新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

カテゴリーモード [会津 ] 記事一覧

“八重の桜”効果

NHK大河ドラマ“八重の桜”のおかげで、研究が盛んになり色々と史実がわかってきたと、2013年4月30日付の朝日新聞に載っていました。 八重の最初の夫、川崎尚之助はその中でも一番研究が進んだそうです。 川崎は但馬国出石(兵庫県豊岡市)の出身で、会津の籠城戦で逃亡したという見方があったそうです。 しかし、会津藩士の名簿(1865年5月付)で「大砲方頭取」という肩書と共に確認され、戦後に東京で謹慎させられた名簿にも...

母成峠-東軍墓所

母成峠(福島県耶麻郡猪苗代町母成)の東軍墓所です。  東軍墓所は母成峠の石碑より徒歩10分ぐらいの所にあります。 私は母成峠を訪れた時に、いくら探しても東軍墓所に行けませんでした。 今度訪れるチャンスがあれば、絶対に行くぞ! と思っているのですが、なかなか会津に行くチャンスがありません。 関西方面からだと、ちょっと遠いんですよね。 会津には行っても、さらに母成峠はチャンスが少なそうです。 車でしかい...

会津・庄内藩とプロイセン(ドイツ)

“幻の戊辰国際戦争”という新聞記事が2011年2月6日の朝日新聞にありました。 2011年2月6日 朝日新聞 ※ またまたスキャナーが不調(涙)   カメラで撮ったものですがアップします。スキャナーが好調になったらまた交換します。 戊辰戦争での薩摩・長州を中心とした新政府軍との対決を目前に、会津・庄内両藩がプロイセン(ドイツ)との提携を模索していたそうです。 両藩が北海道などの領地の譲渡を提案しましたが、宰相ビ...

大内宿

大内宿(福島県南会津郡下郷町大内山本)   街道は会津西街道、南山通りまたは下野街道と呼ばれ、 会津若松と日光今市を結ぶ重要な道でした。 戊辰戦争の際には、大内は会津軍と新政府軍の激戦の場となりました。 会津軍後退のときには、焼きはらいに遭うところでしたが、言い伝えによれば、当時の名主による死を覚悟の抵抗によってまぬがれたといわれています。 全長約450mの往還に沿って、道の両側に妻を向けた寄棟造、茅...

日光東照宮

いよいよ日光東照宮(栃木県日光市山内)です。   戊辰戦争との関係では、宇都宮城の戦いに敗れた旧幕軍は日光に陣を移し、東照宮を拠点としました。 会津戊辰戦争写真集より また、戊辰戦争で官軍に降伏した会津藩主・松平容保は領内滝沢村の妙国寺に拘禁され、領地を没収されました。のち東京に移され、下北半島に斗南藩を置くことを許されました。 明治5年に謹慎を解かれ、東照宮宮司となりました。明治20年没 幕末維新人名...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<06 | 2018/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム