スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“八重の桜”効果

2013年05月02日
NHK大河ドラマ“八重の桜”のおかげで、研究が盛んになり色々と史実がわかってきたと、2013年4月30日付の朝日新聞に載っていました。

八重の最初の夫、川崎尚之助はその中でも一番研究が進んだそうです。

川崎は但馬国出石(兵庫県豊岡市)の出身で、会津の籠城戦で逃亡したという見方があったそうです。
しかし、会津藩士の名簿(1865年5月付)で「大砲方頭取」という肩書と共に確認され、戦後に東京で謹慎させられた名簿にも名前があり、戦い抜いた事がわかりました。

川崎は東京謹慎後の1870年、現青森県東部の斗南藩へ移住しています。
斗南藩は米の収穫量が少なく、藩民が飢えに苦しみ、川崎は函館で、斗南藩で収穫予定の大豆を中国米と交換する契約をデンマーク商人と交わしました。
しかし、仲介した人物にだまされ、裁判にかけられています。
その記録が北海道立図書館などにあります。

川崎は1875年3月20日、判決前に東京の病院で亡くなりました。

豊岡市の川崎家の菩提寺の「墓石明細簿」から同じ命日の「川光院清嵜静友居士」という戒名が見受けられます。
これが尚之助に間違いないとされています。


八重は、1871年に京都の覚馬の家に移ります。

鶴ヶ城落城から3年の空白期間がありましたが、最後の1年は山形県米沢にいたことがわかりました。

八重は母の佐久や覚馬の妻ら5年で1870年から米沢城下の内藤新一郎方に身を寄せていました。

内藤は米沢藩の名簿で中級家臣と分かりました。
内藤の備忘録によると、内藤は会津で川崎から大砲の訓練を受けていました。
その縁で八重は内藤を頼ったとみられます。
八重ら4人は覚馬に呼び寄せられて京都へ出発しましたが、覚馬の妻は離縁となり、斗南藩に向かったという記述もありました。

八重の家族についは、名前が不明であった長姉が「浦(うら)」で、覚馬より年長でした。
同音の覚馬の妻は「宇良(うら)」でした。

八重が襄の死後に養子を3人取った事もわかりました。
サダ、初、小一郎。
サダと初は実父が米沢藩士。
サダの実父は内藤と同様に会津で砲術訓練をしていたそうです。


以上、朝日新聞より

私は新選組ファンで幕末ファンでもありましたが(今ももちろん大好きです)、山本八重の事は知りませんでした。
覚馬の名前を知っているぐらいで、会津の女性といえば中野竹子や西郷頼母の家族が思い出されます。

大河ドラマもそれなりに見ていますが、ん~まだどんな女性かピンっときません。

この新聞記事を読むと、川崎尚之助がすごく良い人なんですよね。
そこまで会津に尽さなくても…って思ってしまいます。

八重とそれほど強い結びつきがあったとも感じられず…。

八重は新島襄とはラブラブエピソードがあるようですが、若気の至りで川崎尚之助と結婚しました的な気がするのは私の穿った見方でしょうかね(笑)

これから大河ドラマも本題に近付いてきます、私の中の八重の印象が少しでも良くなればいいのですが、どうなるのでしょう。
川崎尚之助が良い人に書かれると嬉しいです。
せっかくの研究の成果が生かされますように。








スポンサーサイト

母成峠-東軍墓所

2011年04月23日
母成峠(福島県耶麻郡猪苗代町母成)の東軍墓所です。

母成峠1536

母成峠2537

母成峠3538 

東軍墓所は母成峠の石碑より徒歩10分ぐらいの所にあります。

私は母成峠を訪れた時に、いくら探しても東軍墓所に行けませんでした。
今度訪れるチャンスがあれば、絶対に行くぞ!
と思っているのですが、なかなか会津に行くチャンスがありません。

関西方面からだと、ちょっと遠いんですよね。
会津には行っても、さらに母成峠はチャンスが少なそうです。
車でしかいけないし…。

でも必ず、もう一度会津に行きたいと思います。
それまではこの写真で我慢、我慢。








会津・庄内藩とプロイセン(ドイツ)

2011年02月09日
幻の戊辰国際戦争”という新聞記事が2011年2月6日の朝日新聞にありました。

戊辰国際戦争
2011年2月6日 朝日新聞
※ またまたスキャナーが不調(涙)
  カメラで撮ったものですがアップします。スキャナーが好調になったらまた交換します。

戊辰戦争での薩摩・長州を中心とした新政府軍との対決を目前に、会津・庄内両藩がプロイセン(ドイツ)との提携を模索していたそうです。
両藩が北海道などの領地の譲渡を提案しましたが、宰相ビスマルクは戦争への中立などを理由に断ったそうです。


会津藩に外国というイメージはないですね。
でも実際は、いろいろな手段を考え、行動していたという事ですね。
もしこの提携が結ばれていたら、戊辰戦争の結果もかわっていて、さらには北海道が日本でなかったかもしれないということですよね。
今となっては、ドイツよ断ってくれてありがとうです。

でも、でも、戊辰戦争は会津藩や新選組にとっては屈辱の戦いで悲劇の舞台です。
戦争自体があってはならないものですが、この戊辰戦争があって結果がそうであったから現在があると思うと、どう考えるのが正しいのか判らなくなります。









大内宿

2010年07月20日
大内宿(福島県南会津郡下郷町大内山本)

大内宿535 

街道は会津西街道、南山通りまたは下野街道と呼ばれ、 会津若松と日光今市を結ぶ重要な道でした。
戊辰戦争の際には、大内は会津軍と新政府軍の激戦の場となりました。
会津軍後退のときには、焼きはらいに遭うところでしたが、言い伝えによれば、当時の名主による死を覚悟の抵抗によってまぬがれたといわれています。

全長約450mの往還に沿って、道の両側に妻を向けた寄棟造、茅葺の民家群がほぼ等間隔に建ち並んでいます。


<下野街道>
福島県会津若松市から栃木県日光市今市(旧今市市)までの全長130㎞に及び、現在の福島県道131号下郷会津本郷線及び国道121号に沿っています。
南山通りともいわれ、関東側からは会津西街道と称されていました。
江戸時代には会津藩、新発田藩、村上藩、庄内藩、米沢藩などの参勤交代や江戸と会津以遠を結ぶ物流の道として重要な街道でした。

下郷町域の下野街道は延長約22㎞に及び、このうち大内宿を中心とした約10㎞が旧状をよく留めています。
平成14年3月19日に、この古道と三郡境の塚、茶屋跡、一里塚、馬頭観世音碑などの関連遺跡が、国の史跡に指定されました。

若松城下 - 福永宿 - 関山宿 - (氷玉峠) - (大内峠) - 大内宿 - (中山峠) - 倉谷宿 - (八幡峠) - 楢原宿 - 田島宿 - 川島宿 - 糸沢宿 - (山王峠)- 横川宿 - 中三依宿 - 五十里宿 - 高原新田宿 - 藤原宿 - 大原宿 - 高徳宿 - 大桑宿 - 今市宿

※大内宿と氷玉峠の間にある大内峠、戊辰戦争で激戦地となった

豊臣秀吉、伊達政宗、藩祖保科正之(徳川家光の弟)、吉田松陰、イザベラ・バード(英国の女性旅行家)など多くの歴史上の人物が往来しています。

戊辰戦争の激戦地でもある大内宿です。
ここは1度は行かなくては…。

しかし車の規制も厳しいようですね。
観光シーズンは車の長蛇の列が出来るとか…。
という事は、この景観をずっと残していこうという強い現れでもあり、歴史ファンとしては喜ぶべきことかもしれません。
観光地化されて、開発が進み、車も人も増えて、あちらこちらにそぐわない建物や駐車場が出来るよりは、当時の景観が長く維持されるということですよね。

会津には1度しか行っていないので、もう1度行ってみたいと思います。







平飼い自然卵 長井生卵-ながいきたまご-30個
会津からお届けする極上の平飼い自然卵。卵かけごはん、最高です!なぜなら、鶏の飼育環境に最高の配慮をしているから。まずはお試しください。
2,280円

日光東照宮

2008年05月06日
いよいよ日光東照宮(栃木県日光市山内)です。
東照宮6  東照宮2
戊辰戦争との関係では、宇都宮城の戦いに敗れた旧幕軍は日光に陣を移し、東照宮を拠点としました。
会津戊辰戦争写真集より

また、戊辰戦争で官軍に降伏した会津藩主・松平容保は領内滝沢村の妙国寺に拘禁され、領地を没収されました。のち東京に移され、下北半島に斗南藩を置くことを許されました。
明治5年に謹慎を解かれ、東照宮宮司となりました。明治20年没
幕末維新人名事典より

東照宮4
煌びやかでした。
テレビなどで時々みますが、それ以上綺麗に見えました。

東照宮3
驚いたのは「みざる・いわざる・きかざる」の猿達のいてる場所が、厩舎に彫刻されている事です。
あまりに有名な猿なので、陽明門や本殿のような所に彫刻されていると思っていました。
本当に驚きました。

東照宮8  東照宮10
眠り猫もしっかりと見てきました。
猫の裏にスズメが彫られています。
猫が起きていれば雀は食べられますが、猫も居眠りして雀と共存共栄しています。というような事を、団体のガイドさんが話しているのが聞こえてきました。フムフム。

東照宮7  東照宮9

旧幕軍や松平容保が関係しいるので、私は史跡巡りと意気込んで訪れました。
しかし、あまりに目を奪われる豪華さ、荘厳さ、楽しさに幕末の感慨は忘れていました。

見るべきもの、見たいものが多すぎました。
もっと勉強していけば、さらに楽しく回れたかもしれません。


ストラップ
東照宮で買いました。



 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。