年 『心中天網島』
享保6年 『女殺油地獄』

Wikipediaより


広済寺へは、JR尼崎駅から“阪急園田”行きか、“阪急塚口”行き。
もしくは、阪急塚口駅から“阪神杭瀬”行き。
または、阪急園田駅から“阪神尼崎”行きに乗り、「近松公園前」で降りてください。
バス停の西方向、5分ほど歩いた所にあります。

散策しながらという方は、JR福知山線塚口駅を東側(上坂部方面)へ降りて、派出所の前を通りすぎ、バスロータリーを左に見ながら、郵便ポストの横の商店街に入って行って下さい。
商店街(といっても、しばらくはお店はほとんどありません)を東へ真っ直ぐ約550m歩くと、左手に1階にコープのあるマンションがあります。
その先にある若王寺南交差点の一つ手前を南(右)に曲がり、さらにまっすぐ180mほど行くと、目の前に近松公園が現れます。
近松公園の中を通り抜けると、公園の南西角付近に広済寺があります。
入口は南側にあります。

広済寺本堂の裏には、「近松部屋」と呼ばれる近松の仕事部屋が明治末まであり、ここで執筆活動をしていたと伝えられています。

お墓は、門を入り右手裏方向にあります。
小さなお墓です。
これだけ有名な人物のお墓にしては、すごく小さくて驚きました。
しかし考えてみれば、近松門左衛門は武将ではなく作家ですから、大きな墓石は不釣合いとなるのでしょうね。
阪神大震災でいくらかの損傷はあったようですが、今は修復されているようです。

人形浄瑠璃は学校から1度観にいきましたが、それ以外では観たことがありません。
なかなか行こう!と思わないものですよね。
行くと面白いのかもしれませんが…。
歌舞伎も同じ事がいえそうですが、最近は歌舞伎ブームですか?

史跡といわれるようなものは、興味が薄ければ気にしないものですね(笑)
近松門左衛門墓の横はしょっちゅう通るのですが、気にした事はまずないです。
これが幕末、新選組だったら気にしていたでしょうね。
もしくは、戦国武将とかだと気にしていたと思うのです。
それでもここ数年は、旗を持って団体で歩いている方々をよく見かけるようになりました。
そんな時は、近松門左衛門を見にこられたのかな?と、気にはなります。
大阪市にもお墓があるようですが、広済寺と近松門左衛門は関係がありましたし、使っていた机なども残っているので、お墓があってもおかしくないですね。

尼崎市内には近松モニュメントとして、いくつかのモニュメントがあります。
阪急塚口駅南側改札口の西側
近松門左衛門が愛用したと伝えられる硯石と代表作「曽根崎心中」の主人公お初・徳兵衛のレリーフに床本をモチーフ。

上坂部西公園北側、玉江橋線沿い

JR尼崎駅北側

近松公園内

近松公園東側、近松線沿い
○と-のデザインは近松の紋所をアレンジしたもの。

JR尼崎駅北側
梅川の像






登録商標【近松物語】、自家製ゆずゼリー、くずもちセット

和菓子の彩花苑



尼崎が誇る「生醤油」「ひろたのぽんず」「ワンダフルウスターソース」をセットにした「尼の秘...


近松門左衛門三百五十年近松門左衛門三百五十年
(2003/12)
近松生誕三百五十年記念近松祭企画実行委員会

商品詳細を見る


近松門左衛門
尼崎市 近松門左衛門

関ヶ原-補遺

2009年07月15日
関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)周辺の、その他の史跡です。
前述のように、私は目的地に行く途中、寄ってもらったので、下記の史跡にまで足を伸ばせませんでした。
お時間のある方は、ぜひとも歩いてください。

奥平貞治の墓 …  家康に派遣されて小早川秀秋の動きを監視していました。秀秋が寝返ってからは陣頭に立ち、敵を追って玉村あたりで戦死したと伝えられています。
元治元年、子孫・奥平新左衛門源貞昭がこの地に墓を建てました。

丸山烽火場 … 関ケ原合戦の際、この山には東軍の黒田長政・竹中重門が陣どり、開戦の烽火をあげました。

島津義弘陣跡 … 北国街道を守備するため、島津は約1,000の兵を率いて、この地に布陣しました。
正面に銃手を3隊に分け、まず第1隊が敵を間近に引き寄せ、これを射撃。
第2隊、第3隊と交代、更に弾をこめて、再び第1隊が出る作戦でした。

徳川家康最後陣跡 床几場 … 敵の首を実検した場所。
合戦の最中家康は、東軍の動きを確認するため桃配山より軍を進めて、この陣場野に陣を敷きました。
最後まで味方の指揮にあたり、戦いが終わると部下が取って来た敵の首を実検したところです。
周囲の上囲いや中央の土壇は天保12年に幕府の命令により、竹中家の施工によるものです。

小西行長陣跡 … 北天満山に約6,000の兵をもって布陣し、開戦と同時にこの山において烽火をあげ、味方に戦闘開始の合図をしました。
午後になって小早川秀秋の反撃、次に大谷隊の敗報を聞いて戦意を失い、キリシタン大名ゆえ自決もできず、島津隊のうしろを廻り相川山を越えて春日方面に逃れました。

開戦地 … 北天満山を背にした西田運動広場の入口に、標柱が立っています。
ここは合戦場のほぼ中央にあたり、東軍の福島正則が井伊隊の抜け駆けに怒って宇喜多隊を攻撃した場所です。
現在の標柱の位置は、圃場整備によって史跡指定時よりも約200m北になっています。

東首塚 … 関ケ原合戦後、床几場で首実検をし、その後東西2ヶ所に埋葬したのが首塚です。
当時、この地の領主であった竹中家が戦後処理にあたりました。
両首塚は竹中家が造ったことが同家の記録に残っています。

宇喜多秀家陣跡 … 若くして豊臣政権五大老の1人となった秀家は、約17,000の兵をつれ南天満山に布陣。
開戦と同時に福島隊の猛攻撃を受け、一進一退の攻防を繰り広げました。
敗戦後、死罪を免れて八丈島へ流されましたが、息子や家臣とともに土地に根づき、83歳まで生きました。
陣跡の碑は杉木立に囲まれた天満神社の境内にひっそりと立っています。
巌流島の決闘で知られる剣豪・宮本武蔵は合戦当時17歳。宇喜多隊の一兵として激戦地で戦ったといわれていますが、その戦いぶりなど詳しいことは分かっていません。

大谷吉嗣の墓 … 盲目の軍師大谷吉継は、親友であった石田三成の懇請を受けて、宮上(藤川台)に出陣しました。
大谷は、かねてより松尾山の小早川秀秋の態度を疑って、それに備えていたのですが、小早川だけでなく、脇坂、朽木、赤座、小川らの裏切りによって、壮絶な戦いの末に自刀しています。

大谷吉嗣陣跡 … 三成とは若い頃から仲がよく、合戦にあたっては三成に挙兵を思いとどまらせようと説得しましたが、三成の強い決意を受けてともに挙兵し、死に装束で参戦したといいます。
9月3日からこの地で中山道を封鎖し、合戦では藤堂・京極隊を相手に善戦。小早川の裏切りにも果敢に迎撃しましたが、脇坂ら4隊までもが背いたため軍は壊滅。混乱のなか、吉継は潔く自刃しました。
周囲には、土塁の跡と思われる盛り土が今も続いています。

平塚為広の碑 … 垂井の城主でしたが、大谷吉継と親しかった為、大谷隊に加わって不破関付近まで進出し、藤堂・京極の隊と奮戦していました。
しかし、小早川秀秋が反応するに及んで、本隊支援のために兵をまとめて引き返し、背面の敵と激闘奮戦しましたが、藤川台で戦死しました。

西首塚 … 西首塚は、JR東海関ケ原駅前から国道21号を西へ700mほど行ったところにあり、東首塚と同様、合戦で戦死した兵士が葬られています。
西首塚は別名胴塚とも呼ばれ、JR東海道本線の敷設の際には埋葬された白骨が出たところから、当初は相当な規模であったと思われます。

福島正則陣跡 … 秀吉恩顧の大名でしたが、奉行派の三成との確執から進んで家康に加担。東軍の先鋒として宇喜多隊を攻撃し、これを破りました。
月見の宮とは春日神社の別名。
ここからは美濃中山の方角に出る月が鏡台の上に鏡をのせたように見えるので、月見の名所といわれました。
境内の大杉は樹齢800年、周囲5.8m。

藤堂・京極陣跡 … 福島正則隊に続いて東軍の第2陣として進軍してきた藤堂・京極隊は、現在の関ケ原中学校付近に陣を敷きました。
午前8時に開戦すると、両隊は不破関付近へ進撃して平塚為広隊と交戦し、さらに進んで大谷吉継本隊と戦い、午後には小早川隊と共に大谷隊を破っています。

本多忠勝陣跡 … 本多忠勝は徳川四天王の1人に数えられる猛将で、本戦では軍監として参戦しました。
十九女池西に陣を敷きましたが、開戦すると、井伊直政隊が対戦している島津隊に向かって進撃し、共に戦いました。

小早川秀秋陣跡 … 松尾山に陣を敷いた小早川秀秋は、山麓に約15,000人の兵を配していましたが、午前中は戦いに参加せず傍観していました。
午後になって、東軍の威嚇によって反旗をひるがえし、西軍の大谷吉継の陣を攻めてこれを破り、戦局を東軍有利に一変させたことは有名です。
標高293mの松尾山山頂にある陣跡へは、ふもとから徒歩40分。

脇坂安治陣跡 … 脇坂安治は、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保とともに松尾山麓に布陣。
大谷吉継の配下に属していましたが、戦が始まっても傍観するのみ。
小早川隊が寝返ると、4隊も続いて西軍の戸田、平塚隊を攻撃してしまいました。
かつて賤ヶ丘七本槍の1人として知られた安治は、西軍への参戦も本意でなく、藤堂高虎らと密約を交わしていたといわれます。
淡路洲本の所領は安堵となりました。

島津豊久の碑 … 西軍の中で、最後まで孤軍奮闘していた島津隊は、家康陣営前を突破して鳥頭坂まで来ましたが、東軍の松平忠吉・井伊直政・本多忠勝等が追撃してきたため、島津義弘(惟新)の甥の豊久が、ここで頑強にくい止めました。
その間に島津主従は、多良・時を経て、鹿児島へ帰ることができたのです。

桃配山 徳川家康最初陣跡 … 関ケ原町の東端、国道21号・一ツ軒の交差点を東へ約200m行ったところに、三葉葵ののぼりが立っています。
徳川家康最初陣跡は、道路脇の登り口からすぐです。
家康が関ケ原合戦の際、30,000の兵を率いて最初に陣をおいたのがこの桃配山でした。
家康が使用したと伝えられる腰掛岩と机石があります。
桃配山は、壬申の乱のとき大海人皇子(天武天皇)が野上の行宮からこの山へ出陣して、兵士を励まし、桃を配ったという伝説からついた名称です。

山内一豊陣跡 … 慶長5年(1600)家康の会津征伐に従軍した一豊は、関ケ原の戦いでの西上に際し、掛川城を明け渡しての出陣となりました。
岐阜、大垣城の兵と戦い、野上に入ると、一豊ら八将は一里塚より桃配山までの間の中山道左右に並列に陣し、南宮山の敵に備えました。
その後、家康の進旗にあたり、南宮山の隊に東軍攻撃の形勢がないため、使番による家康からの命令を受け、山内隊は有馬、蜂須賀の隊と共に柴井の地まで前進して戦いました。
戦後、妻の内助の功もあって、土佐の国主となっています。

壬申の乱の舞台でもあった関ヶ原です。
関ヶ原の戦いだけでなく、壬申の乱の舞台めぐりもできます。
関ヶ原町HPより


笹尾山周辺から離れ、名古屋方面へ向かう途中に、東海道本線と東海道新幹線に挟まれた国道21号線から、“徳川家康最初陣跡”という看板を目にしました。
家康はここに陣取り、関ヶ原を戦ったのか…と、車中より思い後にしました。
国道と新幹線に挟まれて、狭い場所でした。
やはり関ヶ原といえば、“原”でないと実感が湧きませんね。

戦国&壬申の乱を巡って歩くのも楽しそう。
でも、たっぷり時間を取っておかないと回りきれないと思います。



直江兼続と関ケ原の戦いの謎


本当は怖ろしい万葉集(壬申の乱編)


関ケ原醸造 宮内庁御用達のたまり醤油1.8L【あす楽対応_関東】



旅館・ホテルの予約なら『まいやど』で

◆ネットで24時間簡単予約!◆旅館なら阪急交通社へお任せ!

関ヶ原 決戦地

2009年07月14日

関ヶ原にある、決戦地跡(岐阜県不破郡関ケ原町)です。
決戦地1293  決戦地2294
関ケ原合戦の午前中の戦況は、西軍75,000余の内、参戦していたのは、石田、小西、宇喜多、大谷隊の35,000余の軍勢のみでした。
しかし、西軍は東軍を圧迫し、優勢でした。
東軍は南宮山の毛利隊に備えていた有馬・山内隊も前線に投入し、家康本体も戦況打開の為、今の陣場野まで進出しました。
戦況不利とみた家康は、かねてから内応を約束していた小早川隊に催促の一斉射撃を命じました。
この威嚇により、小早川秀秋は決意し、西軍、大谷隊の背後から攻撃を始めました。
西軍絶対有利の陣形で望んだ合戦でしたが、小早川の裏切りにより、大谷、平塚隊の奮闘もむなしく敗れたのです。

この敗退を機に小西隊が敗走を始め、宇喜多隊も正面から福島隊、側面から小早川隊の攻撃をうけて敗走しました。
残った石田、島津隊は新手の東軍とも奮戦しましたが、石田隊が江州方面へ敗走。
最後まで戦場に残った島津隊も、兵を集め一丸となり家康本陣前を敵中突破して、伊勢街道方面へと脱出しました。
関ヶ原町HPなどより


石田三成陣跡から、町立関ヶ原北小学校・関ヶ原北附属幼稚園の前を通り、約200m南(駅方向)へ歩くと、決戦地の碑があります。
田圃の中にあります。
周りに高い建物も木もないので、遠くからでも確認できるので、迷う事は絶対にないと思います。

決戦地といっても、この場所(碑のある場所)だけが決戦地ではなく、笹尾山からこの辺り一帯が決戦地といわれる場所です。
何万という兵が戦ったのですから、そんな狭い場所ではないのは判ります。

それにしても戦国時代の戦いというのは、映画・テレビで観るようなあんな感じだったのでしょうか?
この頃も名乗りを挙げてから1対1で戦ったのでしょうか?
しかし鉄砲があるので、名乗りを挙げての1対1は無理だったのかな?
偶然、名乗りを挙げることになったとかはありそうですが…。

いったいどんな戦いだったのか、史実に忠実に再現されているような映像を見てみたいです。
この場所に立ってみると、何となくここが決戦の地になった事にうなずけます。
見晴らし、立地、広さ、等々どれも当時の戦いにピッタリの場所のようでした。
幕末ファンの戦国時代無知な私でも、ここにもう少し居たい気もしました。

血が流れた戦場跡でも、清々しい空気だったような気がします。


戦国10大合戦の謎―「桶狭間」から「関ケ原」まで、通説に消された真実 (PHP文庫)戦国10大合戦の謎―「桶狭間」から「関ケ原」まで、通説に消された真実 (PHP文庫)
(2004/08)
小和田 哲男

商品詳細を見る


国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

アニメグッズの総合百貨店! アニメイト通信販売はこちら!!

石田三成旗印

2009年07月13日
石田三成旗印
大一大万大吉283   石田三成陣跡6290

“だいいち だいまん だいきち”と読みます。

「大とは天下を意味するものなり。
  天下のもと一人が万民のために(大一)
    万民が一人のために命を注げば(大万)
 すべての人間の人生は吉となり(大吉)
  太平の世が訪れる。
    故に人間が変われば世もまた変わる」

という意味だと考えられています。

また大一大万大吉の六字紋は、一を「かつ(勝)」と読み、万「よろず」を万年の繁栄、吉を縁起のよい文字として、さらにこれに「大」を冠して幸運を願う紋であり、古くは鎌倉時代の武将の石田為久(木曾義仲を射落とした人物として知られる)が用いていました。


ここに来て初めて知りました。
この旗印、いったいどう読めばいいのか判りませんでした。
一瞬この6文字で一つの漢字なのかと思ってしまいました。
違ったのですね。

変わってていいかも知れない…。
もっと変わっている旗印とかあるのでしょうね。
幕末を休憩するときがあれば、戦国時代をもう少し勉強するのもいいかも。

青空に白い幟が映えていました。
清々しく感じました。


島左近×石田三成 (ぶんか社文庫)島左近×石田三成 (ぶんか社文庫)
(2009/06/05)
武山 憲明

商品詳細を見る


戦国蒔絵シール 石田三成 大一大万大吉(黒)戦国蒔絵シール 石田三成 大一大万大吉(黒)
()
家紋蒔絵シール

商品詳細を見る


週末空室情報や10,000円以下で泊まれる宿などお得情報いっぱい!

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


石田三成

石田三成陣・笹尾山遠景

2009年07月12日
石田三成の陣があった、笹尾山を関ヶ原(決戦地碑の辺り)から眺ました。
笹尾山遠景1295
    標準で撮った写真
笹尾山の中腹に「大一台万大吉」の旗印が書かれた幟が見えます。
麓に見えるのは、蒲生郷舎陣の幟と島左近の幟です。

笹尾山遠景2296
   少しアップで撮りました。
たくさん幟が立っています。

笹尾山に登って、関ヶ原を一望するのも良かったですが、こうして笹尾山を遠くからみうるのもいいものです。
敵方からの目線になるのでしょう。
もしくは離れた場所にいる見方の目線。

こうしてみると、笹尾山から関ヶ原はよく見えますが、他の場所からも笹尾山はよく見えてしまいます。
この場所を陣とするのは、良いのか悪いのか…。
戦国ファンの方、どうなのでしょうか?

笹尾山では1組、決戦地で1組ほどしか、訪れている人に会いませんでした。
今はドラマの関係でどうかは判りませんが、ゆっくりと歴史に耽ることが出来ました。

全国的に有名になった、“ひこにゃん”をさらに引き立てるために、島左近由来のキャラクターとして、“しまさこにゃん”。
後に島左近の主君である石田三成をモデルにした“いしだみつにゃん”も作られているそうです。
「敵役ではない」そうです。






戦国武将B6ノート【直江兼続】戦国武将B6ノート【直江兼続】
()
不明

商品詳細を見る

石田三成陣跡-笹尾山

2009年07月11日
石田三成陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原)になります。
石田三成陣跡1285

石田三成陣跡5289  石田三成陣跡4288

石田三成陣跡3287

三成は、北国街道を守備するため、兵6,000と豊臣の兵2,000を笹尾山の正面に配しました。
竹矢来を二重に田の中に囲い、竹矢来の前面に島左近を、中間に蒲生郷舎を置き、三成自身はこの山頂で指揮しました。
この山の前面が最大の激戦地でした。

石田三成陣跡7291
     二重の竹矢来

石田三成陣跡蒲生8292
   蒲生郷舎陣

石田三成陣跡2286
  笹尾山より関ヶ原を望む

関ヶ原町HPなどより

国道365号の小池北交差点から東へ入り、100mちょっと行った交差点を北へ曲がると笹尾山下の駐車場につきます。
私も来るまで連れて行ってもらったので、電車からの徒歩の情報は地図上だけになってしまいます。
今回は記述しないでおきます。

石田三成陣跡が一番簡単にわかるのかもしれません。

関ケ原といえば、冬、雪で新幹線がよく徐行する場所です。
冬の関ヶ原も訪れてみたいです。

まず私の関ケ原のイメージは、
何も無い草の原っぱが永遠と続いていて、見渡す限り家も何もありません。
その原っぱの真ん中に、石碑がひとつ建っている。
そんなイメージでした。
いろいろな関ケ原関係(?)の写真はそんな風景ではなかったですか?

確かに現地は、広く平らな土地でした。
しかし広いですが、私が想像していたより狭かったです。
小高い丘などもあり、イメージが間違っていたことに愕然としました。

ここは石田三成の陣跡です。
石田三成といえば、今NHKの大河ドラマにも登場していますから、今はあのイメージですね。
そして実物との違いでガッカリするものなのですよね。
といっても、石田三成の実物は写真がないので、わかる事がありません。
肖像画はどこまで信用していいのやら。

本当に低い丘ですが、関ケ原を一望する事ができました。
確かにいい場所ですね。
石田三成は直江兼続と策を練ったとか…。
“天地人”のあの二人が話している口径が目の前に出てきます。

この土地で大決戦があったのです。
特にこの山の前面は激戦地です。
多くの血が流れて、血生臭いく、腐臭がして、見ていられない光景があったのでしょう。
天下分け目の戦いといわれる、歴史に残る戦いがあったのです。
今は本当に何もない、所々に碑がある程度です。
逆にいえば、何もないまま残しているので、当時を偲ぶ事ができるのですよね。
ここに新興住宅地やビルが建っていたら、正直幻滅ですもの。
敵味方入り乱れての戦いが想像できます。

幕末の戦いとはまた違ったものだったのでしょう。
戦国時代ファンも多いそうですので、きっとこれからも残していってもらえると思っています。


関ケ原の戦い







戦国BASARA  伊達政宗  ☆新品☆
600円








戦国BASARA  真田幸村  ☆新品☆
600円


戦国BASARA ワンコイングランデフィギュアコレクション 戦国BASARA 第弐陣 (BOX)戦国BASARA ワンコイングランデフィギュアコレクション 戦国BASARA 第弐陣 (BOX)
(2009/07/24)
壽屋

商品詳細を見る


カプコンフィギュアコレクション 戦国BASARA  1BOXカプコンフィギュアコレクション 戦国BASARA 1BOX
(2007/04/24)
ザッカPAP

商品詳細を見る


戦国BASARA2 戦極像 真田幸村 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) ボイス機能搭載戦国BASARA2 戦極像 真田幸村 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) ボイス機能搭載
(2007/10/31)
壽屋

商品詳細を見る

安政の大獄 吉田松陰没150年

2009年07月10日
2009年7月9日 朝日新聞(夕刊)に記事を見つけました。

新聞 安政の大獄401

あちらこちらで、まだまだ確執が残っているのですね。
でも、それで戦争が起こっているのではないので、まだ“歴史”という括りで眺めていられる気はします。
個人、個人の付き合いでは、そんな事は感じないのでしょうが、地域と地域になるとムクムクと出て来るのだと思います。

近くて遠い“幕末”を感じます。


ぐるなびトラベル(インターネット版 旅の手帖)

全国の観光情報が満載「楽天トラベル」

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

池田屋跡 居酒屋 池田屋 (新聞記事)

2009年07月10日
いよいよオープンしました。
京都の池田屋跡地(京都市中京区三条通河原町東入ル北側)の居酒屋 池田屋。
出来れば外から見ても、池田屋復活とわかるような物だったら嬉しかったのですが…。

新聞 池田屋400
朝日新聞 朝刊 7月9日付

階段落ちシーンの階段より、傾斜は緩やかになっているそうです。


海鮮茶屋 池田屋 はなの舞
ぐるなび 海鮮茶屋 池田屋 はなの舞
 | HOME | Next »