新選組&幕末 ばんざい!!

新選組を中心に歴史の舞台を巡ります

カテゴリーモード [京都 安倍晴明 ] 記事一覧

晴明神社

晴明神社(京都府京都市上京区堀川通一条上ル晴明町)。    晴明没後、これまでの偉業に対してなど、生前の官位は低すぎたと感じた一条天皇の命で晴明を祀った神社として、寛弘4年に建てられました。 当初は、晴明神社は晴明が住んでいた屋敷のある場所に建てられました。 東は堀川、西は黒門、北は元請願寺、南は中立売の広大な地域でした。 しかし応仁の乱や秀吉の都市計画などで縮小されてしまいました。 応仁の乱で主要な...

一条戻り橋

一条戻り橋(京都府京都市上京区堀川下之町)です。    安倍晴明が式神を隠していた場所です。 冥界にも通じているといわれていました。 ここに立って願い事を思うと、橋の下にいる式神が通った人の口を借りてお告げを下すといわれています。 戻り橋はかつては土御門門と呼ばれていましたが、三善清行の葬列がこの橋を通ったとき、比叡山の行者だった、子の浄蔵がこの橋の上で必死で加持をして甦らせたことで、戻り橋となったと...

安倍晴明邸跡

晴明神社は安倍晴明邸跡(京都府京都市上京区上長者通西洞院東入ル北側の土御門町付近)に建てられているといいますが、現在の場所でいえば少し場所が違っているようです。    当時の晴明邸は、東は堀川、西は黒門、北は元請願寺、南は中立売という広大な規模でした。 しかし、応仁の乱や豊臣秀吉の都市計画などで、かなり縮小されてしまいました。 以前の晴明邸は、今の上京区中立売通新町に位置しています。 京都ブライトンホ...

遍照寺

安倍晴明が広沢僧正を訪ねた遍照寺(京都府京都市右京区嵯峨広沢西裏町14)です。    『今昔物語』の話が事実だとすれば、晴明が式神を使って蛙を殺して見せたお寺になります。 広沢僧正の名前は寛朝といいます。 宇多上皇の孫で、敦実親王と藤原時平の娘を母とします。 遍照寺は989年に広沢池の近くに建てられ、そこに住んだことから、広沢大僧正と呼ばれていました。 真言宗の僧でした。    遍照寺に現在あった池 陰陽師...

東福寺 遣迎院

晴明の埋葬地と伝えられる場所でもあり、屋敷があった場所でもあると伝わる、東福寺 遣迎院(京都府京都市東山区本町15丁目)付近です。        東福寺門   東福寺門の内側付近にあった竹やぶと石碑群こんな感じであったのでしょうか?東福寺南門前の遣迎院の南側にも晴明塚と称するものがありました。 その遣迎院の南側には晴明にちなむ竹林がありました。(上記の事か?) 現在は民家が建てこんで隠滅してしまいまし...

左サイドメニュー

My bookshelf

kamaboko

Author:kamaboko
新選組と幕末だらけの本棚
実は二重になっているので、
後ろにも本棚が…。

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー

Useful information

Let's go for a trip

国内最大級の旅行予約サイト【楽天トラベル】                               旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社                          オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊                             スーツケースレンタル・トラベルグッズなら【アイレンタル】

Google Search

カスタム検索

Comrade

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム