スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖

2016年09月22日
中央自動車道 諏訪湖SAより諏訪湖(長野県)を眺めました。

諏訪湖

長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。河川法では、天竜川水系の一部として扱われる。
面積は長野県内最大の湖沼。

冬期に諏訪湖の湖面が全面氷結し、氷の厚さが一定に達すると湖面の氷が昼夜の気温差に応じて膨張と収縮する為、昼間の気温上昇で氷がゆるみ、気温が下降する夜間に氷が成長するため「膨張」し湖面の面積では足りなくなるため、大音響とともに湖面上に氷の亀裂が走りせりあがります。
この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼ぶ。御神渡りが現れた年の冬に無形民俗文化財に指定されている御渡り神事が八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われます。
御渡り神事では、亀裂の入り方などを御渡帳などと照らし、その年の天候、農作物の豊作・凶作を占い、世相を予想する拝観式が行われます。
古式により「御渡注進状」を神前に捧げる注進式を行い、宮内庁と気象庁に結果の報告を恒例とします。
尚、御神渡りはその年の天候によって観測されないこともあるが注進式は行われ、観測されない状態を「明けの海(あけのうみ)」と呼びます。


武田信玄の水中墓伝説があります。

戦国時代に甲斐国の武田氏と信濃諏訪氏は同盟関係にあったが、天文11年に武田晴信(信玄)は諏訪侵攻を行い、諏訪氏は滅亡し諏訪地方は武田領国化されました。
信玄は元亀4年4月12日に信濃国伊那郡駒場(長野県下伊那郡阿智村駒場)で死去します(死没地を浪合・根羽とする説もある)。
信玄の遺体は駒場もしくは甲斐の円光院で火葬され、天正4年に甲斐の恵林寺で後継の勝頼により正式に葬儀が実施されます。

一方、『甲陽軍鑑』に拠れば信玄は死去に際して「自分の死を三年間秘密にせよ。その後、遺骸は甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ」と遺言したといいます。
このため諏訪湖には古くから信玄の水中墓伝説があります。
『甲陽軍鑑』では他に勝頼がその子・信勝の陣代となることも遺命したとされ、諏訪湖に遺体を沈めた以外の点に関しては、文書上の所見がある。

昭和61年、国土地理院のソナーによる湖底地形調査では、湖底に一辺が25mとされる菱形の“物体”が発見されました。
これが信玄の水中墓ではないかとされ、信州大学、読売新聞、日本テレビなど複数の団体が10数年にわたって調査を行いました。
電磁波探知機により墓標のような立体が確認されたとも報道されたが、最終的には謎の菱形は湖底の窪地の影であるとの結論が出された。
しかし、問題の菱形が自然にできたとは思えない程はっきりとした形をしており、湖底は泥が深く目視による実地調査が困難であることから、水中墓説を支持する声は現在でも多い。
Wikipediaより


諏訪といえば、諏訪湖、諏訪大社、諏訪大社の御柱祭を思い出すでしょうか。
私は相楽総三・赤報隊を思い出します。
相楽総三が捕らえられた下諏訪。
元新選組隊士の鈴木三樹三郎も赤報隊に加入しています。
しかし諏訪方面には行ってなかったはず…。
それに鈴木三樹三郎はやっぱり新選組・御陵衛士という印象です。

偽官軍といわれていましたが名誉は挽回されています。
でも、偽官軍といわれていたという話の方ばかりが耳に入るのと、凶悪な新聞社襲撃事件で犯人が赤報隊を名乗ったりで、赤報隊や相楽総三の名前を出すことが悪いことのように思って、青山墓地でもお墓詣りに一抹の不安があったりしました。
そんなことはないんですよね。
諏訪を通るので、下諏訪の相楽総三の史跡に寄っていきたかったのですが、高速道路を降りることがなかったので、相楽総三も眺めたであろう諏訪湖を眺めるにとどまりました。

後で知ったのですが、武田信玄の水中墓説。
面白いです。
本当か噂かわかりませんが、夢があります。
もし甲冑を着た人骨が出てきたら…。
それが武田信玄だったならば、今の科学技術で武田信玄のあらゆることがわかるかもしれないんですよ!

歴史はロマンだわ。









商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

わかさぎの甘露煮 120g 5個
価格:4428円(税込、送料無料) (2016/9/22時点)




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ご当地キティ信州諏訪湖由布姫 ファスナーマスコット
価格:486円(税込、送料別) (2016/9/22時点)


スポンサーサイト

栂池自然園 ♪クマさんに出会った~

2015年08月23日
栂池自然園(長野県北安曇郡小谷村中小谷丙)に行ってきました。
時系列で書きたいのですが、どうしても先に書いておきたい事があって、それから書きます。

栂池湿原1

人生で初めてクマに遭遇しました!

8月21日は雨で、ミズバショウ湿原を風穴を見たところでビジターセンターに戻る事にしました。
ミズバショウ湿原を戻って、ビジターセンターの入り口が目の前に来たところで、前を歩いていた人が急に立ち止まりました。
そして「クマがいてる」と…。

私はクマがあるく、ガサガサという木の揺れと音しかわかりませんでしたが、主人はクマのお尻を目撃。
幸い(?)幼稚園児の子供はわからなかったそうです。

でも、子供がいるだけに私は緊張も倍増しました。
ゆっくりと別ルートの道に戻って、大きな声で話をしながら(クマに人間がいる事がわかるように)戻りました。
でもこいう山の上では人間の方が入り込んでいる状態でしょうから、こちらが気をつけるしかないのでしょうね。
そして人間同士も、クマの情報をすれ違う人に伝えたりと、良い面がたくさん見えました。

関西のちょっと都会に住んでいると、クマにはあわないですね。
せいぜい、アライグマまでかな?
隣の市ではイノシシにあいますけれどね。

栂池の話はまた書きます。





【ご当地】つがいけ雪どけサイ...

【ご当地】つがいけ雪どけサイ...
価格:180円(税込、送料別)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。