スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

談山神社

2009年06月01日
談山神社(奈良県桜井市多武峰319)での密談が無ければ、大化の改新はなかったかもしれません。
談山神社3  談山神社1
舒明天皇・皇極天皇の時代、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は絶大で、国政をほしいままにしていました。
中臣鎌子(後の藤原鎌足)は、国家のあり方を考えていました。

たまたま飛鳥の法興寺(飛鳥寺)で蹴鞠会があった時、中大兄皇子(後の天智天皇)に会うことができ、645年5月、二人は多武峰に登り、「大化の改新」の談合を行いました。
後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の由来となりました。

669年10月、鎌足の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、大織冠を授け、内大臣に任じると、藤原の姓を賜りました。
藤原の姓はここに始まります。

鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、多武峰に墓を移し十三重塔を建立しました。
701年には神殿が創建されました。


談山神社2
十三重塔室町時代)
父・藤原鎌足の追福のために、長男・定慧と次男・不比等に よって678年に建立されました。
現存の塔は、享禄5年の再建で、木造十三重塔としては、世界唯一のものです。

唐の清涼山宝池院の塔を模して建てられたと伝えられています。
高さは約17mあり、屋根は檜皮葺です。
神仏混淆時代の名残です。


談山神社4388
談山神社本殿(江戸時代)
藤原鎌足公を祀る本殿は、三間社隅木入春日造のけんらん豪華な様式で知られています。
社殿全体は極彩色 模様や、花鳥などの彫刻によって装飾されています。

701年の創建で、今の本殿は
嘉永3年に建て替えられたものです。
日光東照宮造営の際の手本となったことでも有名です。


聖徳太子御誕生水春井
聖徳太子が飛鳥の橘寺で誕生した際、産湯に使ったのがこの春井だと伝えられています。
石碑は
江戸幕末に建てられたもので、井戸は石碑の左後方にありました。

現在は原型をとどめていません。
しかし井戸跡と思われる場所からは今でも飲用可能な清水が湧き出ています
現在、訪れる人はほとんどないようで、草が茂り人が足を踏み入れた様子はありません。
談山神社より


近畿日本鉄道大阪線かJR桜井線の桜井駅で下車します。
桜井駅南口より談山神社行(または多武峰行)バス、タクシーなどで行きます。
桜井駅発のバスは1時間に1本しかありません。
バス停より徒歩3分で談山神社です。

もし歩いて行きたいという方がおられるのなら、駅の南口を出て、国道165号を東へ700mの所で、薬師町交差点があります。
そこから南へ曲がります。
およそ6㎞歩けば談山神社に着くことができます。

談山神社は紅葉の名所なので、秋に行かれると綺麗だと思います。
但し、人・人・人です。

この談山神社での談合がなければ、大化の改新もなかったでしょう。
同じような事件があったとしても、成功したかはわかりません。
もし歴史がそうなっていたら、現在の日本は違っていたのでしょうか?
大化の改新というのが、1300年以上前の話なので、現在にどう影響するのか想像もできません。

談山神社から山を登ると、談い山があります。
さらに分岐を反対に登っていくと、御破裂山に藤原鎌足墓所(古墳)があります。
この辺りにくれば、大化の改新をイメージできる雰囲気があるのかもしれませんね。
今回はそこまで行く時間がなくて、社殿とその周辺だけで帰りました。

聖徳太子の産湯の井戸があるのは知りませんでした。
見たかったです。

談山神社で“奈良のお寺だなぁ~”と思ったのが、お寺ですからお守りなどが売られていました。
その横にお金を入れる箱が置いてあるだけだったのです。
もちろん対面で売っているところもありました。
お寺で、悪い事をしたら自分にかえってきそうとはいえ、すごい事ですよね。
奈良のお寺を回っていたら、すごく良い人ばかりでした。
ギスギスしていないというか、歴史を笠に着ていなくて、素朴(失礼かな?)で親切な人が多い印象なのです。
そういう気質なので、基本的に人を信用しているのかもしれませんね。


中大兄皇子―戦う王の虚像と実像 (角川ソフィア文庫)中大兄皇子―戦う王の虚像と実像 (角川ソフィア文庫)
(2002/10)
遠山 美都男

商品詳細を見る


大織冠・内大臣 藤原鎌足大織冠・内大臣 藤原鎌足
(2003/07)
藤原 春雄

商品詳細を見る


奈良 桜井駅 バス時刻表
スポンサーサイト

太子道と業平道

2009年05月29日
太子道と業平道(奈良県生駒郡斑鳩町)についての説明板です。
案内太子道174

コピー ~ 太子道384
こんな感じで道があったようです。(太子道一部)

この道は推古天皇の頃、聖徳太子が斑鳩宮から飛鳥京へと通われたという道です。
奈良盆地の中央部を通り、ほぼ直線の斜行道路で道が斜めになっているところから、「筋違道」と呼ばれてきました。

太子は片道約20㎞の道のりを調子丸という舎人(従者)を従え、愛馬黒駒に乗り通ったといいます。
今もこの道筋には多くの太子伝説を残し、「太子道」として親しまれています。

また、この付近には「業平道」と呼ばれている道があります。
この道は平安時代の歌人で、「伊勢物語」の主人公で百人一首などで知られる在原業平が、河内の高安の恋人である河内姫のもとへ通ったとされている道です。
この道のりは、天理市(櫟本)-大和郡山市-安堵町-斑鳩町-平群町を通り河内の高安(大阪市八尾市)までとされています。
この付近にかかる橋も「業平橋」呼ばれています。
斑鳩町教育委員会説明板より


さすがに空撮や地図で見ないとよくわかりませんね。
文章で説明するだけの、文章力もありません。

今も道はあるようです。
春や秋なら、歩いてみるのもいいかもしれませんね。
但し、片道20㎞です。
体調を整えて歩かないと、踏破できても翌日が辛いかもしれません。

しかし聖徳太子はこの道を往復して、通ったのですか?!
現在のサラリーマン並みです。
冬は日が暮れるのも早いですが、電気なんてないので、真っ暗な中を帰ったのでしょうか?
それともそうなったら泊まって、翌朝帰ったりしたのでしょうか?
太子も大変ですが、供をした調子丸も大変だったでしょう。
黒駒も往復40㎞を、聖徳太子を乗せて歩いた?走った?のでしょうか。


太子道―聖徳太子の道を往く太子道―聖徳太子の道を往く
(2002/06)
上方史蹟散策の会

商品詳細を見る


在原業平

龍田神社

2009年05月28日
法隆寺と関係の深い、龍田神社(奈良県生駒郡斑鳩町龍田1丁目5-6)です。
龍田神社197
十代崇神天皇の御代に年穀の凶作が続いた時、帝自ら卜占をもって占い、天神地祗を龍田山の聖地に祀られました。

聖徳太子が16才のとき、法隆寺建立のため橘から、平群川(現在の竜田川)の辺りに伽藍建設地を捜して来ました。
その時、太子は、椎坂山で白髪の老人に顕化した竜田大明神に会い、示してもらった地(斑鳩)を法隆寺建設地としました。
「ここから東にほど近い処に斑鳩の里がある。そここそ仏法興隆の地である。吾また守護神となろう。」といわれました。
太子は法隆寺建立と同時に御廟山(錦ヶ丘)南麓の地に鬼門除神として竜田大明神を移し祀りました。
古来より竜田は神代の竜田、楓の竜田として紅葉の景勝地です。

中世は法隆寺より別当坊三十口を給わりました。
龍田神社説明板などより


法隆寺前の国道25号を、法隆寺前交差点から約1㎞ほど西へ行った所です。

拝殿はコンクリート製ということですので、当時の建物は残っていないのかもしれません。
法隆寺が奇跡的なことであり、残っていなくても仕方がないほどの長い年月が建っているのですよね。

嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 龍田の川の錦なりけり 能因法師
千早ぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣
龍田というのは、百人一首などで出て来る、竜田川の流れる場所の事のようですが…。
龍田神社よりもう少し西に、竜田川が流れています。

私が訪れたのは紅葉の季節ではなかったので、紅葉の名所としての龍田神社は眼にする事ができませんでした。
あまり印象に残っていないというのが、正直なところです。
聖徳太子の史跡というより、やはり百人一首など和歌で出て来る場所としての記憶の方が強いです。


百人一首 朗詠CD付 練習用百人一首 朗詠CD付 練習用
()
不明

商品詳細を見る


百人一首が面白いほどわかる本百人一首が面白いほどわかる本
(2004/12)
望月 光

商品詳細を見る


絢爛たる暗号―百人一首の謎を解く (集英社文庫)絢爛たる暗号―百人一首の謎を解く (集英社文庫)
(1986/12)
織田 正吉

商品詳細を見る


百人一首

三井

2009年05月27日
日本では最古に属する井戸、三井(奈良県生駒郡斑鳩町三井)です。
三井1181  三井2182
もとは法輪寺の境内でした。
古代朝鮮の井戸の形式と同じとされます。
日本では最古に属する井戸で“赤染の井”といわれています。

寺の別号三井寺や地名の三井はこの井戸に由来しているといわれています。
厩戸王子が開いた三つの井戸のひとつです。

井戸は深さ4.24m、口径0.9mで、中ぶくれの筒状になっています。
構造は、底の方に4個の石を組み合わせ、内外の隙間から水が湧き出すようにしています。
側壁は、底部から約1.15mの高さまでの間を乱石積み、その上方約3mの部分は扇形の塼を積んでいます。
斑鳩町教育委員会&文化庁説明板より


法輪寺を出てすぐの所に、三井があります。
法輪寺を出て、西に歩いてすぐに交差する道を北へ行きます。
さらに西へ曲がれる最初の道を曲がり西方向へ…、突き当たり付近に三井があります。
家の間を抜ける感じなので、間違っていないか心配になりますが、少し開けた場所に三井があります。
意外と迷わなかったので、大丈夫だと思います。

聖徳太子が開いたという井戸です。
見た目、どこにでもあるような井戸にしか見えませんでした。
しいていえば、縁が低いので時代劇で見るような、江戸時代?の井戸と違うかな?
いやぁ~、それは後々の人が修理しただけで、高かったのかもしれませんね。

古代朝鮮の井戸の形式というのは、石積みの方法などのことでしょうね。
古代の人はこの井戸を使えたのでしょうか?
それとも貴重な井戸で、高貴な人しか使えなかったのでしょうか?
でも聖徳太子が開いた井戸ですから、庶民の人も使うことが出来たと思いたいです。


大化改新と古代国家誕生―乙巳の変・白村江の戦い・壬申の乱 (別冊歴史読本 11)大化改新と古代国家誕生―乙巳の変・白村江の戦い・壬申の乱 (別冊歴史読本 11)
(2008/05)
吉村 武彦

商品詳細を見る

西福寺

2009年05月27日
西福寺(奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1丁目1-18)に、調子麻呂の墓があるともいわれています。
西福寺196

法隆寺中院横の門から出て、西に100mいくと西福寺があります。
調子麻呂の墓があるともいわれている西福寺というのは、このお寺の事でしょうか?
西福寺という名前しかわからないので、法隆寺周辺で西福寺を探したのですが、このお寺しかわかりませんでした。

この付近に調子麻呂のお墓があったのかもしれません。
雰囲気を感じるつもりで歩いてみました。
この先に藤ノ木古墳があるので、法隆寺から藤ノ木古墳に行くときは、前を通ってみて下さい。


エリエール 除菌できるウェットティシュー スリムボトル アルコールタイプ 本体40枚エリエール 除菌できるウェットティシュー スリムボトル アルコールタイプ 本体40枚
(2008/03/31)
不明

商品詳細を見る


法隆寺
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。