スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬仙寺&海蔵寺

2010年03月14日
薬仙寺(兵庫県神戸市兵庫区今出在家町4-1-14)や海蔵寺(兵庫県神戸市灘区国玉通3-6-3)は長州藩が陣をおいたり駐屯したりしました。

嘉永6年6月、アメリカのペリー艦隊が来た時、長州藩は兵庫県西宮市武庫川から神戸市須磨までの約36㎞の海岸線の警備を命じられました。
3,000人の兵力が配置されました。

長州藩は本気で攘夷を考え、地元住民から縦隊を組織して、村ごとに1,2小隊を編成させようとしましたが、幕府の許可が出ませんでした。

長州藩は陣営を阪神間の五ヶ所に置きたいと望みましたが、万延元年10月に認められたのは、打出村(芦屋市)、東須磨村(神戸市須磨区)だけでした。
文久元年に五毛村の海蔵寺などに陣営をおくことが認められました。
藩士たちは各地の寺等に分宿しました。
訓練場となった和田岬に近い、薬仙寺にも駐屯していました。

長州藩ではこの兵庫警備を機に、阪神間の土地を領地として払い下げてもらおうと幕府に願い出ました。
将来性、京都・大坂に近い交通の要衝でした、しかし幕府は認めませんでした。

長州藩は文久3年6月、自ら願い出て国元への撤去を始めました。
負担が大きく、下関で外国船砲撃が始まったからです。
撤退が完了したのは9月でした。

海蔵寺や薬仙寺は当時の場所にありますが、規模は縮小され、建物も新しくなっています。

薬仙寺は文久元年、兵庫視察の英国初代公使オールコックの宿舎にもなりました。
幕末歴史散歩 京阪神篇より


薬仙寺はJR西日本山陽本線和田岬駅が近いです。
が、朝と夕方しか電車はありません。工場の方の為の電車ですね。
なので、兵庫駅から歩くしかないでしょう。
20分弱でいけるようです。
駅から海の方向へ、阪神高速の下を潜り橋を渡ります。
橋を渡って100m程で薬仙寺です。

海蔵寺には、阪急電鉄六甲駅から山側に出ます。
駅前の道を山の方へ歩き六甲登山口交差点で西へ曲がります。
1.3㎞ほど歩いたところで、五毛天神東交差点があるので、次の(小さな)交差点を山側に曲がると海蔵寺があります。

薬仙寺と海蔵寺は50㎞ほど離れています。

長州藩が神戸沿岸を警備していたのですか。
阪神間に住む私は、毎日長州藩の史跡を目にしていたという事ですか?!
ピンポイントで海岸の写真を撮りに行かなくっちゃ。



神戸卸市場 目利きのプロが選んだいかなご釘煮 500g卸価格で!




スポンサーサイト

伊藤博文銅像

2010年03月09日
伊藤博文の銅像(兵庫県神戸市中央区楠町7)にあったそうです。

伊藤博文は維新後、初代兵庫県知事になりました。
明治37年には存命中に、伊藤博文銅像が湊川神社(兵庫県神戸市兵庫区多聞通3-1-3)に建てられました。
この銅像は、翌年9月7日、日露戦争ポーツマス条約締結に反対する人々に倒されました。

伊藤博文が明治42年10月26日にハルビン駅で暗殺され、神戸新聞社や地元の実業家が再び神戸に銅像をたてようとしました。
東京都在住の大倉喜八郎が、銅像建設地として神戸の別荘地を神戸市に寄付しました。
大倉と伊藤は生前交流がありました。

寄付された土地は、古くから安養寺山と呼ばれ、松の木が生い茂り、港の全景が一望できました。
神戸市所有の地となった後、2,000坪からなる大倉山公園となりました。

明治44年12月26日、伊藤博文の銅像が出来ました。
作者は彫刻家小倉惣次郎。
明治22年の憲法起草のさい、得意満面で立つ伊藤の姿を現していました。
台座は、のち国会議事堂建設にも携わる建築家武田五一。
昭和17年、戦時中の金属供出に遭い、台座だけを残して伊藤銅像は消えました。

現在も大倉山公園には、周囲を金網で囲まれた台座だけが、片隅に残されています。
幕末歴史散歩 京阪神篇


神戸市営地下鉄西神・山手線大倉山駅の山側すぐです。
大倉山公園の隣は、神戸大学医学部附属病院です。

伊藤博文が初代兵庫県知事だということは、実はつい最近まで知りませんでした。
伊藤博文といえば、お札にまでなる有名人です。
初代総理大臣は知っていても、初代兵庫県知事はどれぐらいの人がしっているのでしょう?

その伊藤博文の銅像さえも戦争中の金属供出には勝てないのですね。
それを考えると、戦争中の金属供出に遭わなかった銅像があるとするならば、それはすごい事だったのではないでしょうか。
どれだけ偉い(? いい言葉が浮かばないです)人だと思ってしまいますね。

台座だけが残っているというのは、すごくさびしい風景ではないでしょうか。
台座が無くなって、適当な台座に銅像があるというのとは違います。
上に乗るべき人間がいない方が見た目も、心情的にも寂しいですよね。
あらたに銅像を造ることもなく、台座だけを撤去する事もない…。
このまま永遠に台座だけが残るのでしょうか。



ふわゎ~とろ~りな美味しさ出来ました!!【送料無料】TV放送後も大人気!北新地名物☆北新地...





【兵庫】 神戸ジェラート 魅惑のイチゴセレクション
イチゴの季節、イチゴづくしのジェラートを豪華につめ合わせ。季節限定のスペシャルセット。ジェラート専門店PANNSEE が送る神戸ジェラート魅惑のイチゴセレクション。≪この商品の送料は、840円です。※カート内では、送料が異なる場合がございます。≫
4,725円

昌念寺-桂小五郎潜居跡之地(?)

2008年11月20日
「桂小五郎潜居跡之地碑 陸」で書いた碑の東隣に昌念寺(兵庫県豊岡市出石町魚屋)があります。
昌念寺
「桂小五郎の潜伏地で、ここで囲碁を打っていた。」
という記述もあります。

“碑”は建っていませんでした。
しかし、6つしか碑を見つけられなく、パンフレットにも6つしか書かれていません。
ということは、この昌念寺も潜居地として数えて、あわせて7つ(7ヶ所)とするのでしょうか?

1つははっきりとわかりませんでしたが、この町を桂小五郎が歩いたのは事実なのです。
荒物屋に扮していたというので、今残っている写真とは全く違う格好だったのでしょう。
さすがにその姿は残っていないでしょうね。

桂小五郎潜居跡之地-陸

2008年11月20日
桂小五郎潜居跡之碑(兵庫県豊岡市出石町魚屋)がここにもあります。
木戸孝允潜伏地6

辰鼓楼から北に進み西方寺の交差点を、先ほどと反対側の東に曲がります。
100m進んだところの、塀の側面(?)に碑が建っています。

桂小五郎潜居跡之地-参・肆・伍

2008年11月20日
桂小五郎潜居跡之碑(兵庫県豊岡市出石町田結庄)が3ヶ所、かたまってあります。
出石2264

木戸孝允潜伏地2  木戸孝允潜伏地1
“桂小五郎潜居跡之碑 参”
寿し梅前にある碑です。

木戸孝允潜伏地3
“桂小五郎潜居跡之碑 肆”
寿し梅の斜向かいの玩具屋の横にあります。

木戸孝允潜伏地7
“桂小五郎潜居跡之碑 伍”
玩具店の横の道を挟んで西隣で、駐車場の辺りにあります。

この3つの碑は、交差点に立って一回転すると、すべて見ることが出来ます。
交差点の3つの角にあるといっても大丈夫ですね。

こんなに近い場所で、隠れ家を変えてもあまり意味がなさそうな…。
少し他の場所に移って、戻って来たら前の場所の隣だったとか…?
そうでないとおかしいですよね。

この小さな碑を見る人は、ここでもいませんでした。
私が行く場所は、観光地であってもその中でのマニアックな場所だからでしょうか、立ち止まる人を見ることがありません。
この出石でもそうでした。
大きな碑の“勤王志士桂小五郎再生の地”はまだ1組止まっているのを見かけましたが、この小さな碑では誰もみかけませんでした。

観光で来る人なら、辰鼓楼と城跡でしょうね。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。