スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中尊寺

2009年06月29日
源義経を庇護した奥州藤原氏四代のミイラ等が安置されている、中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202)です。

中尊寺は天台宗東北大本山の寺院。
奥州観音札所番外。
山号は関山(かんざん)、本尊は阿弥陀如来、開山は慈覚大師円仁とされます。

藤原清衡が平泉に中尊寺の中興に着手したのは長治2年、50歳の時でした。
金色堂の建立は天治元年で、諸堂の整備も終わり、落慶供養が行われたのは着手から21年後の大治元年で、清衡は71歳(死の2年前)でした。
中尊寺は前九年・後三年の役の戦没者を含め、数多の霊を浄土へ導き、奥州全体を仏国土にしたいとの願いから建立されたものでした。

安元の頃に鞍馬山を逃亡した源氏の御曹司・源義経を匿って養育します。
治承4年、義経の兄・源頼朝が平氏打倒の兵を挙げると、義経は兄の元へ向かおうとします。
秀衡は義経を強く引き止めましたが、義経は密かに館を抜け出しました。
秀衡は惜しみながらも留める事をあきらめ、佐藤継信・忠信兄弟を義経に付けて奥州から送り出したのです。

文治5年、奥州藤原氏は滅亡しましたが、中尊寺は源頼朝の庇護を得て存続しました。
近世の中尊寺は衰退し、「奥の細道」の旅をしていた松尾芭蕉が中尊寺の荒廃ぶりを見て嘆いたのは有名です。
現在は、泰衡の首級桶から発見され、1998年に開花した蓮の花が「中尊寺ハス」として境内に植えられています。

中尊寺 金色堂
金色堂
金色堂は、鉄筋コンクリート造の覆堂の中に東を正面として建ちます。
堂は内外ともに総金箔貼りで、扉、壁、軒から縁や床面に至るまで漆塗りの上に布を着せ、金箔を貼って仕上げられています。
ただし、木瓦部分のみは当初から金箔を押していません。
堂内に立つ4本の柱は「巻柱」と称し、ヒバ材の八角柱の周囲にかまぼこ状の形をした杉材を貼り付けて円柱に仕立てています。
これは、柱の表面を漆工芸で装飾するため、柱材の干割れを避けるための措置である。
巻柱には蒔絵と螺鈿で宝相華文と仏像が表わされています。
仏堂内部に壁画ではなく漆工芸で仏像を表現しているのは日本でも珍しいです。

堂は建立当初は屋外に建っていました。
建立の数十年後には建物を風雨から守るための「霧よけ」のような施設が造られ、正応元年鎌倉将軍惟康親王の命令で金色堂を外側からすっぽり包む形で覆堂が建設されました。
現在の金色堂覆堂は1965年に建設された鉄筋コンクリート造のもので、金色堂はこの覆堂内のガラスケースに収められて、ガラス越しに見なければいけません。

秀衡の遺骸はミイラとなって現在も、中尊寺金色堂須弥壇の金棺内に納められています。
中央壇に清衡、右壇(向かって左)に基衡、左壇(向かって右)に秀衡の遺体と泰衡の首級が納置されていました。

秀衡は血液型A型。
身長は三代中もっとも高く167cm。太く短い首、福々しい顔。よく発達した胴、胸幅は厚く広い、いかり肩で腰から下は比較的小さい。
肥満体質で歯にカリエス、歯槽膿漏。
右側上下肢に軽度の骨萎縮が見られ、右半身不随あり、脳溢血、脳栓塞などで急死したとみられます。


中尊寺
白山神社能楽堂
江戸時代には平泉は伊達藩領となりました。
伊達公は能楽を愛好し、古来中尊寺の僧侶により山内の白山神社に奉納されてきた御神事能を推奨し、能舞台を建立して能装束を奉納しました。

夏草や 兵どもが 夢の跡
五月雨の 降残してや 光堂      松尾芭蕉

Wikipediaより


JR東北本線平泉駅から国道4号(奥州街道・陸羽街道)に出ます。
国道4号から北へ歩きます。
途中川の手前、東方向に“高舘義経堂”があります。
それを横に見ながらさらに北へ、中尊寺案内所の所を曲がれば、いよいよ中尊寺に到着です。
平泉駅から中尊寺月見坂入口まで1.6㎞(徒歩25分)だそうです。

中尊寺といえばやはり金色堂です。
覆堂に入るとガラスの向こうに金色に輝く堂がありました。
建物の中に建物がある…なんとも不思議なものですが、金色堂内陣そのものはそれほど大きくない、と思いました。
同じ金一色の建築物としては、秀吉の金の茶室がありますが、(復元された)金の茶室を見たときはあまりいい印象ではありませんでした。
なんというか、成金趣味っぽくてお上品には思えませんでした。
でも金色堂を見たときは、荘厳な感じを受けました。
この差は何なのでしょう…ね。

ガラス越しというのが、とても残念ですが、当時の人でさえ覆堂を造って大切にしようと思うほどのものですから、その遺志を継いで大切に後世に残していくためにはこれぐらいしないとダメでしょう。
そのガラスの向こうには、藤原氏四代のミイラが安置されているのも神秘的だと感じました。
ミイラとご対面してみたいです。
四代目、奥州藤原氏を滅亡に追い込んだ泰衡は首しかないのです。
どの時代も、先代が偉大すぎるとなかなか次世代はパッとしないようですね。
次の世代が優秀でも、前がその上を行くと優秀に見えない事も多いのでしょう。

中尊寺は観光客で賑わっていました。
今回は個人旅行でなかったので、平泉は中尊寺だけしかいけませんでした。
この近くには、
高舘義経堂-義経が住んだといわれている場所で、ここで自害したともいわれています。衣河館で自害の説や、生き延びて北へ逃げ延びた説もあります。
弁慶立往生跡-平泉レストハウス裏手、高舘の北方にあります。
弁慶の墓-国道沿いの中尊寺入口にあります。
衣川古戦場跡-泰衡が義経を攻めた古戦場跡です。
などもあり、時間があれば訪れてみたかったです。

戊辰戦争は、北越や奥羽などあちらこちらで戦いを繰り返しながら、北上しています。
この平泉には影響はなかったのでしょうか?
平泉と戊辰戦争の関連はみつからなかったのですが、今、中尊寺などが残っていることを考えると、土方歳三も各諸隊もここは通らなかったと思っていいのでしょうね。
金色堂が残っていることは嬉しいですが、道が一本違えば、戊辰戦争の結果も変わっていたかもしれません。


平泉・遠野・盛岡散歩24コース平泉・遠野・盛岡散歩24コース
(2006/08)
大石 直正

商品詳細を見る


国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

料理自慢の宿泊予約~ぐるなびトラベル

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


スポンサーサイト

鞍馬寺 奥の院魔王殿

2009年06月27日
鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町1074)の山門から貴船に抜けるコースを行くと、一番最後にあるのが奥の院魔王殿です。
鞍馬寺11奥の院魔王殿135
本殿から西の貴船神社へ抜ける山道の途中、奇岩の上にある小堂です。
拝殿奥の柵で囲まれた一角には、2億6000万年前に海底が隆起してできた石灰岩の磐座がむき出しになっています。
650万年前に金星から地球に降り立ったという魔王尊を祀っています。
現在の建物は昭和20年に焼失後の再建です。
説明板&歩く地図京都より


義経堂から300mほど進みます。
途中“木の根道”が一箇所あります。
奥の院魔王殿という少し恐ろしげな名前の建物が現れます。
が、建物や建物のある場所の雰囲気は、今まで通って来た場所と変わりありません。

650万年前に近世から地球に来たという魔王様は、来た事を後悔されてはいないのでしょうか?
650万年間地球にいて、いつの時代が一番良かったと思われているのでしょうか?
もうお手上げ状態ですか?
聞いてみたいような、聞かない方がいいような…。

ここには水飲み場やお手洗いがあり、最後の休憩をする事が出来ます。
貴船側の鞍馬寺西門から入られた人は、ここが最初の建物になります。
あと約300mほどで、貴船川沿いのバスも通る道に出るので、鞍馬山の雰囲気をしっかり感じておきました。
空気が綺麗で、涼しいので、坂道を歩いているにも関わらずそれほどしんどいとは思いませんでした。
これも鞍馬山の持つ何かが作用していますか?と思うような感じでした。

源義経はこういう山奥の淋しかったであろう場所で、幼少時代をすごし、人恋しかったでしょう。
武将としては、良い方向に作用したのか、あまり良くなかったのか、どうだったのでしょう。

私としては鞍馬は、時々(夏の貴船の床料理や秋の紅葉など)行くので満足です。
住むには夜が怖そうです。


深泥丘奇談 (幽BOOKS)深泥丘奇談 (幽BOOKS)
(2008/02/27)
綾辻行人

商品詳細を見る

鞍馬寺 義経堂

2009年06月26日
鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町1074)、僧正ガ谷不動堂の斜め前に義経堂があります。
鞍馬寺9義経堂133
1189年4月、奥州衣川の合戦にて自害したと伝えますが、義経公の御魂はこの山におわし、遮那王尊として護法魔王尊の破邪顕正のお働きを助けているといいます。
この義経堂には遮那王尊をお祀りしています。
説明板より


僧正ガ谷不動堂のほぼ斜め前辺りになります。

ここにも遮那王こと義経が祀られています。
鞍馬山には義経が今もいてるのです。

義経は衣川の合戦に敗れたけれど、脱出して大陸に渡りジンギスカンになったという伝説もありました。
あくまでも伝説ですが、歴史研究家ではない者には、夢膨らむ話だと思います。
そういえば、新選組の原田左之助も上野戦争に負けたあと、大陸で馬賊の頭になったという話もありました。
やはり義経と新選組は似ていますよ!
改めて実感しました。
日本人的な何かがあるのでしょうか?


成吉思汗の秘密 新装版 (光文社文庫)成吉思汗の秘密 新装版 (光文社文庫)
(2005/04/12)
高木 彬光

商品詳細を見る


CD/DVD 買うならタワーレコード

鞍馬寺 僧正ガ谷不動堂

2009年06月25日
鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町1074)の山の中にある、僧正ガ谷不動堂です。
鞍馬寺10僧正ガ谷134
堂内の不動明王は、比叡山開祖伝教大師がここに参篭なされたとき、刻まれたと伝えられます。
また牛若丸が鞍馬天狗より兵法を学んだ舞台は、このあたりであるといいます。

謡曲『鞍馬天狗』では源義経はこのあたりで鞍馬天狗と出会い兵法を学び、そして毎晩その天狗を相手に剣術修行を行ったといいます。
また「義経記」によれば、義経は毎晩貴船神社において平家打倒を祈願した後、このあたりの草木を平家に見立てて太刀を振り回していました。
玉を清盛の首に見立てて木の枝に晒していたともあります。
説明板などより


木の根道より200mほど歩くと、僧正ガ谷不動堂があります。
ここで少し休憩です。
建物があるので、休憩するにも安心感があります。
ますます山の中に入って行っているような風景になります。

牛若丸の修行というのは、どんなものだったのでしょう。
身軽に、あちらからこちらへと飛び回っていたのでしょうか?
そんな事が出来る人がいたら、是非見てみたいです。
漫画・アニメだと、身軽に飛び回りますが、実際の人間が飛ぶと体重や重力で、重たそうで格好良くないのが現実ですね(笑)

義経が鞍馬天狗にあって、剣術などの修行をした場所といわれていますが、「小説 鞍馬天狗」は幕末が舞台で、新選組は敵方として登場します。(1作のみだそうです)
謡曲と小説で時代も、もちろん内容も全然違いますが、同じ“鞍馬天狗”という名前ですから、どうしても幕末の鞍馬天狗への妄想へも入って行ってしまいます。

新選組と義経…、どちらも散っていく美学を感じさせますね。
私は、潔く散っていくものに弱いのかもしれません。
沖田総司と源義経も美男子といわれつつ、実は………という事らしいですし。
ここらあたりも、同じ匂いを感じます。


源頼朝像 沈黙の肖像画 (平凡社ライブラリー)源頼朝像 沈黙の肖像画 (平凡社ライブラリー)
(2006/06/08)
米倉 迪夫

商品詳細を見る


温泉宿予約は「楽天トラベル」

鞍馬寺 木の根道

2009年06月24日
鞍馬寺(京都府京都市左京区鞍馬本町1074)寺域に見られる、木の根道です。
鞍馬寺6木の根道130
岩盤が固いため地下に根を張れず杉の根が顕わになっています。
牛若丸が兵法の稽古をした所といわれています。


遮那王堂・義経背比石からさらに進むと分岐しています。
どちらを行っても、また合流しますが、木の根道は南側にあります。
(もう少し先にもう一箇所、木の根道を見ることが出来る場所があります。)
南側を行くと、途中でさらに南へ下れる道もありそうです。
行った事がないので、どこまでいけるのか私にはわかりません。

木の根が地面に現れ、気を抜くと躓いて転びそうです。
足腰は強くなりそうです。
夜な夜な天狗と修行したのであれば、真っ暗闇でこの足元だと、1日の修行の後は大変な事になっていそうです。
地面に出てきているとはいえ、気の根っこですから、踏んで傷んで木が枯れてしまうと大変ですから、気をつけて歩くことにしました。

うっそうと木も繁り、ますます天狗がいてもおかしくないような雰囲気になってきました。
これは夜、一人で歩くのは無理そうです。


鞍馬天狗







ふまんじゅう 10個入り
2,100円

 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。