スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富松城跡

2016年11月13日
富松城跡(兵庫県尼崎市富松町2丁目13)に1度行ってみたかったのです。

富松城1  富松城4

富松城3


富松城は、伊丹城、大物城、越水城の中間地点にあり、境界防衛や連絡の城として攻防の要となり、たびたび戦火に見舞われています。
長期にわたってここを本拠地とした城主はなく、戦乱のたびに入れ代わった戦歴があります。

富松城の規模は、それまで東西80m、南北100mの小規模な城と思われていましたが、平成6年(1994年)の発掘調査で東西に150m、南北200mの館城で、周囲に土塁、二重の水堀がめぐらされている中規模の城であったことが推定されます。
また、昭和38年(1963年)の道路工事に伴う発掘調査からは、矢倉台の土台らしき遺構が発見されました。

長享元年(1487年)11月の「年貢算用状」に富松城の初見が見受けられます。
平安時代にはこの地は富松荘と呼ばれた荘園でした。
この時代から薬師寺氏が管理しており、築城も薬師寺氏の可能性が高いと思われます。

最初の戦火は永正16年(1519年)の越水城の合戦で、細川高国軍は瓦林正頼を援護するために富松城に陣をひきましたが、その後正頼が越水城を開城したため、細川澄元方の武将が入城しました。
次の戦いは享禄3年(1530年)で、大永7年(1527年)の桂川原の戦いで敗れた高国は、浦上村宗の力を借りて摂津に侵攻。
この際に細川晴元派として富松城を防衛していたのは薬師寺国勢でした。
享禄3年9月21日、高国軍は神呪寺城から朝駆けで攻撃したが、晴元派の救援があり一旦兵を引いた。
しかし同年10月19日、再び攻め込み薬師寺軍を伊丹城に敗走させ、富松城を高国軍の本陣としました。
薬師寺氏は代々高国派であったが、例外的に薬師寺国勢は高国に敵対していました。
しかしこの敗走により再び高国派に寝返ります。
この後大物崩れで高国が自害し、薬師寺氏も勢力を失うことになります。

主が居なくなった富松城が次に歴史に姿を現すのが、天文10年(1541年)であす。
一庫城の戦いで2ヶ月間包囲していた三好長慶軍は、木沢長政軍が大軍で攻めてきたためいったん越水城に兵を引いたが、逆に木沢軍は越水城を包囲し、後詰の軍を富松城に配置しました。
木沢軍は越水城へ攻撃を開始、西宮に放火して回った。
これに対し三好軍は阿波に援軍を求め、同年10月2日に反撃を開始、包囲軍を撃退し富松城も落城させました。

その後富松城は三好長慶派に占拠されていました。
三好政長と長慶との争いの中で、政長軍は越水城と中嶋城の長慶軍を分断を目的として天文18年(1549年)5月1日に富松城を攻撃するものの、落城させることはできずに退却。
その後江口の戦いで政長は戦死、長慶方が勝利。
長慶は最後まで抵抗していた伊丹城を落とすため、天文19年(1549年)1月11日に富松城に入城したが、結局同年3月28日に和議が成立しました。

富松城が廃城となった時期は明確ではありません。
三好長慶時代には越水城の支城になり、織田信長の摂津進攻により越水城を放棄するまでは三好方の武将が詰めていたと思われます。
『細川家記』によると、「牧丞大夫・新五父子、先祖は橘姓、薬師寺次郎左衛門公義末流、摂津国河辺郡富松の城主・富松与一郎元亮の男で、同郡牧村(現伊丹市荒牧ヵ)に住して牧を名乗り、青竜寺より仕える」とあり、信長の摂津進攻より降りて、城主の子が長岡藤孝(細川幽斎)に仕えたようです。
城は『立花志橋』によると天正年間(1573年 - 1592年)までは存続したと思われるが、その後の経過については不明です。
Wikipediaより



富松城跡があることは知っていましたが、遠いだろうなと思っていました。
最近、城跡横を車で通る事があり、以外と近いことを発見しました。
ならば行ってみなければ!
ちょうどこの横を通ってもいける場所に用事があったので、その時行くと決めていました。

柵の横に堀跡らしき窪みがあります。
横に回るともっと広くて、中に入れると思っていましたが、道路側から見ると奥行きは数mしかなく、柵で囲われていました。
その柵の中には階段も見えるのですが、入れない…。
ちょっと肩透かしをくらった感じがしましたが、この住宅街の中では堀の一部が残っているだけでも奇跡かもしれませんね。

戦国時代に多くかかわりがあっただろう富松城。
有名な戦国武将も富松城の存在は知っていたのかもしれませんよね。
もしかしたら近くまで来たかもしれないし、訪れた事があるかもしれません。
織田信長関係で訪れた塚口城跡もここから近く、歩いて30分ほど、車だと10分かかりません。
昔の人にとって、徒歩30分なんてすぐそこ感覚なのではないでしょうか。
今でも、学校まで30分とかありますものね。

少し前まで、富松城跡は私有地だったそうですが、今は市有地になったとかで、保存される方向に決まったとか、決まりそうだとか…。
今まで奇跡的に残ってきた史跡なので、できればこのまま残してほしいです。
人間の手によっては壊されないでほしいです。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリマ食品 ワンダフルソース ウスターソース 500ml 兵庫県産
価格:460円(税込、送料別) (2016/11/13時点)








スポンサーサイト

塚口城跡 現代地図

2016年07月11日
塚口城跡1
   (クリックして拡大)

塚口城跡として回った場所を、地図に記してみました。

ほぉ~、なんとなく塚口城の大きさが想像できます。
清水町門跡と東町門跡のそばには水路もあります。
南町門跡の近くには、阪急電車が走っていますが、その線路脇には用水路?溝?…水の流れがあります。
塚口城のお堀だったのかもしれません。

ついつい間違えてしまいそうになるのですが、“塚口城”であって“尼崎城”ではありません。
“尼崎城”はもっと広いはずなのですが、塚口城であるので大きさとしては十分なのでしょうね。
この小さな(?)塚口城が、有岡城の荒木村重討伐の重要拠点、超有名武将 織田信長の陣が置かれたと思うと、やっぱり歴史って面白いと思います。

そういえば、織田信長の家臣 佐々成政のお墓が尼崎にあるのです。
いずれは行ってみたいですね。









塚口城跡 北町門跡

2016年07月10日
塚口城跡の最後は、北町門跡の祠(兵庫県尼崎市塚口本町2-7)です。

北町門跡の祠2  北町門跡の祠3

北町福祉会館の近くに、北町門跡の祠はあります。
正弦寺の後、こちらに来た方が早かった!
南町門跡からは真っ直ぐ西に歩くだけです。
南町門跡から続く道、北側でも南側からでもこの祠の前で合流します。
マンションの横に、小さな小屋(?)があって、その中に祠があります。

その祠の横を覗くと、写真の風景があります。
私が参考にさせていただいたHPには、草が生えていなくて土塁の名残が見えていました。
残念。
夏はどうしても草が生えるので、地形をみたければ冬が最適ですね。

マンションも多く、住宅街にありますが、きれいに掃除もされて朽ちてしまう心配は感じられませんでした。
でももちろん戦国時代は感じられませんでしたけれどね。

※もう1回、塚口城跡について書きたいと思っています。








飯盛山城と三好長慶 [ 仁木宏 ]
価格:2592円(税込、送料無料)



塚口城跡 清水町門跡

2016年07月09日
正玄寺から次は、清水町門跡(兵庫県尼崎市塚口本町2-23)を探すことにします。

清水町門跡の祠2

清水町門跡の祠7  清水町門跡の祠6
  近くにあった堀あと?     尼崎領をしるした石碑

正玄寺から北に向かいます。
保育園のあるT字路を東(右折)側に曲がり病院の前を通ります。
歯科医院の手前の交差点を北(右折)に曲がると、清水町福祉会館があります。
その横に清水町門跡の祠がありました。
正玄寺からおよそ250m、徒歩3~4分です。

清水町福祉会館前に、尼崎領をしるした石碑があります。

この祠のある場所を地図で見ると、祠を囲むように道路があります。
塚口城が廃城になってからも、地元の人は大切に残してきたのでしょうか。

この祠の真後ろに写真の水路があります。
城門の場所に水路…堀ですよね。
お堀の名残?
当時の堀の大きさなどはわからないですが、この場所にあったという想像は十分にできました。




CGで大解剖!戦国の城 [ 彩図社 ]
価格:842円(税込、送料無料)










塚口城跡 正弦寺

2016年07月08日
正弦寺(兵庫県尼崎市塚口本町1-12)は南町門跡からすぐの所にありました。

正玄寺4  正玄寺2

正玄寺3


尼崎地方の一向一揆は、塚口御坊が中心であったとしるされています。
この御坊は、応永16年(1409)に性曇上人が建てたと伝えています。
性曇上人が尼崎に来たとき病気になり、1ヵ月余り滞在しました。
このとき入信した祐信が発起人となって、上人の許しをえて堂舎を建てたのが塚口御坊となりました。
そののち、細川勝元と山名持豊とが応仁2年(1468)に争ったとき、広根(川西市)の最徳寺、多田(川西市)の光遍寺、箕輪(豊中市)の超光寺の3ヵ寺が塚口御坊を警護したともいわれています。
塚口御坊が河辺郡、豊島郡、能勢郡の末寺や道場などで組織した一揆の中心になっていたことを物語っています。
塚口御坊が方2町(約200m四方)余りの境内のまわりに土居(土塁)を巡らし、さらに堀を巡らして戦国時代の城の構えを備えていました。
そのために塚口城ともいわれています。
ここが城として用いられたのは織田信長と荒木村重との戦いのときです。
塚口御坊の壊滅後は正玄寺がその跡を引き継いでいます。
尼崎市教育委員会 現地説明板より


南町門跡から北に歩きます。
とりあえず、どこからでもいいので北側にある、広い道にでます。
その通りに、お寺の塀が見えます。
そこです!

現地にある説明板を見て思ったのは、塚口城って中心(天守閣的なもの)はここ?
正玄寺はのちに建立されたとしても、塚口御坊はここにあったということですね。
荒木村重との戦い(有岡城の戦い)での総大将は織田信長というのを読みました。
もしかして織田信長もここに来たのでしょうか?
各部隊長も来ているのですよね。
それは誰だろう?

なんだか大物歴史的人物が来ていて驚いています。
もしかして近畿(京都は除く 笑)で史跡巡りをしようとしたら、幕末より戦国で巡ると大物に出会えるの?
ある程度幕末は巡ったので、戦国を考えてみてもいいのかも…。
もちろん新選組はこれからも探していきますよ。





歴史人 2016年 08月号 [雑誌]
価格:720円(税込、送料無料)





 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。