忍びの国 再び

2017年07月11日
由良台場跡行く前に少し寄り道を…。

今日、再び“忍びの国”を観ました。
パンフレットとかを読んだ後に記事の内容を確認したくて、またまた行ってしまいました。

そこで驚いたのは、前回7月3日より満員だった事!
今日は火曜日でレディースデーではあったのですが、夏休み前の平日一番上映の回なのに、7~8割がた席が埋まっていました。
公開直後でもないのに…。
すごい!!


やっぱり大野さんは恰好良い!
改めて思いました。
やる気のない時の姿もいいですし、終盤のキリッとした顔つきもやっぱり素敵ですね。
お国に尻に敷かれている場面は、本当に自然(笑)

映画のキャンペーンも終わって、またいつもの寡黙でホワワァ~ンとしたリーダーをバラエティ番組で見かけるのが中心となりますが、チャンスがあればまた映画を観たいです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忍びの国 オリジナル脚本 [ 和田 竜 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品雑誌】【クリックポスト発送】an・an 2017 7/5号
価格:550円(税込、送料別) (2017/7/11時点)



下準備OK!

2017年07月05日
春に行った鳥取の写真の下準備ができました。
ようやく少しやる気が出てきたというか…。

そう、本当にゲンキンなもので、「やり続ける事」という言葉をテレビで聞いてからやらなくっちゃ!と思いました。
「(目標が)好きな事なら、それをやり続ける事は楽しいはず。」
「(すごい人があらわれても)そこをめざそうと思うはず。」という事を聞いて心に響きました。
そうですよね、私のブログなんて楽しみでしか書いていないんですから、ゆっくりでもまた楽しみたいと思います。

本を開いていろいろな事を、あ~でもない、これでもないとか、探すのは嫌いではないのです。
むしろ好きな事なんですよね。
好きな事は途中、ひと息休憩しても続けていけばいいですよね。

で、もっと前に聞いた言葉が思い出されます。

この話は恋愛観の話で出ていたので、私の状況とは違います。
でも、大きく頷く話です。
好きな女性のタイプは?に、「ほっといてくれる人」と答えていたのです。
今の私には「わかるわ~」

子供ができて、小さい頃は自分の時間が無くても我慢できたのです。
子供も小学校に入り、そろそろ自分の時間ができる!と期待していただけに、やはり自分の時間がなかなかできない状況にイラっとしてしまう事が多々あります。
逆に今の方が大変かも…。
子供も知恵も知識もついて頭脳戦になります。
気力も体力も消耗です。

その時に「ほっといてくれる人」のワードはもうダイヤモンドのように高価に聞こえます。

この年になって年下のアイドルのファンというのもなかなか人に言えませんが、それでも努力をして輝いている人の言葉は説得力がありますよね。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忍びの国 オリジナル脚本 [ 和田 竜 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新選組検定公式ガイドブック [ 菊地明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)


忍びの国

2017年07月03日
忍びの国”を観ました。

感想…。
何だか感想が出てこないって感じの状態です。
決して面白くなかったわけではなく、約2時間があっという間で、「えっ、もう終わっちゃうの?」と思ったぐらいです。
退屈な映画なら、「まだかな、まだかな。」になるのですが、「もう終わりなん?」と思うほどによかったはずなのに…。

大野さん格好いい! は、何度も思いましたよ(笑)
ピシッと姿勢良く立っていないところとか、気の抜けたような返事とか、そこが素敵でした。
お国との会話は絶妙でしたし…。
壊れた胸当てを外した後の黒装束姿はキャァァァァ~す・て・き。
とか思いました。
もちろんアクションはいう事なし!

なのに、もう興奮して今日一日家事に手が付けられないとかはなく、静かに良かったと思っています。
これはいったい何なのでしょう。
年のせいかな?

今日は子供を学校に追い出した後、朝一番の回で見に行きたのです。
子供も観たいといっていたのですが、本当に行けるのかが分からないので、とりあえず私はこっそり見に行きました。
もちろんチャンスがあれば子供ともう一度観に行きます。
2度3度と観たい程に良かったのですよ。
朝一番は流石に空席が目立ちました。
学生は学校だし、会社員は基本仕事の日だしね。
それを考えると多かったと思います。


さて、伊賀忍者の里とえば、三重県伊賀上野です。
前に一度行っているんですよ。

伊賀上野城262

上野城は、三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった平山城です。
白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれます。

天正13年、大和郡山から移ってきて伊賀を拝領した筒井定次により、天正伊賀の乱で焼け落ちた平楽寺の跡に築城されました。
天守は3層であったといわれますが、史料は残っていません。
(前回の伊賀上野のブログを見てください)

あのお城があの平楽寺のあった場所だったのですね。
そうか映画での主要地が今のお城の場所だったのですね。
その頃は今日という日を知らないので、ただ単に忍者が居てた場所なんだぐらいにしか思っていなかったのです。
残念。

伊賀の話が出ていつもピンっと来ないのが、滋賀県の忍者甲賀が伊賀とお隣同士だということです。
対立しているイメージですが、本当は友好関係にあるって感じ?決して仲が悪かったわけではないと聞いた事があります。
戦国時代の忍者も面白そうですよね。

ぜひ、忍びの国を観てみてください。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

忍びの国 (新潮文庫) [ 和田竜 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/7/3時点)









ダメだぁ~

2017年05月31日
ダメだぁ~。
ブログの更新ができません。

目標は6月半ば!!

鳥取の台場跡
本「決戦 新選組」
霊山歴史館の特別展

これらの事を書きたいのに…。

頑張って6月半ばには再開したいと思います。

鳥取へ

2017年04月21日
鳥取へ行きました。
台場跡などに行ったので、ここに書こうと思いながらまだかけていません。

近々絶対書くぞ!、
 | HOME | Next »