新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

カテゴリーモード [関が原 ] 記事一覧

関ヶ原-補遺

関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)周辺の、その他の史跡です。 前述のように、私は目的地に行く途中、寄ってもらったので、下記の史跡にまで足を伸ばせませんでした。 お時間のある方は、ぜひとも歩いてください。 奥平貞治の墓 …  家康に派遣されて小早川秀秋の動きを監視していました。秀秋が寝返ってからは陣頭に立ち、敵を追って玉村あたりで戦死したと伝えられています。 元治元年、子孫・奥平新左衛門源貞昭がこの地...

関ヶ原 決戦地

関ヶ原にある、決戦地跡(岐阜県不破郡関ケ原町)です。    関ケ原合戦の午前中の戦況は、西軍75,000余の内、参戦していたのは、石田、小西、宇喜多、大谷隊の35,000余の軍勢のみでした。 しかし、西軍は東軍を圧迫し、優勢でした。 東軍は南宮山の毛利隊に備えていた有馬・山内隊も前線に投入し、家康本体も戦況打開の為、今の陣場野まで進出しました。 戦況不利とみた家康は、かねてから内応を約束していた小早川隊に催促の一...

石田三成旗印

石田三成旗印    “だいいち だいまん だいきち”と読みます。 「大とは天下を意味するものなり。   天下のもと一人が万民のために(大一)     万民が一人のために命を注げば(大万)  すべての人間の人生は吉となり(大吉)   太平の世が訪れる。     故に人間が変われば世もまた変わる」 という意味だと考えられています。 また大一大万大吉の六字紋は、一を「かつ(勝)」と読み、万「よろず」を万...

石田三成陣・笹尾山遠景

石田三成の陣があった、笹尾山を関ヶ原(決戦地碑の辺り)から眺めました。     標準で撮った写真 笹尾山の中腹に「大一台万大吉」の旗印が書かれた幟が見えます。 麓に見えるのは、蒲生郷舎陣の幟と島左近の幟です。    少しアップで撮りました。 たくさん幟が立っています。 笹尾山に登って、関ヶ原を一望するのも良かったですが、こうして笹尾山を遠くからみうるのもいいものです。 敵方からの目線になるのでしょう。 ...

石田三成陣跡-笹尾山

石田三成陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原)になります。    三成は、北国街道を守備するため、兵6,000と豊臣の兵2,000を笹尾山の正面に配しました。 竹矢来を二重に田の中に囲い、竹矢来の前面に島左近を、中間に蒲生郷舎を置き、三成自身はこの山頂で指揮しました。 この山の前面が最大の激戦地でした。      二重の竹矢来    蒲生郷舎陣   笹尾山より関ヶ原を望む 関ヶ原町HPなどより 国道365号の小池...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<06 | 2018/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム