スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晴明神社

2009年06月04日
晴明没後2年の寛弘4年に建てられ、晴明の子孫と称する保田家が代々社家として奉仕していたと伝わる安倍晴明神社(大阪府阿倍野区阿倍野元町5-16)です。
安倍晴明神社1  安倍晴明神社2
江戸時代には、幕府の大坂城代が交替になるごとに、新任の城代が参拝したほど格式がある神社でした。
しかし、幕末に社家が没落するとともに衰微し、明治時代には文政年間に堺の住人神奈辺大道心が建てた「安部晴明誕生地」の石碑と小さな祠だけとなりました。
その後、大正10年に安倍王子神社の末寺として復興が許可され、大正14年に社殿が竣工し、現在の阿倍王子神社の飛び地境内の社殿に至っています。

安倍晴明神社に関係して、父親の保名を泰名大神として祀った泰名稲荷神社もあります。
この安倍晴明神社は、晴明生誕の地として伝えられる場所のひとつです。

安倍晴明神社に伝わる『葛ノ葉子別れ伝説』では、晴明の父・保名は阿倍野に住む豪族のひとりで、家来達を連れ、和泉の信太神社にお参りをしています。
その後、信太の森で酒宴をしている時、狩人に追われた白狐が逃げ込み、保名が隠してやりました。
狩人とけんかになり、、保名は傷を負います。
その時、白狐は葛葉と名乗る女性となって、保名の所へ現れて、保名を助け結婚し、晴明を生んだというのが出会いです。
(信太森葛葉稲荷神社に伝わるものとも、若干ニュアンスが違います)

保名のことを豪族と伝えていますが、阿倍野地方は、かつて奈良時代には古代豪族阿部氏が住んでいた地域でした。

安倍晴明の親寺となっている阿倍王子神社に伝わる文献によると、平安時代に弘法大師が参詣に来たとも伝えています。

晴明の命日9月26日には、晴明祭が行われています。


安倍晴明神社産湯の井1

安倍晴明神社誕生の地  安倍晴明神社産湯の井
安倍晴明誕生之地碑   晴明公 産湯井の跡

陰陽師「安倍晴明」超ガイドブックより

阪堺電気軌道上町線東天下茶屋駅の西側から歩きます。
南へ100m程度のところを西(府道30号方向)へ曲がります。
60m行った突き当りが安倍晴明神社です。

阪堺電気軌道というのは、阪堺電車と呼ばれ、さらに地元の人は“チン電”(私は“チンチン電車”といっています)と呼ぶ、路面電車の事です。

安倍晴明神社は住宅地の中にありました。
一本向こうには、府道がありバス通りなのですが、これほど違うのかなというように住宅地でした。
一度廃れてしまったからか、神社はこじんまりとしていました。
しかし、境内には、安倍晴明生誕地碑や産湯井の跡など、興味深いものがあります。

まさか安倍晴明が大阪の阿倍野で産まれていたとは思いませんでした。
安倍と阿倍野。
よくよく考えると、関係があってもおかしくないです。
ということは、安倍晴明は大阪人ということですね。
もし今生きていたとしたら、大阪弁を喋っているのですよ!
(当時は大阪弁はないでしょう。)
「あかんやん」「ええやん」「~やろ」「ほかして(捨てて)」「何してんの」等々。
イケメン俳優が、大阪弁で妖しと戦う姿は考えると笑ってしまいますね。

伝説によると、この井戸の水を産湯に使ったのですね。
白狐を母に持つ晴明ですが、どうやって産まれたのでしょう。
お下品な想像ですが、白狐の姿で産んだのか、人間の葛葉姫の姿で産んだのかと思ってしまいました。
産湯を使ったのですから、葛葉姫でしょうね。

聖徳太子も安倍晴明も写真というものが発明される、遥か昔に産まれているので、肖像画程度しか残っていません。
それがとても残念です。
聖徳太子のあの有名な絵は、聖徳太子ではないという説もあります。
聖徳太子も安倍晴明も、映像化されると格好良い人が演じられるので、男前のイメージがあります。
でも本当はどんな顔だったのでしょう。

当時は男前とされても、美の基準が違うので今見ると「えぇ~。」と叫んでしまうのでしょうね。
知らないほうがいいのかもしれません。
新選組の沖田総司も、似ているという子孫をモデルに絵が残っていますが、正直「え~。」と思いました。
もっと現代風のイケメンをイメージしてしまっていたので…。
江戸時代ですから、今のイケメンが当時のイケメンのはずがないのです。

そんな事を考えると、安倍晴明ほど古い人になると、伝説として色々なエピソードを楽しむ方がいいのかもしれません。


陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)
(1991/02)
夢枕 獏

商品詳細を見る


大阪市阿倍野区
スポンサーサイト

聖神社

2009年06月03日
安倍晴明の母が狐の葛葉姫であったという葛葉稲荷信仰の拠点だった聖神社(大阪府和泉市王子町)です。
聖神社
聖神社に伝わる安倍晴明伝説は、摂津国住吉に安倍保名がいました。
妻は葛葉姫で、体が弱くたびたび里に帰り養生していました。
保名は葛葉姫の全快と子宝を信太神社に祈願し、37日間、参籠して白玉を得て、斎戒沐浴して鏡池のそばに立っていると、水面に白狐が映り、後ろを見ると一匹の鼠(実は傷ついた白狐)が走ってきたので、それを匿って山中ににがしてやりました。

保名は満願の後、社殿で居眠りしていると、白髪の老人が現れて「お前の願望は必ずすべて成就する」とお告げがありました。
翌日の夕方、妻が元気な様子で帰ってきました。
まもなく懐妊し、男の子が生まれました。
それから百余日後のある夜、家中が光り輝き、輝いていると妻が白狐になって
「我こそは信太大明神と議り、仮に汝の妻となって願いのように子を授けた。今は神の思し召しを告げる時がきたので、帰らなければならない。大切に育てるように。」
といって消えました。

そして夜が明け、雨戸を開けると障子に
「恋しくば尋ね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」
の和歌が記されていました。
その後、本物の妻も病気が治って帰ってきて、2人でその子を大切に育てました。
その子が安倍晴明でした。

この縁起を脚色して、江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎など、現在よく知られる葛葉稲荷の話となったようです。

「信太明神」の別称もあり、信太山の丘陵地帯に位置します。
7世紀後半に渡来系の信太首が聖神を祀ったのが起源だとされます。
主祭神の聖神は「日知りの神」=「暦神」で、信太郷に住んでいた朝鮮半島系をルーツとする民間陰陽師が信奉していた神とされます。
暦は土御門家に属する陰陽師が配付していました。
安倍晴明読本より


JR西日本阪和線北信太駅で下車します。
改札を出て線路沿いに南へ500m歩き、線路の反対側に川が見える角で東へ曲がります。
そのまま曲がらず真っ直ぐ約600m、鶴山台第二住宅2号棟の手前の角を南へ。
二股を東へ、次の二股も東へ道を取ると、聖神社に出ます。

この神社を訪れたのは、実はよく判らずにでした。
安倍晴明関係の書籍に出ていたので、取り合えず行っておかなくては…。
信太森葛葉稲荷神社まで来たのですから、足を延ばしておいた方が後悔しません。
これは新選組史跡巡りで、何度も経験して身に沁みています。

聖神社広かったです。
広い社域があるようですが、建物の数が少なくて、広々としていました。
聖神社に伝わる伝説では、ここの社殿で保名が居眠りをしていたそうです。
北東にある池が鏡池です。
しまった、またやってしまいました。
鏡池に行っていません。
鏡池が白狐をみた場所ではないですか。

池の周囲は柵があるようです。
柵越しにしか見ることが出来ないようですが、散策にも適していると思うので、歩いてみてはいかがでしょうか。


陰陽師 [DVD]陰陽師 [DVD]
(2002/05/21)
野村萬斎伊藤英明

商品詳細を見る

信太森葛葉稲荷神社

2009年06月02日
安倍晴明伝説『葛の葉物語』の舞台となった、信太森葛葉稲荷神社(大阪府和泉市葛ノ葉町2番地)です。
葛葉神社2  葛葉神社1
『葛の葉物語』では、晴明の父・保名が阿倍野の人である事は他と同じです。
しかし、保名は阿倍野の豪族だったのですが、悪人の讒言の為、所領を没収されてしまった人物となっています。
その具体的な内容はわかりません。

保名は何とかして家名を取り戻そうと、この神社へ日参しました。
その帰りに狩人に追われる白狐が、保名に助けを求めました。
そのため、保名は狩人たちとやりあい、傷を負ってその場に倒れてしましました。
狩人たちが立ち去ると、神社の御神木楠の樹の陰から葛葉と名乗る女性が保名の傷の手当をし、阿倍野まで送ってくれました。
その美しさに、日参していた家名再興も忘れ、傷を治して葛の葉に会いに信太の森に行きたいと思うようになりました。

その2~3日後に、葛葉が見舞いに訪れ、さらに怪我で不自由だろうと家に泊まるようになり、保名と葛の葉は結婚しました。

この神社の周りにあった森が、幼き日の晴明が父と一緒に姿を消した母・葛葉に会いにきた場所だと伝えられています。

本殿にある御霊石は、保名と晴明と別れた葛葉が姿を変えた石で、今でも葛葉姫の魂が残っていて、両手で石をなでて祈念すると願い事がかなうといわれています。


信太森葛葉稲荷神社には、子供の夜泣きを封じるための特別なマジナイが伝わっています。
このマジナイは神社を訪れる事が出来なくても、子供の生まれ年を神社に送っても大丈夫だそうです。
希望される方は、まずは神社にお問い合わせ下さい。


葛葉神社2姿見の井戸
姿見の井戸
社殿の南側にある楠の樹は葛葉が保名の前に女性の姿となって現れた場所といわれています。
この楠の南側に「姿見の井戸」があります。
白狐が葛葉姫に化けたときに自分の姿を映したと伝えられています。
陰陽師「安倍晴明」超ガイドブックより


JR西日本阪和線北信太駅で下車します。
駅の出口は東側にあるので、駅から出たら線路沿いに南へ歩きます。
150m歩くと、一つ目の交差点で、線路を越えて西側に行くことができます。
高架下から50mの交差点をさらに南へ曲がると、50mで信太森葛葉稲荷神社に着きます。

駅からどう歩いたかは、はっきりと覚えていませんが、迷わずに行く事ができたので近くて迷わない場所だったのは確かです。

安倍晴明は謎の人です。
前回、聖徳太子の史跡巡りをしましたが。聖徳太子より謎の人です。
聖徳太子の方が時代も古いです。
厩屋で生まれた、10人の人が同時に話すことをすべて理解したなど、謎も多いです。
それでも確かな話も多く残っています。
しかしこの安倍晴明は、何もかもが謎って感じがします。
確かなのは存在した事ではないでしょうか?(存在してましたよね?)

母が白狐という事がもう不思議の領域です。
でも私は“謎”好きなので、惹き込まれてしまうのです。
ちなみに、心霊や不思議な話は好きですが、全面的に信じているわけではなく、自分自身に「?」なことがあっても疑ってしまう方です。

この神社は木が多かったです。
訪れている人はいませんでした。
この周辺にすむ白狐が、晴明の父保名と結婚して晴明が生まれ、母を訪ねてこの地を訪れたという筋が一番有名ではないでしょうか?
晴明もここを訪れたのでしょうか?
当時だと歩いてって事ですね。
でも母に会いたい一心で、必死に歩いて来たのでしょうね。
どれだけ不思議な力があっても、小さな子供ですから、母は恋しかったのではないでしょうか。

姿見の井戸を覘いてみましたが、見えなかったと思います。
今と昔とはいろいろ(水量とか透明度とか…)違うという事で、美人しか映らないなんて事はないですよね?(笑) そんな話は聞いていませんが。

御霊石は見ることが出来なかったような…、私は見た記憶がないのですが…。
多くの書籍には写真が載っています。


安倍晴明―アンソロジー (青龍編)安倍晴明―アンソロジー (青龍編)
(2000/06)
かんべ あきら

商品詳細を見る


大阪府和泉市
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。